Jr.リーグvs東京農業大学

0

    2018年10月3日(水)、成蹊大学サッカー場にてJr.リーグvs東京農業大学が行われました。


    今期最後のJr.リーグとなります。本日の相手は関東2部リーグで現在12大学中11位につけている東京農業大学です。


    勝利で終われるよう気を引き締めていきましょう。


    試合前のミーティングでは4年山本を中心に戦術の確認をします。

    Jr.リーグは平日開催が多いため、授業のない様々なカテゴリーの選手が出場します。ここでの意識の擦り合わせが大切です。



    アップの様子です。



    戦術、攻守の確認をし、サブも含め全員で円陣を組み選手たちはピッチへ向かっていきます。


    本日のスタメンです。



    上段左から:3年武田、3年竹本、3年渡辺、4年関口、3年大森、4年山本


    下段左から:3年坂下、4年大庭、4年橋本、3年岡野、3年馬渕



    成蹊大学ボールで前半キックオフです。


    開始早々に試合が動きます。

    3年岡野が上げたクロスが相手のハンドを誘い、PKを獲得します。

    4年橋本が冷静に決め、先制点を獲得します。


    前半2分

    成蹊1-0東農


    入りから気持ちの入ったプレーができたことによる先制点だと思います。

    この調子でいきましょう。


    前半4分、3年渡辺がヘディングでゴールを狙いますが相手キーパーにキャッチされます。



    その後も3年大森や3年渡辺が果敢にゴールに迫ります。



    写真:3年大森

    恵まれた体型を生かし、ヘディングやキープでチームに貢献します。

    またゴール前では粘り強くプレーをし、相手の脅威となります。



    相手にもゴール前へ運ばれますが、4年関口が対応します。


    その後、相手のCKが続きます。

    声を掛け合い守りきります。



    前半中盤、相手にボールを持たれますが連携の取れた守備で危機的なシーンはほとんど見られません。


    試合前に話していた決め事がしっかりできているようです。



    写真:3年渡辺

    ゴールへの執着は人一倍です。ボールを受けようと大きな声で要求します。



    前半20分、3年馬渕がミドルシュートを放ちますが枠を捉えることは出来ません。



    4年大庭や3年坂下を中心にサイドからの突破を図ろうとしています。


    クロスは上がっていますが、チャンスを生かしてきれていません。



    相手が何度か裏に抜け出してきますが、DFラインが身体を張って守り、全て成蹊のGKにします。



    前半38分、相手にCKを与えますがクリアでしのぎます。


    前半41分、3年坂下がクロスを上げますが相手キーパーにキャッチされます。


    前半45分、3年坂下がシュートを放ちますが枠外へ。



    前半終了です。

    守備が非常に上手くいっており、成蹊ペースで試合を運ぶことが出来ていました。

    また他のどの試合よりも声が出ており、ボールが切れた瞬間にもピッチの中で修正点を話し合う様子が多く見られました。


    後半は相手ゴール前での攻防が多く見られることを期待しましょう。


    HT

    4年山本→2年札野

    3年坂下→4年岡本(陵)

    4年橋本→4年加山

    4年大庭→4年清本

    3年岡野→3年廣瀬(友)

    3年大森→2年佐野

    3年渡辺→4年駒形



    多くの交代が行われました。フレッシュな選手たちが活躍してくれることでしょう。



    選手たちは円陣を組み、ハイタッチを交わします。



    東農ボールで後半キックオフです。


    後半7分、4年加山がクロスを上げます。

    中の人数もいましたが、触れられず相手キーパーにキャッチされます。


    後半8分、相手にシュートを打たれますが枠の左に逸れます。


    後半12分

    4年関口→4年佐藤


    後半13分、相手のCKです。

    相手に触れられますが枠外へ流れ、難を逃れます。


    前半には無かった危険なシーンが何度かあります。気を引き締めましょう。


    後半15分

    3年武田→3年引地


    後半16分、4年駒形が相手からボールを奪いシュートを打ちますが僅かに枠の上へ。


    その後、相手ゴール前で細かくパスを繋ぎ、チャンスを伺いますがシュートに持っていけませんでした。


    後半20分、またもや4年駒形がシュートを放ちますがバーを越してしまいます。



    写真:4年駒形

    前線で身体を張り、守備の際も足を止めずに全力でプレーします。チームの為に動く彼を慕う後輩は非常に多いです。


    後半23分

    3年竹本→2年角井


    後半25分、相手のCKです。

    こぼれ球からシュートを打たれますが身体でブロックします。



    4年加山がミドルシュートを放ちますが、大きく外れてしまいます。



    その後、2年角井、3年廣瀬(友)、2年佐野を中心に細かくパスを繋ぎゴールを目指します。


    4年清本はドリブルでの突破を図ります。



    写真:4年清本

    彼のドリブルの右に出るものはいません。

    ボールを持つと皆が何か起きるかと期待を寄せます。


    後半32分、2年角井がシュートを放ちますが相手キーパーにブロックされます。


    後半39分、相手にCKを与えてしまいますが、クリアで対応します。


    後半42分、3年廣瀬(友)からパスを受けた2年角井がシュートを打ちますが、相手キーパーに弾かれます。


    後半43分、成蹊のCKです。

    キッカーの3年馬渕が良いコースのボールを蹴りますが、相手キーパーに守られます。


    後半45分、相手に裏を取られピンチが訪れますが、4年加山が身体を張りブロックします。


    選手たちは最後まで追加点を狙い走りきりましたが、試合終了のホイッスルが鳴り響きます。


    成蹊1-0東農



    成蹊が目指す守備からのサッカーが上手く出来ており、相手にもどかしさを感じさせ、成蹊は優位に試合を運べていました。


    良いプレーが多く見られ、全員が声を出し走り切っていた試合でした。


    皆、今後へ向け良いイメージが持てたと思います。


    成蹊は今節で最後のJr.リーグでしたが、他校はまだ未消化試合がある為、順位は確定しておりません。また決まり次第、お知らせさせて頂きます。



    本日も平日にも関わらず、成蹊大学サッカー場まで足を運んで下さり誠にありがとうございます。

    皆様のおかげで今の私たちがあります。

    今後も変わらぬご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。




    Jr.リーグvs立教大学

    0

      2018年9月26日(水)立教大学富士見総合グラウンドにて、Jr.リーグvs立教大学が行われました。


      本日のJr.リーグは、前回同様平日開催となります。相手の立教大学は、関東2部に所属するチームです。


      4年加山を中心に戦術の確認をします。





      手強い相手ですが、アップから気を引き締めて参りましょう。


      アップの様子です。



      あいにくの雨で気温も低くなっていますが、4年生を中心に良い声が出ています。


      本日のスタメンです。



      上段左から:4年加山、1年横川、4年岩佐、3年廣瀬(友)、3年大森、3年武田


      下段左から:4年清本、4年大庭、3年坂下、3年渡辺、3年竹本


      気合いを入れて全員で勝ちに行きましょう。




      成蹊ボールでキックオフです。


      開始早々、成蹊の攻めの姿勢が目立ちます。


      ゴール前から3年坂下がシュートを押し込みますが惜しくもキーパーに止められてしまいます。


      良い調子で相手を圧倒し前半8分でCKのチャンスを奪いますが、合わず。


      その後も攻め続けます。


      前半18分、4年清本がゴール前に良いパスを出しますが合いません。

      パスがなかなか繋がりません。




      前半21分、3年坂下が強烈なロングシュートを打ちますが相手GKにキャッチされてしまいます。


      その後、3年渡辺が相手ボールを奪い自らシュート!


      良いシュートでしたが相手にクリアされます。


      前半23分、相手も負けじとシュートを打ってきますが、バーにあたり失点にはなりませんでした。


      そして試合が動いたのは前半25分。


      4年加山が素晴らしいクロスを上げ、3年廣瀬(友)が合わせ、スライディングでゴールへ押し込みます。



      成蹊の先制点です。


      前半25分

      成蹊1-0立教


      そして立て続けに前半30分、3年坂下が強烈なクロスを上げます。


      そのボールを3年廣瀬(友)が拾い、パスを受けた3年渡辺がゴール前からヘディングでシュートを決めました!


      前半30分

      成蹊2-0立教


      この勢いで立教との点差をつけていきたいところです。


      前半38分、ファールを取られ相手のFKとなってしまいます。


      その後切り替えて成蹊のペースで試合を進めます。





      守備陣が懸命にボールを奪いにいきます。




      写真:4年岩佐。


      フィジカルの強さを武器に、ボールを着実に相手から奪い取ります。


      前半40分、FKを獲得します。


      4年大庭がゴール前でボールを蹴ります。緊迫した空気が漂いますが、惜しくも得点には繋がりません。


      ここで前半戦終了です。


      前半終了

      成蹊2-0立教


      前半の反省をサブの選手も含め話し合います。


      HTに交代があります。


      HT

      3年竹本→4年橋本

      4年大庭→4年志村

      4年清本→2年佐野


      交代した選手達は、前半の素晴らしい流れをより良い流れに持っていってくれる事でしょう。


      立教ボールで後半開始です。


      開始後、相手にシュートを打たれますが、しっかりと自分たちのペースに戻します。


      後半9分、ゴールを決められそうになりますが堅い成蹊の守備陣が確実に守り切ります。


      4年加山がクリアしました。



      写真中央:4年加山


      加山は4年生として声の部分でもチームを引っ張り、その声に多くの選手達が助けられます。


      後半10分、試合が動きます。




      攻められていた成蹊でしたが、4年橋本がドリブルでゴール前にボールを運び、試合を動かします。


      ゴール前で左サイドから4年橋本がアシストをし、3年廣瀬(友)が合わせます。

      キーパーの隙を狙い、見事シュートが決まりました。成蹊3ゴール目です。

      後半10分
      成蹊3-0立教



      後半12分、3年渡辺がシュートを打ちますが惜しくも得点には繋がりません。


      ここで交代があります。


      後半13分

      3年大森→4年高橋(聖)

      3年廣瀬(友)→4年田中


      後半15分、相手からシュートを受けますがGK1年横川がジャンプしてボールを止めます。


      危ないところでした。


      後半18分

      3年坂下→4年能勢

      4年加山→1年猿渡

      3年武田→4年中屋

      3年渡辺→4年清水(友)


      その後両者譲らずの攻め合いが続きますが、なかなか得点には繋がりません。




      写真は、先程交代した4年清水(友)。


      相手にボールを渡しません。

      後半からですが良いプレーを見せてくれる事でしょう。


      ここで再び交代があります。


      後半36分

      4年志村→4年清本


      最後まで失点は防ぎたいところでしたが、後半38分、後半41分と立て続けにシュートを決められてしまいます。

      成蹊3-2立教


      残りわずかですが、気を抜かずに最後までやり抜きたいところです。


      後半45+1分、相手からのセットプレーを受け、危ないシーンでしたがここは1年横川がクリアします。


      ここで後半戦終了です。


      試合終了

      成蹊3-2立教


      前半非常に良いプレーを見せてくれただけに、後半の失点は悔しいものとなりました。

      大差はつけられなかったものの、成蹊の勝利です。雨の中選手達は非常に良いプレーを見せてくれたと思います。

      次回の勝利にも期待です。



      OB・OG並びにご家族の皆様、本日は足元の悪い中わざわざ足を運んで下さり誠にありがとうございました。

      今後とも選手、マネージャー一同精進して参ります。今後ともご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。


      *次節のお知らせ*

      2018年10月3日(水)Jr.リーグvs東京農業大学@成蹊大学サッカー場 15:15キックオフ


      Jr.リーグvs駒澤大学

      0

        2018年9月19日(水)成蹊大学サッカー場にて、Jr.リーグvs駒澤大学が行われました。


        本日のJr.リーグは平日開催となります。

        相手の駒澤大学は、関東2部に所属するチームです。





        4年山本を中心に戦術の確認をします。


        都リーグ、アイリーグに出場している選手も多いので、本日の試合では勝ちにこだわりながらも、週末の試合に向けて良い収穫が出来ればと思います。



        良い雰囲気の中、アップが出来ました。サブのメンバーも雰囲気作りに徹してくれます。



        本日のスタメンです。



        上段左から:2年平生、3年廣瀬(友)、4年関口、3年加藤、3年武田、4年山本


        下段左から:3年坂下、4年志村、3年竹本、4年加山、4年田中



        後期初Jr.リーグ、勝ちに行きましょう。


        成蹊ボールでキックオフです。


        開始早々、3年竹本がミドルシュートを放ちますが、枠内には収まらず。



        前半3分から相手に攻め込まれます。何度かシュートを打たれるものの、4年山本と成蹊DFがゴールを守ります。


        しかしながら前半6分、相手にCKを与えます。ゴール前で合わせられ、失点。

        成蹊0-1駒澤




        早い時間での失点となりましたが、切り替えます。


        前半12分、14分、16分と相手のFKになります。


        4年山本のナイスセーブが目立ちます。




        その後も3年竹本、2年平生が身体を張ってブロックします。



        前半24分、4年田中が隙を突き、シュートを放ちますが枠内に収めることができません。



        その後も前半25分、29分とシュートを打たれますが、4年山本がしっかりキャッチ。ピンチを切り抜けます。


        前半31分、3年廣瀬(友)がシュートを放ちますが、わずかに逸れてしまいます。

        その後も4年志村がシュートしますがこちらも枠外となります。




        前半32分

        2年平生→4年駒形


        前半38分、再び果敢に攻撃を受けます。相手のパスが通り、シュートを打たれますが、4年山本がしっかりセーブ。


        前半40分、相手がサイドに抜け、クロスを上げられます。そのボールにヘディングで合わせられ、失点します。成蹊0-2駒澤



        その後も成蹊は攻めることが出来ず、相手の立て続けに起こるセットプレーへの対応に追われ、前半終了です。


        サブの選手も一緒に何が悪かったのか、どのチャンスをものにできたのか、話し合います。



        サブの選手たちの外から見たゲーム内容を真摯に受け止め、再び全員で考え、戦術の確認をします。



        HTの交代です。


        4年加山→4年岩佐

        4年志村→2年山田

        3年廣瀬(友)→4年清本

        4年田中→2年佐野


        流れを変えてくれることに期待です。





        駒澤ボールで後半開始です。


        開始1分で、2年山田がシュートを放ちますが、枠を捉えることはできず。



        後半6分、相手にFKを与えます。壁を超え、ゴールネットを揺らしますが、オフサイドの判定。


        後半10分には3年武田がミドルシュートを放ちますが、枠外となります。



        まず1得点したいところです。




        再び相手の果敢な攻撃が始まります。

        成蹊DFが身体を張って堅い守備でゴールを守りますが、すぐにまた攻められてしまいます。




        後半16分、相手にサイドを崩されゴールに流し込まれます。駒澤の3得点目となります。

        成蹊0-3駒澤


        後半17分

        3年坂下→4年大庭



        後半18分、成蹊はFKを獲得します。キッカーは4年清本。しかし、壁にはじかれ再び守備の姿勢になります。


        成蹊のセットプレーが少ないだけに、今回のFKはものにしたいところでした。


        後半19分

        4年駒形→4年高橋(聖)


        後半21分

        3年竹本→4年岡本(陵)



        後半20分、多くの交代が出た後でしたが、ゴール前で相手のパスが通り、成蹊DFを交わされ失点。成蹊0-4駒澤


        その後も成蹊は攻めることが出来ず、後半23分、29分と立て続けにシュートを打たれますが、どちらも枠外となります。


        後半27分

        4年山本→1年横川




        後半35分、4年清本が左サイドをドリブルで突破し、相手に競り勝ちCKを獲得します。


        そのCKで3年加藤がゴール前で頭を合わせますが、バーの上を超えてしまいます。




        後半37分、2年山田がクロスを上げますがキーパーにキャッチされます。




        その後も粘りを見せ、3年加藤がドリブルで突破し、チャンス作りますが、シュートを枠内に収めることができません。



        後半42分、2年佐野が左サイドでパスを受け、相手と一対一で競合い、シュートしますが、キーパーに阻まれます。



        その後、お互い譲らない戦いとなり、試合終了です。


        スコアは成蹊0-4駒澤です。




        松尾監督から良い収穫があったと前向きなお言葉を頂きました。

        選手たちも切り替え、週末のそれぞれの試合に対する姿勢が見えました。そこではしっかり結果を出してもらいたいものです。


        OB・OG並びにご家族の皆様、本日は足を運んで下さり誠にありがとうございました。今後ともご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。



        *次節のお知らせ*

        2018年9月26日(水)Jr.リーグvs立教大学@立教大学富士見総合グラウンド 16:00キックオフ



        Jrリーグvs明治学院大学

        0

          2018年9月15日(土)明治学院大学横浜キャンパスヘボンフィールドにて、Jrリーグvs明治学院大学が行われました。


          昼過ぎまで雨が降っていましたが、アップ前に止みました。万全の状態で臨みたいところです。



          アップの様子です。





          全員が声を出し、雰囲気の良い中アップが行われます。

          勝ちにいこうという選手たちの気持ちがアップにも表れています。



          試合前のミーティングでは、4年岩佐を中心に戦術の確認をします。

          セットプレーで点数を取りたいところです。



          本日のスタメンです。




          上段左から:4年岩佐、2年平生、1年河辺、1年久保木、3年柄澤、3年平野

          下段左から:4年志村、1年廣瀬(秀)、1年山形、1年中根、1年加島


          円陣をし全員で士気を高め、勝つぞという勢いが感じられます。





          成蹊大学ボールでキックオフです。



          前半開始序盤から明学に攻められてしまいます。



          前半4分、明学のコーナーキックです。

          4年平野が確実にセーブします。



          前半10分、明学のセットプレーで危ない場面となりましたが、全員で守ります。





          前半14分、1年山形がシュートを打ちますが、惜しくも右に外れてしまいます。

          この勢いでまず1点取りたいところです。




          その後、明学の攻撃が続きます。

          空は曇ってきて、霧がかかっています。


          天気に負けず、戦っていきたいところです。



          前半36分、成蹊のペースになってきましたが、パスが繋がりません。



          前半44分、明学がシュートを打ちましたが右に逸れます。



          ここで前半終了です。


          成蹊0-0明学



          HTには4年岩佐を中心に戦術の確認がされました。





          全員で戦う事を意識しようという4年岩佐の掛け声と共に選手たちにも熱が入ります。



          HTに交代がありました。


          HT

          3年柄澤→2年猪飼

          1年廣瀬(秀)→1年柳田

          1年久保木→2年山田

          1年中根→4年能勢


          後半開始です。



          前半とは違い、成蹊がボールを待つ時間が長くなってきました。



          後半10分、1年河辺がシュートを打ちますが、キーパーに止められてしまいます。



          後半11分、明学のフリーキックです。


          立て続けに明学のコーナーキックになります。

          成蹊の守備陣は必死にゴールを守ります。



          後半13分、成蹊攻めになりましたが、パスが繋がらずボールを奪われ、そのままゴールに持っていかれてしまいます。

          成蹊0-1明学




          後半14分、1年加島から的確なパスが通るも、キーパーに止められてしまいます。


          写真:1年加島



          この試合では1年生の積極的なプレーが見られます。活躍してほしいところです。



          後半15分、1年山形がPKを獲得します。

          キッカーは1年山形です。見事、ゴールを決めます。


          成蹊1-1明学



          同点に追いつきました。この調子で巻き返して行きたいところです。



          後半16分、2年山田がシュートを打ちます。入りそうなシュートコースでしたが、惜しくも逸れてしまいます。




          後半23分、またもや明学にボールを取られ、そこから一気にゴール前に持っていかれてしまいました。そのままシュートされ明学の得点となります。

          成蹊1-2明学



          後半は成蹊もボールを持ち、攻めることができているので、挽回していきたいところです。



          後半24分、明学が正面にシュートを打つも、3年平野がしっかりキャッチします。


          この試合で3年平野の活躍が目立ちます。ナイスセーブです。



          その後も明学の攻撃は止まりません。



          後半27分、明学にシュートを決められてしまいます。


          成蹊1-3明学



          後半29分に4年能勢、後半31分に1年河辺がシュートを打つも、相手の堅い守備を破れず、ゴールに導くことはできません。



          後半32分、成蹊にコーナーキックのチャンスです。

          今まで練習でやってきたセットプレーの力を発揮してほしいところです。


          1年山形にパスが繋がりますが、ゴール前でキーパーにセーブされてしまいます。



          後半45分、成蹊にセットプレーのチャンスが訪れます。


          ベンチの選手たち全員で応援します。


          ここで点数を取って明学を追い込みたいところでしたが、ゴールには繋がりません。



          残り時間僅かです。

          アディショナルタイムは2分です。



          成蹊の攻撃が続きますが、明学の守備に打ち勝つことができません。



          ここで試合終了のホイッスルが響き渡ります。


          試合終了

          成蹊1-3明学




          試合後、3年柄澤を中心に試合の振り返りが行われました。

          勝利を掴むことはできませんでしたが、最後まで足を止めず、戦い抜いた選手たちは前を向いていました。


          課題が多く残る試合となってしまいましたが、この試合の反省を活かし、次の試合に臨んでほしいです。

          次回のJrリーグでは勝利を掴めるよう、日々の練習に、より一層取り組んで行きたいです。



          本日もOB・OG並びに、ご家族の皆様、足場の悪い中、明治学院大学まで足を運んで頂きありがとうございました。

          今後とも選手、マネージャー共に精進して参りますので、温かいご支援・ご声援の程、宜しくお願い致します。



          ※次節のご案内※

          2018年9月19日(水)Jr.リーグvs駒澤大学@成蹊大学サッカー場 15:15kickoff




          Jr.リーグvs学習院大学

          0

            2018年8月5日(日)成蹊大学サッカー場にて、Jr.リーグvs学習院大学が行われました。



            前節は勝利を収めることができた成蹊。今節も連勝を収めたいところです。



            ミーティングでは、3年柄澤を中心に戦術の確認が行われます。


            アップの様子です。



            人数が少ない中、皆で声を出し合い良い雰囲気で行われます。




            本日のスタメンです。

            上段左から:3年柄澤、1年河辺、3年安部、2年福家、3年平野

            下段左から:1年柳田、1年加島、4年駒形、4年高橋(聖)、2年山田、3年猪股




            試合前に円陣を組み士気を高めます。





            学習院ボールでキックオフです。



            前半2分、成蹊がFKを獲得しゴール前にパスを出すも相手に弾かれてしまいます。



            その後、相手ペースでボールを回される試合が続きます。


            成蹊もボールを奪い、ゴール前まで運ぶものの相手に返されてしまいます。相手に攻められる中、3年平野を中心とした守備陣が身体を張ってゴールを守ります。



            しかし前半11分、相手がサイドからパスを繋ぎゴールへと放ったボールがネットを揺らします。

            この試合、先制点を決められてしまいます。

            成蹊0-1学習院



            前半13分、再び相手がシュートを打つも3年GK平野がボールを止めます。しかし、その直後こぼれ球を相手に拾われシュートを決められてしまいます。

            成蹊0-2学習院



            続く前半15分、再び相手が放ったシュートがネットを揺らします。

            成蹊0-3学習院



            前半18分、相手がコーナーキックを獲得し、ゴール前にクロスを上げるも4年高橋(聖)が体を張って返します。しかしその後、再び相手にボールを奪われシュートを決められてしまいます。

            成蹊0-4学習院


            連続の失点に選手同士の声が強まり、気持ちが引き締まります。また、ベンチからも選手への指示の声がとびます。



            前半23分、成蹊にゴール前でチャンスが訪れるも上手く合わせられずゴールへと繋がりません。





            前半32分、成蹊がFKを獲得します。



            右サイドから2年山田がゴール前にクロスをあげ、その球を1年加島がヘディングでネットに入れます。成蹊の初得点です。

            成蹊1-4学習院



            前半36分、成蹊がコーナーキックを獲得しゴール前にボールを上げるも上手く合わせることができません。



            初得点で勢いのついた成蹊の攻めが続きますが、ここでハーフタイムを迎えます。


            前半終了です。

            成蹊1-4学習院



            選手間で話し合いが行われます。

            もう一度円陣を組み、気合いを入れて後半へ向かいます。



            HTでの交代です。

            3年安部→1年竹之下

            4年駒形→2年小室



            後半が始まります。


            開始早々、相手のゴール前にボールを運び成蹊の攻めの姿勢がみられます。



            後半3分、ドリブルで相手を交わし2年山田からパスを受けた4年高橋(聖)がシュートを決めます!

            成蹊2-4学習院



            その後、お互いに攻防戦が続くもののゴールには繋がりません。



            後半18分、ゴール前にボールが運ばれるものの、相手と競り合い跳ね返されてしまいます。



            ここで交代があります。

            後半26分

            4年高橋(聖)→4年駒形



            後半29分、4年駒形がPKを獲得します。しかし惜しくも枠外へ外れてしまいます。



            交代があります。

            後半34分

            2年山田→4年安部



            後半39分、相手にコーナーキックを獲得されるも体を張ってゴールを守ります。



            後半41分、相手がドリブルでゴール前まで運びパスされたボールがゴールネットに吸い込まれます。

            成蹊2-5学習院



            その後、決定機を迎えないまま試合終了のホイッスルが鳴ります。



            試合終了です。

            成蹊2-5学習院


            ダウン後、ボードを囲み本日の試合について選手全員でミーティングを行いました。

            暑い中での試合となりましたが、選手の暑さに負けない気合いが見られました。

            今回の反省を活かし、次節で勝利を収めるためにも、暑い夏の練習を乗り越えて頑張りましょう。




            本日もOB・OG並びにご家族の皆様、暑い中成蹊大学サッカー場まで足を運んでくださり、ありがとうございます。選手一同、夏期間に入り、より一層練習に励んでおります。今後も温かいご支援・ご声援の程、宜しくお願い致します。


            Jr.リーグvs亜細亜大学

            0

              2018年7月21日(土)亜細亜大学日の出キャンパスグラウンドにて、Jr.リーグvs亜細亜大学が行われました。



              Jr.リーグは実に2ヶ月ぶりの開催となります。久々の試合で是非勝利を収めたいところです。




              ミーティングの様子です。

              3年安部、柄澤を中心に行われます。





              アップの様子です。

              ベンチメンバーがサポートし、良い雰囲気の中行われます。




              円陣を組み、試合へ臨みます。

              本日のスタメンです。


              上段左から:3年柄澤、1年河辺、1年竹之下、1年久保木、3年安部、3年平野

              下段左から:2年中田(隼)、3年小林(奨)、2年山田、2年福家、4年駒形




              成蹊ボールで試合が始まります。




              序盤は成蹊ペースで試合が進みます。


              前半2分、相手陣地でボールを奪い、ファーストシュートを打ったのは4年駒形。

              惜しくも枠を捉えられませんでした。




              すると前半7分、相手守備を崩し、3年柄澤からのパスを受けた3年小林(奨)が冷静に流し込み先制点が生まれます。

              成蹊 1-0亜細亜


              早い時間帯での得点となりました。

              追加点を奪いにいきましょう!



              その後も、こぼれ球に3年柄澤が反応するなど相手ゴールを脅かします。




              しかしながら、次第に相手ペースへ変わっていきます。


              前半18、20分と立て続けに突破されてしまいますが、枠を外れ免れます。



              前半24分の相手CKは、守備陣が身体を張りゴールを守ります。



              中々チャンスを作り出せない中、成蹊のカウンター攻撃で4年駒形がシュートを放ちますが、決めきることができません。



              そんな中、前半32分相手の勢いある攻撃から失点を許してしまいます。

              成蹊 1-1 亜細亜


              試合は振り出しに戻ってしまいましたが、立て直しましょう。



              その後は互いに、決定機を迎えないままハーフタイムに入ります。


              前半終了

              成蹊 1-1 亜細亜




              大島コーチより厳しいお言葉を頂きます。また3年安部の言葉でチームを引き締めます。



              大幅にメンバーを変え後半に臨みます。


              3年平野→3年中田(修)
              1年河辺→4年加山
              1年竹之下→1年加島
              3年柄澤→1年山形
              1年山田→1年中根
              2年福家→3年猪股
              1年久保木→2年高木
              4年駒形→2年平生




              後半が始まります。


              後半開始1分、成蹊にチャンスか訪れます!

              2年中田(隼)からのクロスを2年平生が頭で合わせ、見事ゴール。

              勝ち越しに成功します。

              成蹊 2-1 亜細亜




              その後は、3年安部と1年加島の安定した守備で相手に得点を許しません。



              また、両サイドバックの4年加山と1年山形からは攻めの姿勢が見られ、期待が高まります。




              後半14分の相手FKは枠を外れます。




              後半23分、2年中田(隼)からのクロスを2年高木が頭で合わせますが、惜しくも枠を外れます。




              後半33分、相手が裏へ抜けピンチを迎えますが、2年中田(修)の飛び出しにより防ぎます!





              後半34、36分と立て続けに、1年中根と2年高木が持ち出しシュートを打ちますが、決めきることができません。




              試合終了間際、相手FKやCKがあり油断できない状況が続きますが、何とか耐え試合終了のホイッスル。




               


              成蹊 2-1 亜細亜で試合終了しました。

              3年安部、小林(奨)、2年中田(隼)は本日フル出場の活躍です。







              勝利で終えることはできましたが、課題が多く残る試合となりました。大島コーチからのお言葉を重く受け止め、選手それぞれが反省をし話合ってる姿が見受けられました。



              非常に暑い中での戦いは身体に堪えたと思います。体調管理をしっかりとし暑い中でも戦っていきましょう。




              本日もお暑い中、亜細亜大学へ足を運んで頂きありがとうございました。選手一同、後期に向けて日々練習に励んでいます。夏の間に成長する姿をお見せできたらと思いますので、今後ともご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。


              Jr.リーグ vs慶應義塾大学

              0

                2018年5月16日(水)、成蹊大学サッカー場にてJr.リーグvs慶應義塾大学 が行われました。


                前節では、関東リーグに所属する相手に勝利を収めることができた成蹊。

                この調子で連勝したいところです!



                全員が集合すると、4年山本を中心に戦術や試合中全員が意識することを再確認します。



                アップの様子です。



                仲間同士でストイックに声をかけ合い、集中したアップが行われます。


                本日のスタメンです。



                上段左から:3年武田、3年安部、3年渡辺、3年加藤、2年小松崎、4年山本

                下段左から:3年廣瀬、3年坂下、4年永井、2年角井、4年清本




                成蹊ボールでキックオフです。


                前半2分、相手が出したクロスを3年武田がクリアします。


                前半7分、3年廣瀬が果敢にゴールへ攻め込みますが、相手の守備に囲まれてボールを奪われてしまいます。


                試合開始から慶應のボール所持時間が多く、なかなか思うように攻められない中、選手たちは「合わせていこう!」「次!」などと声をかけあっています。


                前半19分、パスを繋いで、3年武田がシュートをしますが、惜しくも枠外に出てしまいます。





                前半23分、4年永井、3年安部が止めに行くも、左サイドから中央へアシストパスが出され、そのままシュートが決まり、失点します。


                成蹊0-1慶應


                前半26分、4年永井が相手からボールを奪い、2年小松崎がパスで繋ぎ、3年渡辺がシュートしますが、わずかに右にずれてしまいます。


                成蹊のボール所持時間が徐々に増え始め、惜しいプレーが多くあり、得点への期待が高まります。


                前半38分、相手の全力のドリブルを、後ろから追いついた2年小松崎が止め、ボールを奪います。


                2年小松崎の守備には、今回の試合でも既に何度も助けられています。




                前半43分、4年永井がコーナーからクロスを出しますが、得点にはつながりません。


                ここで前半終了です。


                成蹊0-1慶應


                HTに入ります。


                松尾監督からお話を伺い、選手間で話し合いを行います。



                Jrリーグの意味を見つめ直し、気持ちを切り替えた選手たちはもう一度円陣を組み、気合いを入れて後半へ向かいます。


                交代があります。


                3年廣瀬→2年青嶋

                3年渡辺→2年小室

                4年永井→3年猪股



                後半が始まります。


                ここで交代があります。


                3年安部→3年引地

                3年坂下→3年小林

                4年清本→4年氏橋


                後半25分、相手のCKを3年引地、2年小松崎がクリアします。


                後半28分

                左サイドから攻め込んできた相手にシュートされ、失点します。


                成蹊1-2慶應


                後半30分、4年氏橋が相手からボールを奪い、2年青嶋がシュートをし、相手にカットされます。しかし、ゴール前のこぼれ球を拾った2年青嶋がもう一度シュートしますが、わずか上に逸れます。


                後半40分、ゴール前でごちゃごちゃして相手のオウンゴールにより、成蹊2点目を獲得します。一進一退の緊迫した時間が続きます。


                成蹊2-2慶應


                後半43分、


                成蹊2-3慶應




                後半46分、続けて失点してしまいます。


                成蹊2-4慶應


                成蹊も負けじと4年氏橋がクロスをあげるなどゴールに向かって攻め続けますが、得点は決まらず、試合終了です。



                ダウン後、出場選手全員でボードを囲み、ミーティングを行い、試合について話し合っていました。


                今回の試合を生かして、週末のリーグ戦に向けてまたチーム一丸となって頑張っていきましょう!



                本日もOB・OG並びに保護者の皆様、会場に足を運んでくださり、ありがとうございました。
                これからも温かいご支援・ご声援の程、宜しくお願い致します。



                Jr.リーグvs早稲田大学

                0

                  2018425日(水)、早稲田大学東伏見グラウンドにてJr.リーグvs早稲田大学が行われました。


                  前節は惜しくも勝利を掴む事ができなかった成蹊大学。


                  今節の相手は、私達の目標である関東リーグに所属してる大学ですが、良い結果が残せるよう頑張っていきましょう!



                  それでは、アップの様子です。



                  声を掛け合い、より良い雰囲気を作りあげていきます。



                  本日のスタメンです。



                  上段左から:3年武田、2年小松崎、4年白澤、3年大森、4年久保田

                  下段左から:4年石川、3年坂下、4年田口、4年杉田、4年中田()4年清本


                  Aチームも応援に駆けつけ、良い雰囲気で試合に入っていきます。



                  円陣をして士気を高め、早稲田ボールで前半キックオフです。


                  試合が始まってすぐに相手チームのFKの機会が訪れます。




                  なんとかここはDF陣、4年久保田を中心に抑えます。


                  その後しばらく攻守の展開が続きますが、中々シュートまで持って行く事ができません。


                  そして何度か危ない場面もありましたが、4年久保田のナイスセーブにより失点を免れます。


                  ところが前半23分、早稲田のパスから先制点を許してしまいます。


                  前半23 成蹊0-1早稲田


                  次へ切り替えろ、という声が飛び交います。


                  切り替えてまず一点追いつきたい成蹊。

                  失点から4分後にキーパーが弾いたこぼれ玉をそのまま4年田口がシュートし、同点に追いつきます!


                  前半27 成蹊1-1早稲田



                  4年田口

                  率先して指揮を執るチームの要の選手です。

                  次へ繋がるシュートが今回の試合では多く見られました。



                  一点を取った所で満足せず、更にもう一点取りに行きたいところです。



                  その後も直接FKの場面がありましたが、何とか失点を防ぎ、互いにあともう一歩のところで点を決めきることができません。



                  4年杉田

                  DFラインをしっかりと守り、体を張ったプレーが見られます。チームに必要不可欠な存在です。


                  前半のうちにもう1点取りたい所ですが、そのまま前半終了のホイッスルが鳴り響きます。


                  前半終了 成蹊1-1早稲田

                  HTにしっかりと選手間で話し合いを行います。



                  ここで選手交代です。


                  4年久保田→4年山本

                  4年杉田→3年安部

                  2年小松崎→3年加藤

                  3年坂下→4年岡本()

                  4年中田()→4年田中

                  4年白澤→2年中田()

                  3年武田→4年能勢

                  4年田口→3年小林()

                  4年清本→3年廣瀬

                  3年大森→3年渡辺


                  後半はもう1点、2点と勢いに乗っていきたいところです。

                  多くの選手交代により流れを持っていける事に期待していきましょう!



                  成蹊ボールで後半キックオフです!


                  前半に比べ序盤から勢いがあるように思えました。



                  3年小林()2年中田()を始めとする選手達が良いテンポで回し、良いチームの雰囲気を作りあげている様子が伺えます。


                  チャンスはあるものの、最後の最後まで持っていくことのできない成蹊。

                  シュートや展開が惜しいだけに、周りのゴールへの期待も上がっていきます。


                  そして後半18分、4年田中のシュートが見事にゴールネットに突き刺さります!


                  後半19 成蹊2-1早稲田


                  1点差をつけることはできましたが、まだまだ油断はできません。



                  チーム内でも、もう一点という声が飛び交います。


                  その後も惜しい場面が続きますがなかなかゴールネットを揺らすことができません。


                  相手も果敢に攻めて来ますが、堅い守備で守り抜きます。



                  ここで試合終了のホイッスル。


                  試合終了 成蹊2-1早稲田



                  強豪の大学相手に勝ち点3という結果を残せたのは今週のリーグ戦やアイリーグ、サタデーリーグなどにも良い刺激に繋がるのではないでしょうか。

                  気を引き締めてまた今後も様々なカテゴリーで切磋琢磨しあい、良い結果を出していけるよう、トレーニングを積んで行きましょう!


                  本日もOBOG並びにご家族の皆様、本日もお忙しい中足を運んで下さり誠にありがとうございます。

                  今後も温かいご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。


                  Jr.リーグvs朝鮮大学

                  0
                    2018年4月18日(水)、朝鮮大学校グラウンドにてJr.リーグvs朝鮮大学が行われました。

                    今期初のJr.リーグということもあり勝利を収めて、良い流れを作っていきたいものです!

                    アップが始まります。

                    強度を上げながら試合の準備を進めます。





                    松尾監督からお言葉を頂きます。
                    選手は耳を傾け、真剣な様子が見られます。




                    円陣の様子です。
                    全員で心を1つにして、勝利を掴みましょう!




                    本日のスタメンです。
                    上段左から:3年武田、3年廣瀬、3年大森、3年加藤、3年安部、2年松木


                    下段左から:4年永井、4年清本、4年秋葉、3年西村、3年小林(奨)

                    成蹊ボールでキックオフです!




                    試合序盤、朝鮮にボールを奪われ危ないシーンが続きます。

                    しかしここでチャンスが訪れます。
                    前半19分、成蹊がPKを獲得します。



                    キッカーは3年小林(奨)です。
                    2年の時はアイリーグで多くのシュートを決め、活躍していた選手です。
                    シュートを打ちますが、キーパーに阻まれゴールにはなりません。

                    成蹊の流れを作っていけるように頑張りましょう!

                    前半20分、朝鮮が打った浮き玉のボールが入り先制点を奪われてしまいます。

                    成蹊0-1朝鮮

                    前半29分、朝鮮が右サイドからのパスを受けて、シュートを打ち2得点目を獲得します。


                    成蹊0-2朝鮮

                    立て続けの得点に、成蹊にとって苦しい状況が続きますが、諦めずに逆転してほしいものです。


                    この後も成蹊は攻めようと試みますが、朝鮮のディフェンスに阻まれてしまいます。

                    ここで試合が動きます。

                    前半44分、3年武田が右サイドからボールを浮かせ3年大森が合わせてシュートを決め1得点目を獲得します。

                    成蹊1-2朝鮮

                    ここで前半終了です。
                    前半終盤に1得点をあげ、逆転できる状況に近づきました。



                    ハーフタイムの様子です。

                    課題を真剣に話し合っています。

                    松尾監督からのお話を受け止め、後半では成蹊の力を出していけるように頑張ってもらいたいです。


                    HTで交代があります。
                    2年小林(奨)→4年加山

                    後半開始です。



                    後半から出場の4年の加山です。


                    交代直後からボールを繋ぎ良い流れを使ってくれています。
                    今年は4年間の集大成であるので、どの試合でも活躍してほしいものです。


                    後半8分、成蹊のディフェンスも尽力しますが、朝鮮にゴール前でパスを繋がれ3得点目を上げられてしまいます。


                    成蹊1-3朝鮮

                    ここで交代が行われます。

                    後半14分
                    3年加藤→4年岩佐
                    3年西村→4年三枝

                    2人とも粘り強いディフェンスをしてくれました。

                    後半15分、3年大森がサイドで相手と競り合い、直接フリーキックを獲得します。

                    3年武田がシュートしますが相手にボールを取られてしまいチャンスを物にできません。



                    3年大森です。
                    いつも攻めたプレーをしてチームに貢献してくれています。
                    リーグ戦での活躍にも期待です。

                    交代が行われます。

                    後半17分
                    3年大森→4年清水(友)

                    3年廣瀬→4年中屋



                    4年永井が持ち前の足の速さを活かしドリブルをしますが、ゴールまで持っていくことはできず、惜しい状況が続きます。


                    試合終盤、4年秋葉のプレーでコーナーキックを獲得します。

                    しかし相手に取られてしまいシュートまで持っていけず。

                    ここで試合終了のホイッスルが鳴ります。




                    今年度から同じ東京都リーグ1部で戦うこととなった相手との試合で、試合には勝てなかったものの、非常に良い経験になったと思います。

                    次回のJr.リーグでは必ず勝利を収めていきましょう!


                    本日もOB、OG並びにご家族の皆様、遠いところ足を運んで頂き誠にありがとうございます。
                    今後とも変わらぬ温かいご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。


                    *次節のお知らせ*
                    2018年4月25日(水)Jr.リーグvs早稲田大学@早稲田大学東伏見サッカー場 17:00キックオフ

                    Jr.リーグvs駒澤大学

                    0
                      2017年11月8日(水)、成蹊大学サッカー場にてJr.リーグvs駒澤大学が行われました。

                      今年度最後のJr.リーグです。
                      勝利で終わり気持ちよく締めましょう。


                      本日の相手は関東1部の駒澤大学です。
                      格上のチームと試合が出来るところがJr.リーグの醍醐味です。身体が強い相手ですが、1対1など勝負をして、良い経験にしていきましょう。

                      リラックスした雰囲気でアップが進みます。


                      基礎練習の様子です。


                      グラウンドに入り5対5を行います。


                      選手間で決まりごとを確認し合います。
                      松尾監督、池田コーチからお言葉を頂きます。




                      円陣を組み、ハイタッチをして気持ちを高めます。

                      本日のスタメンです。


                      上段左から:2年渡辺、3年白澤、4年眞壁、2年大森、3年中田(直)、3年山本
                      下段左から:1年角井、2年引地、3年加山、1年青嶋、3年岩佐


                      駒澤大学ボールでキックオフです。

                      前半1分、一瞬の隙を突かれ失点してしまいます。
                      成蹊0-1駒澤

                      まだ試合は始まったばかりだ、切り替えよう、と声がかけられます。

                      その後も攻められる時間が続きます。
                      成蹊もボールを繋ごうとしますが、相手のプレッシャーによりなかなか自陣までボールを運べません。

                      相手FWが効率的にプレッシャーをかけてくるため、DFラインでボールを回すのもままなりません。


                      だんだんと修正が出来、成蹊がボールを持つ時間も増えてきました。

                      前半14分、3年中田(直)のアシストから1年角井が確実に決めます。
                      成蹊1-1駒澤

                      この調子で逆転を目指しましょう。

                      そして前半16分、3年加山があげたクロスに2年大森が合わせます。
                      成蹊2-1駒澤

                      皆でハイタッチをして喜び合います。

                      試合中盤は一進一退の様子です。

                      相手FWの足がとても速く何度かピンチが訪れますが、GK3年山本がしっかりと防ぎます。



                      3年山本
                      皆の為に声を切らさずかけ続けます。良いプレーはちゃんと褒めてくれ、皆に信頼されている良いGKです。


                      追加点を狙うべく、2年大森、2年渡辺が身体を張りゴールを目指しますが相手DFに阻まれます。


                      3年白澤がミドルシュートを打ちますが、枠を捉えられません。


                      3年白澤
                      なんでもできるマルチなプレーヤーです。本日はボランチとして良いボールを配給します。


                      サイドの選手も果敢に走り、ゴールへとチャレンジしていきます。




                      相手の攻撃にもしっかりと対応し、失点を許しません。

                      このままリードで前半折り返しかと思いましたが、前半39分、ミスにより失点してしまいます。
                      成蹊2-2駒澤


                      切り替えていきましょう。



                      HTに入ります。

                      修正点を話し合います。
                      気持ちを入れ直し選手たちはピッチへ向かいます。

                      HTに4枚の交代があります。
                      3年加山→3年岡本(陵)
                      4年眞壁→2年加藤
                      3年白澤→1年中田(隼)
                      3年中田(直)→2年竹本


                      成蹊ボールで後半キックオフです。


                      序盤から相手ペースで試合が運んでいってしまいます。

                      後半6分、相手に崩され失点してしまいます。
                      成蹊2-3駒澤





                      ボールがうまく繋げません。

                      CKを得ますが、相手にブロックされてしまいます。

                      後半13分、 1年角井→2年廣瀬
                      2年渡辺→2年岡野 。




                      フレッシュな交代選手により流れが変わることに期待します。


                      2年廣瀬
                      リーグ戦でも結果を残している選手。本日も彼の得点に期待です。

                      FKを得ます。キッカーは2年岡野。
                      しかし、うまく合いません。


                      後半15分、失点してしまいます。
                      成蹊2-4駒澤

                      後半18分、カウンターを受け失点してしまいます。
                      成蹊2-5駒澤




                      相手の攻撃が止まりません。
                      我慢の時間が続きます。


                      後半22分、相手のシュートが決まってしまいます。
                      成蹊2-6駒澤

                      後半25分、またもや失点してしまいます。
                      成蹊2-7駒澤


                      相手のペースにのまれていってしまいます。


                      2年引地がクロスを上げますが、中の選手と合いません。

                      後半39分、PKにより決められてしまいます。
                      成蹊2-8駒澤

                      選手たちは最後まで走りきりましたが試合終了のホイッスルが鳴ってしまいます。

                      成蹊2-8駒澤


                      前半は皆チャレンジをして、格上相手に良いプレーが出来ていただけに悔しい結果となってしまいました。




                      目指している関東リーグのチームと戦うことにより自分達の目標の高さを再確認し、また今日から意識を高く練習するための良い機会になったと思います。


                      本日もOB・OG並びにご家族の皆様、成蹊大学サッカー場まで足を運んでくださりありがとうございます。
                      皆様の期待に応えられるように精進して参りますのでこれからも温かいご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。

                      | 1/5PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM