IリーグU22Bvs國學院大学U22

0

    20191026日(土)、國學院大学たまプラーザグラウンドにて、IリーグU22Bvs國學院大学U22が行われました。



    IリーグU22Bは、今節が最終節となります。本日の対戦相手である國學院に前期は、2-1と勝利を納めました。前節の慶應戦での勝利の流れに乗ったまま、最終節も勝ち切りたいところです。



    アップの様子です。



    最終節ということもあり、サブやメンバー外の選手も周りから声を掛け、チーム一体となって盛り上げていきます。



    本日のスタメンです。



    上段左から: 2年柳田、1年長島、2年竹之下、2年野澤、2年河辺、1年江幡

    下段左から: 2年宇田川、2年廣瀬、1年矢澤、1年伯、1年大峡



    前節で引退を迎えた4年中島の想いも背負い、選手全員が強い気持ちを持って、ピッチに足を運びます。最後まで勝利を目指し、戦いましょう。



    國學院大学ボールでキックオフです。



    開始早々、2年柳田が出したボールを、2年河辺が追いかけそのままゴール付近までドリブルで運びます。しかしここは國學院の守備に阻まれ、シュートに繋げることは出来ません。



    前半3分、1年伯がクロスを上げますが、國學院にボールを奪われます。引き続きゴールを狙いましょう。



    前半5分、國學院が成蹊DFを切り抜けボールを運び、クロスを上げます。ゴール前で上手く合わせた國學院に先制点を奪われます。


    前半5

    成蹊0-1國學院



    開始早々の失点となってしまいました。しかし選手達はすぐに切り替え、互いに声を掛け合います。



    前半10分、再び國學院に攻められゴールを狙われますが、ここは成蹊の守備でクリアします。



    國學院の攻撃が続きます。ボールを奪い、成蹊のペースに持ち込みたいところです。



    前半14分、2年宇田川がクロスを上げるも、國學院に阻まれます。惜しくも得点に繋げることは出来ません。



    前半20分、フィールドでは攻守が入れ替わり、激しい戦いが続きます。



    前半も中盤に差し掛かります。まずは同点に追いつけるよう、果敢に攻めていきましょう。



    前半21分、2年宇田川がパスを出し、2年河辺が反応します。2年河辺はゴール前にクロスを上げますが、ここはゴールラインを割ります。



    前半22分、続いて國學院が素早いドリブルで攻めてきます。成蹊は守備を徹底し、2年竹之下がクリアします。 



    前半27分、2年宇田川が再びクロスを上げるも、タイミングが合いません。続けて1年伯が國學院のこぼれ球を奪い、2年野澤がシュートを放ちますが、國學院GKに阻まれます。



    惜しいシーンが続き、フィールドには応援の選手の温かい声が響きます。まずはシュートまで繋げていきたいところです。



    前半28分、國學院がパスを繋ぎシュートを放とうとしますが、ここはオフサイド判定となります。



    前半も終盤に差し掛かります。互いにシュートまで繋げることが出来ない展開が続きます。前半終了まで得点を狙い、走り続けましょう!



    前半35分、ボールを持った國學院が中まで運びますが、ここは1GK長島が抑えます。



    前半37分、ここで成蹊がFKを獲得します。1年矢澤がパスを出し、2年宇田川がそのままシュートを打ちますが、惜しくも枠外となります。非常に惜しいシーンでした。



    前半45分、続いて國學院のFKです。直接ゴールを狙われますが、1GK長島がここも華麗なセーブを見せます。



    アディショナルタイムに入りますが、シュートまで繋げることは出来ません。

    そのまま前半終了となります。


    前半終了

    成蹊0-1國學院



    ハーフタイムに入ります。

    選手達は前半での反省点を共有し、話し合いを行います。大島コーチから後半に向けたお言葉を頂きます。



    ハーフタイムで交代があります。


    HT

    1年伯→2年加島



    前半はシュート数が少なかった為、後半では積極的にシュートを放ち、得点を狙っていきましょう。


    サブ、応援、スタッフ陣も共に全員で円陣を組み、士気を高めます。



    後半は成蹊大学ボールでキックオフです。



    後半3分、國學院が攻め込んできます。ゴールを脅かされますが、成蹊の固い守備で失点を許しません。



    後半10分、成蹊は前半の反省を生かし、果敢に攻めていき、シュートチャンスとなります。しかしここはタイミングを合わせることが出来ず、得点とはなりません。



    続けて後半11分、國學院が細かいパスを前線に繋ぎ、シュートを放ちますが、ここは枠外となり難を逃れます。



    後半序盤は互いの攻撃が続きます。



    後半13分、2年柳田がゴール前にパスを出し、反応した2年野澤。そのままシュートを放ちますが、惜しくも枠外に逸れてしまいます。



    再び成蹊は、1年江幡がゴール前のにクロスを上げ、2年野澤が合わせますが、ここは國學院GKに阻まれます。



    後半はシュートシーンが多く見られます。このまま攻め続け、得点を狙いましょう!



    後半15分、國學院の攻撃が続きます。

    後方からのパスを受けた國學院は、ボールを運びゴールを狙いますが、1GK長島が確実にキャッチし、得点を許しません。



    続けて後半17分、國學院がドリブルからクロスを上げ、ゴール前の選手がシュートを放ちますが、こちらは上に逸れます。



    後半19分、2年河辺がゴール前に素早いパスを出します。2年野澤が追いかけますが、惜しくもタイミングが合わず、ボールを押し込むことが出来ません。

    非常に惜しいシーンとなり、応援からも励ましの声が掛けられます。



    ここで選手の交代となります。


    後半20

    2年宇田川→1年岩橋



    後半も中盤となっていますが、選手達は勝利を目指し、強い気持ちを持って走り続けています。



    後半24分、2年竹之下がクロスを上げ、1年矢澤が追いかけますが、ここはゴールラインを割ります。



    後半29分、國學院が左サイドからクロスを上げ、ゴール前の選手がヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らされます。


    後半29

    成蹊0-2國學院


    成蹊は焦らずに、まずは1点返していきたいところです。



    後半31分、成蹊がFKを獲得します。キッカーは1年江幡。応援の選手から声援を受けますが、得点には繋がりません。



    3回目の交代です。


    後半32

    2年河辺→1年岡田



    後半35分、國學院のFKです。ゴールを脅かされますが、ここは1GK長島が確実に止めます。



    後半39分、成蹊はFKを獲得し、得点のチャンスとなります。1年大峡がゴール前に合わせますが、國學院に阻まれクリアされます。



    続けて後半40分、成蹊はCKを獲得します。キッカー1年江幡からゴール前に合わせたボールは、混戦となり、最後に2年竹之下がヘディングでゴールを狙いますが、國學院GKに止められます。



    後半も残り僅かとなり、成蹊の果敢な攻めが見られます。最後まで積極的にゴールを狙っていきましょう。



    ここで最後の交代です。


    後半42

    1年江幡→1年河野



    アディショナルタイムに入ります。



    成蹊は丁寧にボールを回していきますが、途中で國學院に阻まれてしまい、シュートまで繋げることが出来ません。



    後半45+2分、2年加島、2年竹之下と繋ぎゴール前にパスを出し、2年野澤がシュートを放ちます。しかしここはオフサイド判定となってしまいます。惜しくも得点に繋げることが出来ません。



    写真:2年加島


    ここで試合終了です。


    試合終了

    成蹊0-2國學院



    前期は勝利した相手でしたが、今節は中々シュートまで繋がらず、白星を挙げることは出来ませんでした。

    しかし、選手達の最後まで諦めず戦い続ける姿から、強い絆を感じる試合となりました。



    IリーグU22Bチームは常に明るく、練習や試合に対して100%の姿勢で取り組む選手が多く見られました。今年1年間で得たものを今後の蹴球部での活動に活かしていきましょう。



    本日もOBOG並びに保護者の皆様、お忙しい中國學院大学たまプラーザグラウンドまで足を運んで下さり、誠に有難う御座います。

    最終節として相応しい結果を残す事は出来ませんでしたが、選手・マネージャー一同はこの反省を生かし、今後の練習に全力で取り組んで参ります。

    前期・後期を通して暖かく見守って下さり、有難う御座いました。

    今後共、変わらぬご支援、ご愛顧の程宜しくお願い致します。



    IリーグU22Avs青山学院大学U22B

    0

      2019年10月20日(日)青山学院大学緑ヶ丘グラウンドにてIリーグU22Avs青山学院大学U22Bが行われました。


      前期の青山学院大学U22Bとの対戦では0-2と悔しさが残る試合でした。本日こそ必ず勝利し、雪辱を果たしたいところです。


      IリーグU22Aは本日で最終節です。4年生は引退を迎えます。

      4年生から絶対に勝とうという熱意がひしひしと伝わり、下級生からは4年生を最高の形で送り出したいという意気込みが感じられます。全員で笑顔で終えられるよう心を一つにして頑張りましょう!



      アップの様子です。



      本日は厚い雲が空を覆っていましたが、段々日が出て気温も上がり、動きやすい気候となっています。


      サブも含め全員で積極的に声を出し盛り上げます。非常に良い雰囲気の中、試合に向けて着実に調子を上げていきます。




      本日のスタメンです。


      上段左から:4年柄澤、3年川原田、3年豊田、3年川島、4年栗林


      下段左から:4年引地、4年馬渕、4年安部、4年郷古、4年猪股、4年榎本



      成蹊ボールでキックオフです。



      前半2分、青学がドリブルで駆け抜け、左サイドからシュートを打ちますが、枠の左に逸れます。


      前半3分、ゴール付近で4年猪股がボールを奪います。パスを受けた4年榎本が力強いシュートを放ちます。吸い込まれるようにしてボールはゴールネットを揺らし、成蹊が先制点を獲得します!


      前半3分

      成蹊1-0青学



      写真:4年榎本


      4年生の開始早々のゴールにベンチも盛り上がります。このまま良い流れを引き寄せたいところです。



      前半7分、青学がシュートを放ちますが、枠を外れます。



      前半9分、4年馬渕が4年柄澤にパスを繋ぎ、ゴール前に合わせようとしますが、惜しくも繋がりません。


      前半16分、青学がクロスを上げ、右サイドからシュートを放ちますが、4年GK栗林が落ち着いてキャッチします。



      前半21分、成蹊がFKを獲得します。

      キッカーは4年安部です。4年榎本が頭で合わせ、更に3年豊田が頭で押し込みますが、キーパー にキャッチされます。



      前半22分、4年馬渕がボールを奪いシュートを放ちますが、オフサイドの判定を受け、惜しくも得点には至りません。



      前半23分にも、青学からボールを奪った4年榎本がシュートを放ちますが、枠の上へ逸れます。


      成蹊の果敢な攻撃が見られ、追加点への期待も高まります。



      前半25分、青学が右サイドからドリブルでボールを運びますが、4年柄澤がカットします。


      成蹊DF陣の身体を張った守備が目立ちます。



      前半31分、成蹊のFKです。4年馬渕がゴール前へ上げたボールに3年豊田が合わせます。

      シュートは見事ゴールネットを揺らし、追加点を獲得します。



      前半31分

      成蹊2-0青学



      前半33分、青学のパスをカットした3年川島がそのままドリブルでボールを運びシュートを放ちますが、枠の上へと逸れます。



      前半35分、青学のFKです。直接ゴールを狙いますが、4年GK栗林がキャッチします。



      前半38分、成蹊がCKを獲得します。

      キッカーの4年猪股がボールを送り、4年引地が頭で合わせますが惜しくも得点には繋がりません。


      前半41分、青学のCKです。ゴール前へボールを合わせられますが、4年GK栗林がキャッチします。




      前半43分、成蹊のFKです。キッカーの4年馬渕がゴール前へボールを合わせますが、キーパーにキャッチされます。


      前半44分、青学のFKです。ゴール前へボールが送られますが、4年馬渕がクリアします。


      ここで前半終了のホイッスルが鳴ります。


      前半終了

      成蹊2-0共栄



      HTに入ります。



      4年森岡(仲)を中心に前半戦を振り返ります。また、大島コーチの後半戦での戦術についてお言葉を頂きます。選手も積極的に意見を出し、話し合います。

      全員で円陣を組み、選手は再びピッチへと戻って行きます。


      前半の良い流れを切らすことなく、更なる追加点狙いにいきましょう。そして、後半も無失点のまま勝ち切りましょう!



      ここで交代があります。


      HT

      3年川島→3年中田(隼)

      3年豊田→3年平生


      交代選手の活躍に期待しましょう。



      青学ボールで後半が開始します。

       

      後半3分、青学のFKです。

      ゴール前にボールを送り、シュートを放ちますが、4年GK栗林がキャッチします。

      本日も4年GK栗林の好セーブが目立ちます。


      後半4分、4年猪股のロングパスを受けた4年郷古がシュートを放ちますが、キーパーにクリアされます。

      続いて成蹊がCKを獲得します。

      4年猪股がゴール前へボールを送り、合わせた4年柄澤がシュートを放ちますが、枠を逸れます。



      後半8分、青学がシュートを放ちますが、4年引地がカットし失点を防ぎます。

      成蹊は積極的に声を掛け合い、更なる追加点を目指して果敢に走ります。


      後半15分、4年郷古のパスを受けた4年猪股がシュートを打ちますが、枠を外れます。

      その後も4年郷古がゴール前まで詰めますが、シュートには繋がりません。


      ここで交代があります。
      後半16分
      4年郷古→3年湊


      後半17分、青学がシュートを放ちますが、4年GK栗林が弾きます。

      交代があります。
      後半22分
      3年川原田→4年西村


      後半26分、4年猪股がシュートを放ちますが、得点には繋がりません。

      後半30分、4年西村のパスを受けた3年平生がシュートを放ちます。見事ゴールネットを揺らし、本日3点目を獲得します!



      後半30分
      成蹊3-0青学


      ここで本日最後の交代があります。
      後半33分
      3年平生→4年岡本

      4年生の活躍に期待しましょう。


      残り時間も少なくなってきました。
      絶対に失点を許さないという全員の強い気持ちが感じられます。



       
      後半43分、4年岡本がシュートを放ちますが、得点には至りません。

      続いて4年猪股、3年中田(隼)も積極的に攻撃を仕掛けますが、追加点は得られません。


      アディショナルタイムは2分です。


      後半45+2分、成蹊がCKを続けて獲得しますが上手く合わせることが出来ません。


      ここで試合終了のホイッスルが鳴ります。


      試合終了
      成蹊3-0青学


      3ゴール、無失点と最終節に相応しい、最高の勝利を飾ることが出来ました。

      試合を通して積極的な攻めが多く見られ、

      チームとしての強さ、絆を感じました。
      これまでの集大成となる4年生を中心とした活躍に、私達マネージャーも胸が熱くなりました。4年生が残してくれたものを胸に刻み、また新たに頑張って行きましょう。

      本日もOB・OG並びに保護者の皆様、青山学院大学緑ヶ丘グラウンドまでご足労頂き誠に有難う御座います。
      4年生は学生サッカーに区切りを付け、引退を迎えます。長い間皆様にはご愛顧賜り、心より感謝申し上げます。
      下級生はトーナメント、新人戦、そして

      来シーズンに向けて、各カテゴリーが一丸となり、練習に励んで参ります。

      今後共変わらぬご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。




      IリーグU22Bvs慶應義塾大学U22B

      0

        2019年10月20日(日)、慶應義塾大学日吉キャンパスグラウンドにてIリーグU22Bvs慶應義塾大学U22Bが行われました。


        今節の対戦相手である慶應義塾大学U22Bには、前期の試合では0-3と、悔しい結果で終えています。前節の明学戦でつけた勢いを絶やさずに残り2節、勝利を重ねていきたいところです。



        アップの様子です。

        サブも一体となった良い雰囲気で試合への準備を進めていきます。






        本日のスタメンです。



        上段左から:2年加島、2年野澤、2年竹之下、2年河辺、2年柳田、1年櫻井

        下段左から:1年江幡、2年宇田川、4年中島、1年矢澤、1年大峡



        円陣を組み、再度士気を上げます。

        今節をもって4年中島は引退を迎えます。後輩からも慕われている彼との最後の試合に対し、全員が闘志を燃やしています。勝利を掴みましょう。






        成蹊大学ボールでキックオフです。


        前半5分、2年宇田川が中央でボールを奪います。そのままドリブルで慶應の守備を崩し、シュートを放ちますが、得点には繋がりません。


        前半8分、成蹊がFKを獲得します。ゴール前へ合わせますが、慶應にクリアされます。


        前半10分、慶應がゴール前でパスを繋ぎシュートを放ちますが、僅かに右へ逸れ、難を逃れます。


        さらに、素早いカウンターで攻め込まれますが、2年加島がクリアし、慶應のCKとなります。ゴール前へボールが放り込まれますが、1年GK櫻井が阻止します。



        試合開始から慶應ボールの時間が続き攻め込まれる場面が多く見られますが、連携の取れた守備で成蹊は先制点を許しません。





        前半16分、成蹊はFKを獲得します。2年宇田川がゴール前へボールを合わせますが、慶應に阻止されます。



        前半24分、4年中島がゴール前で慶應のこぼれ球を拾い、シュートを放ちます。ボールがゴールに吸い込まれ、先制点を獲得します!


        前半24分
        成蹊1-0慶應


        待望の得点に、皆で喜び合います。




        前半30分、慶應のFKです。ゴールを脅かされますが、1年矢澤がクリアします。



        前半35分、慶應の放ったボールがゴールネットを揺らしますが、オフサイドとの判定になり、ピンチを逃れます。


        前半41分、2年野澤がシュートを打ちますが、慶應GKにキャッチされます。



        その後も前線へボールを繋ぎますが得点変動はありません。

        ここで前半終了です。


        前半終了

        成蹊1-0慶應



        HTに入ります。


        危ない場面も見られましたが、1年GK櫻井やDF陣を中心にゴールを守り抜き、1点リードという形で前半を終えることができました。

        後半はさらに得点差を広げて勝ち切れるよう、全員で話し合います。



        後半が始まります。


        後半開始早々、両チーム共に得点を狙い攻守が入れ替わりますが、ゴールに繋がらない時間が続きます。



        後半13分、ドリブルで守備を崩され、サイドから上がったクロスに合わせられてしまい、失点します。


        後半13分
        成蹊1-1慶應


        選手間で声を掛け合い、雰囲気を落とすことなく次のシュートチャンスを狙います。



        交代があります。


        後半18分

        1年江幡→2年廣瀬(秀)



        後半20分、FKを獲得し、2年宇田川がゴール前へボールを放り込みますが、慶應GKがクリアします。

        2年廣瀬(秀)がこぼれ球に反応し、ヘディングシュートを打ちますが慶應に阻まれます。


        さらに、2年宇田川が上げたクロスに4年中島が反応して合わせますが、得点には繋がりません。


        惜しいシュートシーンが続き、追加点への期待が高まります。



        後半30分、2年野澤がドリブルで仕掛けますが、慶應に阻まれます。成蹊はCKを獲得します。2年宇田川がゴール前へ合わせ、2年加島がヘディングシュートを放ちますが、慶應GKに阻まれます。



        さらに成蹊はペナルティエリア付近でのFKを獲得し、2年宇田川が直接ゴールを狙いますが、惜しくも枠上となります。



        直後、慶應が左サイドからドリブルで駆け上がり、ゴール前へボールを合わせられ、失点します。


        後半33分

        成蹊1-2慶應


        ベンチからは「まだ試合は終了してないぞ!」とプラスの声が上がり、ピッチ内を活気づけます。



        交代があります。


        後半39分

        2年宇田川→1年河野



        後半41分、成蹊はPKを獲得します。キッカーは4年中島。全員が見守る中、見事PKを決め切り同点に追いつきます。




        後半41分
        成蹊2-2慶應



        残り時間も僅かですが、追加点を獲得する為に切り替える選手から頼もしさと共に、勝利への気迫を感じられます。


        後半45+5分、慶應にFKを獲得されます。ゴール前に放たれたボールを成蹊がクリアし、前線の2年野澤へボールが渡ります。そのままサイドからドリブルで守備を崩し、シュートを放ちます。

        一度は慶應GKに阻まれるもこぼれ球を拾い、再度放ったシュートがゴールネットを揺らします。


        後半45+6分

        成蹊3-2慶應


        見事にラストチャンスをものにした2年野澤の元に全員で駆け寄り、喜びを分かち合います。



        興奮冷めやらぬまま、試合終了のホイッスルが鳴り響きます。



        試合終了

        成蹊3-2慶應


        最後まで諦めずに全員でゴールを狙い続け今節の勝利を収めました。最高の試合と共に、4年中島を良い形で送り出すことが出来ました。選手達の今節にかける強い思いが伝わり、スタッフ陣も非常に胸を打たれた試合でした。

        1.2年生は今期最終節である國學院戦に向けて、この1週間を大切に練習に励みましょう。



        OB・OG並びに保護者の皆様、本日は慶應義塾大学日吉キャンパスグラウンドまで足をお運び頂き、誠に有難う御座います。

        IリーグU22Bの試合も残り1節となりましたが、選手・スタッフ一丸となり、さらに精進して参ります。今後共変わらぬご支援・ご声援の程、宜しくお願い致します。



        *次の試合のお知らせ*

        10月26日(土)

        IリーグU22Bvs國學院大学U22@國學院大学たまプラーザグラウンド

        17:00kickoff





        IリーグU22Avs共栄大学U22

        0

          2019年10月14日(月)共栄大学サッカー場にてIリーグU22Avs共栄大学U22が行われました。



          今節は10月12日(土)に予定されていましたが、台風19号の影響で延期となりました。また、諸事情により時刻が15分早く開始致しました。


          成蹊大学U22Aは現在勝ち点13で暫定で8位に位置付けています。7位の朝鮮大学U22は勝ち点が13と同じで、得失点差は2です。


          今節の対戦相手である共栄大学U22とは前期に5-1と大差を付け勝利することが出来ました。今節への意気込みも十分です。


          IリーグU22Aは今節を含め残り2試合となります。4年生は次節で引退です。4年生を良い形で送り出し来シーズンを迎えられるように、チーム全員で頑張りましょう。



          アップの様子です。



          小雨が降りそそぎ、気温も下がりますが体を温めつつ試合に向けて準備をします。





          本日のスタメンです。


          上段左から:4年栗林、3年豊田、3年平生、4年安部、4年馬渕、4年柄澤


          下段左から:3年中田(隼)、4年引地、3年川原田、4年猪股、3年湊



          共栄ボールでキックオフです。



          序盤から共栄に攻め込まれます。

          共栄のCKです。4年GK栗林が落ち着いてキャッチします。


          前半5分、3年中田(隼)が共栄のパスをカットし、成蹊ボールに変えます。その後3年川原田がクロスを上げ、3年平生が詰めますが惜しくも枠を外れます。




          前半8分、共栄の攻撃を3年川原田が止め、カウンターを仕掛けます。4年猪股から3年豊田に繋ぎシュートを打ちますが、混戦となり共栄に阻まれます。


          続けて成蹊がFKを獲得します。4年馬渕が上げたボールに4年引地、4年柄澤が合わせようとしますがゴールラインを割ります。



          前半10分、4年安部が共栄からボールを奪い3年中田(隼)、4年猪股へとパスを繋げます。4年猪股がタイミングを合わせシュートを打ちますが枠の右に逸れます。

          非常に惜しいシーンでした。


          あと一歩のところで共栄にボールが渡ってしまい、苦しい時間が続きます。ですが、懸命に前線へボールを繋ぎゴールを狙います。



          前半12分、共栄が裏へ抜け出しますが3年湊が体を張りピンチを凌ぎます。共栄のCKへ移ります。

          中にボールを上げますが、ここは成蹊GK・DF陣を中心に守り抜きます。



          4年馬渕が前線までボールを運び、ゴール前へ繋げます。4年安部が合わせますが得点には至りません。



          前半20分、3年川原田がドリブルでゴール前まで運びますが、共栄にクリアされます。成蹊はCKを獲得しますが、得点の変動はありません。



          共栄の果敢な攻撃に対し4年安部、3年湊が体を張りボールを止めます。




          その後成蹊DF陣がクリアし、共栄のCKへ移ります。混戦となり最後は4年GK栗林がキャッチし、ピンチを免れます。



          前半30分、3年豊田が隙を狙いミドルシュートを打ちますがゴールポストに弾かれます。その後も押し込もうとしますが共栄にボールが渡ります。


          3年豊田のシュートが目立ちます。大胆にゴールを狙う彼の姿勢に全員が期待を募らせます。




          写真:3年豊田



          前半33分、成蹊のFKです。4年猪股が直接ゴールを狙いますが枠の上へ逸れます。



          前半36分、共栄のプレスからボールを奪われますが、3年湊の体を張った守備によりゴールを守ります。

          共栄のCKへ移りますが、ここは4年GK栗林が弾きます。



          成蹊の反撃です。3年中田(隼)から3年平生へボールを合わせようとしますが、キーパーにキャッチされてしまいます。


          前半38分、4年馬渕が上げたボールに3年豊田がヘディングで合わせようとしますが共栄に渡ります。



          4年馬渕、4年猪股が積極的にゴールを狙いシュートを放ちますが共栄に阻まれます。



          前半42分、4年引地が前線へボールを運び3年豊田へと繋ぎます。

          3年豊田が胸で受けそのままボレーシュートを打ちます。全員が注目しますが、キーパーにキャッチされてしまいます。


          その後もシュートを放ちますが、前半は両チーム先制点を挙げることなく終了します。


          前半終了

          成蹊0-0共栄



          HTに入ります。

          前半はシュートが多く見られましたがあと少しのところで決め切ることが出来ませんでした。しかし、成蹊がボールを保持する時間は長くチャンスも多く見られました。後半も果敢にゴールを狙いましょう。


          4年安部が前半戦の総括をした後、改善点を話します。大島コーチが後半の戦術を改めて伝え、選手は真剣な表情で話を聞きます。

          後半に臨みます。



          成蹊ボールで後半が開始します。



          後半9分、中央付近からのFKに3年平生が合わせますが、キーパーに弾かれます。こぼれ球に4年柄澤が反応しますがゴールには繋がりません。



          後半11分、共栄が右サイドから攻撃を仕掛けシュートを打ちます。しかしここは、4年GK栗林がキャッチし失点を防ぎます。

          本日も4年GK栗林のナイスセーブが光ります。




          後半13分、成蹊がカウンターを仕掛けます。ゴール前へ勢い良くボールを繋ぎ、こぼれ球に反応した4年安部が3年中田(隼)へパスを出します。

          3年中田(隼)がキーパーとの1対1からシュートを狙いますが、枠の左へと逸れます。


          続いて成蹊のCKです。こぼれ球に4年馬渕が反応しますが枠を外れます。



          前半同様、カウンター攻撃から得点を狙いますが、共栄GK・DF陣に阻まれゴールに繋げることが出来ません。



          後半20分、成蹊のFKです。キッカーの4年馬渕が上げたボールに3年豊田が詰めますがキーパーにキャッチされます。


          直後、カウンターを受けますが、4年GK栗林が見事に抑えます。



          後半22分、共栄がボールを奪い、ゴール前へ繋ぎます。裏へ抜け出した共栄が4年GK栗林との1対1からシュートを放ち、先制点を獲得します。


          後半22分

          成蹊0-1共栄



          成蹊の攻撃時間が多かったものの、隙を突かれ失点を許してしまいました。

          しかしここで気を落とすことなく、1点ずつ取り返していきましょう。



          今節は平日開催でしたが、共栄大学サッカー場まで部員達が駆けつけます。彼らの声援がグラウンドに響き、ピッチ上の選手も応援に応えようと全力で試合に臨みます。




          後半23分、成蹊のFKです。ゴール前に上げられたボールに3年平生がヘディングで合わせますが、キーパーにキャッチされます。



          ここで本日最初の交代です。


          後半27分

          3年平生→3年多田

          4年猪股→4年西村



          後半32分、成蹊がFKを獲得します。

          4年馬渕が上げたボールに3年中田(隼)がヘディングで合わせますがゴールラインを割ります。


          その後も成蹊のCKとなりますが得点には繋がりません。




          後半36分、3年川原田のクロスを受けた4年馬渕がボレーシュートを放ちますが枠を外れます。



          成蹊は前線へ果敢にボールを運びシュートを打ちますが、共栄の堅い守備によりゴールネットを揺らすことは出来ません。



          本日最後の交代です。


          後半40分

          4年引地→3年川島

          3年川原田→4年郷古



          後半45分、共栄のスローインからボールを奪い、4年郷古が共栄をドリブルで抜き去ります。そのままシュートを放ちますが、キーパーがキャッチします。



          後半45+1分、3年豊田、4年馬渕がゴールまで詰め寄りシュートを放ちますが、共栄にクリアされ成蹊のCKへ移ります。


          キッカーの4年馬渕が上げたボールに4年柄澤がヘディングで合わせますが、得点には至りません。



          その後も攻守の入れ替えが続きますが得点の変動は起きず、試合終了の笛が鳴ります。


          試合終了

          成蹊0-1共栄


          多くのチャンスを活かし切れず後半に先制点を挙げられ、非常に悔しさの残る試合となりました。選手は今節の悔しさを忘れず、来週から一層練習に励みます。


          次節で最終節です。

          全員の想いを一つに、2019年の集大成となる最終節を最高の試合にしましょう。



          本日もOB・OG並びに保護者の皆様、お足元の悪い中ご足労頂き有難う御座います。

          これまでの人生の中心であった学生サッカーに、次節で一区切りを付ける選手も多くいます。長い期間を支えて下さった皆様に成長した姿をお見せ出来るよう、部員一同練習に取り組みます。今後共成蹊大学体育会蹴球部を宜しくお願い致します。



          *次の試合のご案内*

          2019年10月20日(日)

          IリーグU22Avs青山学院大学U22 @青山学院大学緑ヶ丘グラウンド

          11:00kickoff


          IリーグU22Avs国士舘大学U22D

          0

            2019105日(土)、成蹊大学サッカー場にてIリーグU22Avs国士舘大学U22Dが行われました。



            前節は3年豊田が獲得したPK4年柄澤が決め、3年高木が追加点を挙げることで5試合ぶりに勝利を収めました。


            本日の試合を含め、4年生は残り3節です。

            国士舘大学U22Dには前期1-0で勝利しています。

            粘り強い守備と得点に期待しましょう!



            涼しい風が吹く中、アップが行われます。





            本日のスタメンです。



            上段左から:3年松木、3年澤、4年安部、4年西村、4年柄澤、3年平生

            下段左から:3年中田(隼)、4年引地、3年川原田、4年猪股、3年豊田



            国士舘ボールでキックオフします。



            前半6分、国士舘がクロスを上げますが3年GK松木がキャッチします。




            前半12分、最初にシュートを放ったのは成蹊です。

            3年川原田がハーフウェイライン付近からシュートを打ちます。しかし、ゴールとはなりません。


            前半14分、成蹊がFKを獲得します。

            キッカーの4年柄澤が上げたボールに4年安部が合わせシュートを放ちますが、相手GKが弾きます。



            先制点が欲しい両者にとって、互いに譲らない時間が続きます。


            4年安部が前線の選手に積極的に声を掛けます。



            前半19分、国士舘がシュートを放ちますが、枠を外れます。


            前半21分、4年平生が空中戦に競り勝ち、シュートを放ちます。しかし、惜しくも流れます。





            ここで試合が動きます。


            前半22分、国士舘がスローインからゴール前にパスを出し、シュートを打ちます。3GK松木が反応しますが、ゴールネットを揺らし失点を許します。


            前半22

            成蹊0-1国士舘


            先制点を挙げられてしまいました。

            気を落とさず、貪欲にゴールを狙っていきましょう。



            前半26分、国士舘にFKを与えてしまいます。キッカーが送ったクロスに合わせられ、追加点を許します。


            前半26

            成蹊0-2国士舘


            立て続けの失点ですが、選手達は声を掛け合います。

            決して押されているわけではなく、成蹊もチャンスを作り出しています。

            まずは1点を返したいところです。




            成蹊が相手ゴールを脅かす場面が多くなりますが、なかなか得点には繋がりません。



            前半38分、成蹊がCKを獲得します。キッカーの猪股が送ったクロスに4年引地が足で合わせ、見事ゴールが決まります。


            前半38

            成蹊1-2国士舘


            粘り強い守備が特徴の4年引地のゴールです。

            応援に駆けつけた部員も一体となり、全員で喜びます!

            追加点を狙っていきましょう!


             


            前半はこのまま終了します。



            前半終了

            成蹊1-2国士舘



            杉田コーチからは「いい雰囲気でやれている。もっと自信を持って戦おう」とのお言葉を頂きます。

            全員で話し合い、後半に繋げます。




            後半キックオフです。


            後半1分、3年中田(隼)がクロスボールを送ります。3年平生が合わせゴールネットを揺らします!


            後半1

            成蹊2-2国士舘


            3年生の活躍により同点に追い付きます!



            後半5分、相手にゴール前でパスを回され、3点目を決められてしまいます。


            後半5

            成蹊2-3国士舘


            このまま終わるにはいきません。

            何としてでも逆転したいところです。

            その後も、3年中田(隼)、4年猪股が積極的に仕掛けますが、ゴールに繋がりません。



            後半10分、4年猪股がゴール前にパスを送ります。3年平生、3年川原田が反応しますが得点には繋がりません。





            交代があります。


            後半16

            3年豊田→3年多田


            3年多田がチャンスを作り出してくれることでしょう!



            ロングパスを出し合いますが、上手く得点に結び付きません。



            交代があります。


            後半27

            4年猪股→4年馬渕

            4年西村→4年郷古


            4年馬渕の落ち着いたプレー、4年郷古の貪欲にゴールを狙うプレーに期待しましょう!



            後半31分、国士舘がパスを回しクロスを上げます。しかし、4年引地が体を張ってクリアします。



            ここで交代があります。


            後半39

            4年引地→3年湊


            得点を決めた4年引地に代わり、気持ちのこもった守備を見せてくれる3年湊が入ります。



            後半40分、4年郷古が相手のパスをカットし、ドリブルでゴール前まで突き進みます。シュートを放ちますが、枠を外れます。




            最後まで諦めない姿勢が見られます。



            交代があります。


            後半45+3 

            3年中田(隼)→3年浅田 



            後半45+5分、成蹊がFKを獲得します。キッカーは4年柄澤です。3年平生に合わせますが、流れてしまいます。




            これがラストプレーとなり、試合が終了します。



            試合終了

            成蹊2-3国士舘



            シュート数は多くあり、勝てない試合ではなかったはずです。残り2節とも勝利すべく本日の反省点を振り返り、来週からの練習に励んで参ります。



            本日もOBOG並びに、多くの保護者の方々にご来場いただき感謝申し上げます。皆様のご声援が選手の励みとなっております。今後とも変わらぬ温かいご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。



            *次の試合のご案内*

            20191012日(土)

            IリーグU22Avs共栄大学U22

            @共栄大学サッカーグラウンド

            14:00kick off


            台風19号の影響により延期になる可能性が御座います。詳しくはHPをご覧下さい。


            IリーグU22Bvs明治学院大学U22C

            0

              2019年10月5日(土)、成蹊大学サッカー場にてIリーグU22Bvs明治学院大学U22Cが行われました。


              前節の立正大学U22との一戦では1-3と勝利を掴むことができませんでした。しかし、今節の相手となる明治学院大学U22Cには前期に2-1と勝利を収めることが出来ています。

              現在成蹊は3位(勝ち点20)です。首位は立正大学U22(勝ち点29)、2位は慶應義塾大学U22B(勝ち点22)となっています。今節で勝利を重ね、勝ち点差を縮めていきたいところです。


              アップの様子です。

              雰囲気の良い状態で、2年山形を中心に掛け声がグラウンドに響きます。



              本日のスタメンです。



              上段左から:1年櫻井、2年柳田、2年竹之下、2年野澤、1年岡田(侑)、2年河辺

              下段左から:4年中島、2年廣瀬(秀)、1年江幡、2年酒本、1年大峡


              明治学院ボールでキックオフです。


              試合開始直後、1年大峡がクロスシュートを放ちます。惜しくもゴール左に逸れ、明学GKに止められます。


              前半2分、成蹊のCKです。2年酒本が放ったボールは明学に奪われてしまいます。


              前半8分、成蹊のFKです。綺麗な浮き玉が上がりますが、明学GKにキャッチされゴールとはなりません。


              前半13分、成蹊にピンチが訪れます。明学は勢いよく正面からシュートを放ちますが、体を入れ先制点を許しません。

              こぼれ球を2年野澤が拾い、素早くクロスを放ちますが、明学にクリアされてしまいます。続けて2年廣瀬(秀)がドリブルで交わしシュートを放ちますが、再度跳ね返されます。成蹊は積極的に攻撃を繰り返します。



              前半18分、ドリブルの激戦から2年廣瀬(秀)がボールを高くあげ、混戦を脱します。


              両者一行に手を引かず拮抗した試合が繰り広げられます。


              前半21分、2年竹之下が大きく前線にボールを放ちます。こぼれ球を2年野澤が拾い素早く切り返しシュート!見事ゴールし、成蹊の先制点となります。


              前半21分

              成蹊1-0明学


              続く前半22分、成蹊のスローインから2年柳田が大きく前にパスを繋ぎます。2年野澤が拾いドリブルから4年中島へと繋ぎます。明学を交わし、見事シュートを決めます。

              成蹊は追加点を獲得します。



              前半22分

              成蹊2-0明学


              成蹊の流れを作りることができ、選手の顔に笑顔が溢れます。この調子で前半に得点を重ねていきましょう。


              前半25分、成蹊からボールを奪った明学は、左サイドからシュートを放ちますが、1年GK櫻井が果敢にゴールを守ります。


              前半28分、明学のCKです。ゴール前に放たれたボールは1年GK櫻井の手に吸い込まれます。



              前半31分、成蹊のCKです。放たれたボールはゴール付近の選手と合わず得点には繋がりません。


              前半32分、1年GK櫻井が前線へとボールを放ちます。4年中島が受け止め、素早くターンしシュートを放つも明学にカットされてしまいます。


              前半34分、成蹊のGKです。放ったボールは明学に跳ね返され、ゴール前までドリブルされるも2年酒本がスライディングで明学のシュートを防ぎます。


              前半35分、明学のCKです。2年河辺がヘディングで跳ね返すも、空中戦の末、ゴール前へとボールが入ります。 前に出た1年GK櫻井がキャッチし得点を与えません。


              前半37分、明学GKが放ったボールを4年中島が間近で止め、シュートしますが惜しくもキャッチされてしまいます。


              前半終盤、選手は懸命に指示を掛け合い、明学からボールを奪いにいきます。成蹊の流れを維持します。




              前半44分、成蹊のFKです。2年竹之下が上げたクロスを2年河辺が拾い繋げようとしますが、明学にブロックされます。前半での3度目のゴールにはなりません。


              1分のアディショナルタイムを終え、ここで前半終了です。

              前半終了

              成蹊2-0明学


              HTに入ります。

              杉田コーチから戦術の指導が入り、選手は再び動き方の修正を行います。



              ここで交代です。


              HT

              2年酒本→2年宇田川


              交代選手が入り、新しい空気で後半を迎えます。

              後半開始です。


              後半3分、成蹊のスローインから始まったボールは明学奪われ、瞬く間にゴール前まで運ばれてしまいます。シュートされるも1年GK櫻井が必死に止めます。


              後半9分、明学のCKです。ゴール前に放たれたボールを2年竹之下がヘディングで返します。直後の明学シュートを2年河辺が弾き、シュートを許しません。気を引き締めていきましょう。




              後半16分、明学にPKを与えてしまいます。1年GK櫻井が飛びますが惜しくも逆側にシュートが放たれ、ゴールネットを揺らします。


              後半16分

              成蹊2-1明学


              失点に対してベンチからは、励ましの声援が聞こえます。これ以上の失点をしないよう切り替えていきましょう。


              ここで交代です。


              後半17分

              1年大峡→2年山形


              練習や試合で誰よりも声を出し、周りの意識を上げてくれる2年山形の登場により、更なる勢いをつけ勝利に繋がるプレーを期待しましょう。


              後半20分、明学が大きく上げたボールを2年宇田川が拾い、4年中島へパスを回します。ドリブルで明学をかわすも、カットされシュートにはなりません。



              写真:2年宇田川

              後半21分、明学のCKです。短く繋ぎクロスを上げます。ヘディングで合わせられますが、ポールに当たり2度目の失点を免れます。


              後半23分、成蹊のCKです。2年宇田川が放ったボールを1年岡田(侑)がヘディングで合わせます。惜しくも明学GKにキャッチされてしまいます。


              1分後に獲得したCKも再度、明学にカットされ思うようにゴールを狙えません。


              後半26分、成蹊のCKです。2年宇田川が中にボールを入れます。こぼれ球を拾った2年河辺がシュートを放ちますが、惜しくも3度目のゴールにはなりません。


              上手く試合が進まない状態にも、選手達は焦らず丁寧に攻守に励みます。




              後半29分、またもPKを明学に与えてしまいます。1度目と同様、ゴール右側を攻めたシュートは明学の得点となります。


              後半29分

              成蹊2-2明学


              PKにより失点を重ね、同点に追いつかれてしまいました。体力的にも疲れが見える選手が見受けられます。しかし全員で声を掛け合い、残り15分精一杯戦っていきましょう。


              後半30分、ゴール前までドリブルで運んだボールを2年柳田がゴールに押し込もうとしますが、明学GKに阻止されます。


              後半33分、成蹊のCKです。1年江幡が放ったボールに4年中島がヘディングで合わせますが、ゴール上に逸れます。



              後半36分、明学からボールを奪った成蹊は細かいパスを1年江幡から2年山形へ繋ぎます。最後は4年中島が明学を交わしシュート!見事、ゴールします。


              後半36分

              成蹊3-2明学



              このまま勝ち切りたいところです。

              その後も両チーム共に果敢にゴールを狙います。成蹊は守備を固め点数を狙いに行きます。

              得点変動は無く、試合終了の笛が鳴ります。


              試合終了

              成蹊3-2明学



              後半終盤にシュートを決めたことで明学に1歩リードした状態で試合を終えることが出来ました。

              前節の反省を修正し、今節に臨むことができたのでしょう。今後も一つ一つの練習・試合を一生懸命行なっていきましょう


              OB・OG並びに保護者の皆様、本日は成蹊大学サッカー場まで足を運んで頂き、誠に有難う御座います。残り僅かとなってきた各試合も、悔いが残らず、選手全員が精一杯戦えるよう日々の練習を精進して参ります。今後共変わらぬご支援・ご声援の程、宜しくお願い致します。

              *次の試合のお知らせ*
              10月12日(土)
              IリーグU22Bvs國學院大学U22@國學院大学たまプラーザグラウンド
              17:15kickoff

              台風19号の影響により延期になる可能性が御座います。詳しくはHPをご覧下さい。


              IリーグU22Bvs立正大学U22

              0

                2019年9月28日(土)、成蹊大学サッカー場にてIリーグU22Bvs立正大学U22が行われました。


                今節の相手、立正大学は現在Iリーグ2部Bブロックにて、1位の座を獲得しているチームとなります。


                成蹊との勝ち点差は6。ここで勝利出来れば、IリーグU22Bチームとしても成蹊としても今後に大きく繋がるはずです。今節で勝利を重ねて、差を縮めていきたいところです。



                アップの様子です。

                今節も2年山形が指揮を取り、チーム全体の集中力を高めていきます。




                田口コーチからお言葉を頂き、今節のチームとしての方向性や戦術がまとまります。



                本日のスタメンです。



                上段左から:2年柳田、2年竹之下、2年河辺、2年宇田川、2年野澤、1年長島


                下段左から:4年中島、2年廣瀬(秀)、1年矢澤、2年山形、1年大峡



                立正ボールでキックオフです。


                開始早々、立正に攻め込まれます。右サイドから鋭いシュートを打たれますが、枠を超えていきます。


                成蹊DF陣も落ち着いて次のプレーに集中します。



                前半6分、11分と再度ゴール前で混戦が繰り広げられましたが、2年竹之下、4年中島がクリアし、ゴールを守ります。守備が安定している様子です。




                前半15分、4年中島のクロスに2年野澤が反応しましたが、合わせることが出来ず得点には繋がりません。



                前半中盤、展開が非常に早く激しい攻防が繰り広げられていきます。先制点を狙いましょう。



                前半29分、2年野澤のクロスから立正ゴール前での混戦となります。こぼれ球を2年柳田がシュートしますが、立正GKにセーブされます。




                お互い我慢の時間が続きますが、成蹊は集中力と声を切らさず、懸命に走り抜きます。



                前半35分、立正にサイドから突破され、ゴールネットを揺らされましたが、これはオフサイドとの判定です。

                成蹊は切り替えて試合に臨みます。



                前半38分、2年柳田がゴール前に出したパスに2年野澤がしっかり反応し、そのままシュート!待望の先制点です。


                前半38分

                成蹊1-0立正



                首位の立正から点数を奪うことが出来た成蹊に喜びが溢れます。しかし油断は禁物です。気を引き締め直します。


                前半45分、立正に攻め込まれる形が続きましたが、成蹊DF陣の堅い守備でゴールを守り抜きます。



                ここで前半終了です。HTに入ります。

                前半終了

                成蹊1-0立正



                お互いに課題を出し合い、解決に至るまで話し込みます。


                その後、2年山形がしっかりとチームをまとめ、この試合が意味あるものになるよう全員で気持ちを高め合います。




                後半開始です。勢いを落とすこと無く、勝利に拘るプレーに期待しましょう。



                後半序盤は両チーム共に上手くパスが繋がらず、試合が動かない時間帯となります。


                後半11分、立正の果敢な攻撃に対し、成蹊DF陣も体を張ってゴールを死守します

                2年山形の守備が安定しています。



                後半14分、15分と何度か立正にシュートを許しますが、1年GK長島が落ち着いた様子でセーブします。




                後半20分頃、立正のスローインによりゴール前にボールが入りますが、ここは成蹊DFがクリアします。続けて立正のCKへと移ります。上手く頭で合わせられてしまい、失点を許します。


                後半21分

                成蹊1-1立正



                切り替えていきましょう。


                2年山形、2年宇田川がスピードのあるプレーで何とかゴール前までボールを運ぼうとしますが、立正の堅い守備でクリアされてしまいます。



                後半27分、立正のFK、CKとセットプレーが続きます。CKでのボールは1年GK長島が一度弾きますが混戦の末、立正により押し込まれ追加点を奪われます。


                後半27分

                成蹊1-2立正



                ここで本日初めての交代です。


                交代

                後半30分

                2年野澤→2年酒本



                後半33分、右サイドからそのままシュートを打たれますが枠内に収まらずピンチを免れます。続けてゴールを脅かされてしまいます。




                立正の果敢な攻撃に、成蹊は守備に追われます。





                カウンターを受けた成蹊。成蹊DFがクリアし、立正のCKに入ります。ゴール前に落ちたボールをそのまま押し込まれ、失点してしまいます。


                後半34分

                成蹊1-3立正



                交代があります。


                交代

                後半39分

                1年大峡→1年岡田(侑)


                試合終了が近づき、残り時間も少なくなってきました。

                選手は集中力を切らさず体を張り、必死にボールを追いかけます。



                しかしこのまま試合は動くことなく、試合終了となります。


                試合終了

                成蹊1-3立正



                先制点を挙げていたこともあり、勝利に繋げ勝ち点の差を縮めたいところでした。


                しかし、選手は今節で多くの課題が見つかった様子です。

                IリーグU22Bチームの良さは1人1人が非常に真摯にサッカーと向き合っているところです。選手にとって今節は良い糧となったことでしょう。


                OB・OG並びにご家族の皆様、成蹊大学サッカー場まで足を運んで頂き、誠に有難う御座います。4年生は引退が近づいていますが最後まで全力でチームに貢献致します。部員・スタッフ一同、チーム一丸となり日々精進して参りますので、今後共、温かいご声援の程宜しくお願い致します。



                *次の試合のお知らせ*

                2019年10月5日(土)

                IリーグU22Bvs明治学院大学U22C

                @成蹊大学サッカー場

                16:30kick off


                IリーグU22Avs東京学芸大学U22

                0

                  2019年9月21日(土)、成蹊大学サッカー場にてIリーグU22Avs東京学芸大学U22が行われました。


                  前節は惜しくも0-1と敗戦を喫し、非常に悔しい結果となりました。反省点を生かし、後期初の勝利を掴み取りましょう!



                  ミーティングでは、試合で意識する点などを入念に確認していきます。



                  アップの様子です。





                  サブのメンバーが外から勢いのある声出しを行い、チーム全体の士気を高めます。



                  本日のスタメンです。



                  上段左から:3年松木、4年柄澤、4年猪股、4年安部、4年西村、3年平生

                  下段左から: 3年豊田、3年湊、3年川原田、3年高木、4年岡田(俊)



                  涼しい風が吹く中、学芸ボールでキックオフです。



                  開始早々、4年西村がゴールを目指し攻め込みます。



                  前半8分、学芸が果敢に攻めますが、成蹊の徹底した守備によりピンチを逃れます。


                  直後、3年平生が高さを生かし、ヘディングでシュートを放ちますが惜しくも枠の外です。



                  フィールドでは両チーム共、一進一退の攻防が続き、互いに得点を許しません。





                  前半17分、4年岡田(俊)がクロスを上げ、3年平生がヘディングでシュートを狙うもキーパーに阻まれます。



                  選手達は先制点を挙げるべく、前を向いてゴールを狙いに行きます。



                  前半23分、4年安部のクロスを受けた3年川原田が4年猪股にパスを出します。

                  そのまま勢いよくシュートを放ちますが、枠を外れ得点には至りません。



                  続いて前半27分、4年西村が華麗なボール捌きからドリブルでボールを運びシュートを放ちます。しかし、僅かに枠の上に逸れます。




                  前半28分、成蹊がCKを得ます。

                  ここで先制点を奪いたいところです。


                  キッカーの4年猪股がクロスを上げ、こぼれ球に3年豊田が反応します。

                  パスを受けた4年西村がゴール前にクロスを上げますが、相手にクリアされます。



                  前半39分、学芸のFKです。得点を許さぬよう全員で守備を徹底し、最後は3GK松木がセーブします。


                  前半も終盤に差し掛かってきました。先制点を狙い、選手達はフィールドを走り続けます。



                  前半45+2分、ここで成蹊にチャンスが訪れます。

                  相手のハンドにより、PKを獲得します。

                  キッカーは最上級生としてチームを牽引する、4年柄澤です。


                  皆が注目する中、プレッシャーに打ち勝ち、見事ゴールネットを揺らします。

                  待望の先制点に、会場は大歓声に包まれます。


                  前半45+2分

                  成蹊1-0学芸






                  ここで前半終了のホイッスルが鳴ります。


                  前半終了

                  成蹊1-0学芸



                  HTに入ります。4年生を中心に、前半の反省点を確認し、後半に向け話し合いを行います。気持ちを入れ直し、後半も追加点を狙いましょう。




                  後半は成蹊ボールでキックオフです。



                  開始からフィールドでは、激しいボールの奪い合いが続きます。



                  ここで交代があります。


                  後半7

                  4年岡田(俊)→3年須賀



                  後半10分、学芸の勢いのある攻撃に苦しみますが、3GK松木がナイスセーブを見せます。





                  成蹊も負けじと攻めていきます。



                  後半12分、3年高木がドリブルでボールをゴール前まで運びますが、相手に阻まれます。



                  後半15分、学芸にCKのチャンスを与えてしまいますが、懸命にクリアし守り切ります。

                  再び学芸のCKへ移りますが、3GK松木がゴールを守ります。



                  ここで成蹊2人目の交代です。


                  後半20

                  4年西村→4年郷古



                  ここから更なる追加点を狙っていきましょう。




                  後半21分、4年郷古がドリブルでボールを運びクロスを上げます。3年平生がヘディングで合わせますが、上手く繋がりません。



                  後半30分、4年郷古が再びクロスを上げ、合わせた3年高木が追加点を挙げます。


                  選手達はハイタッチを交わし喜びを分かち合います。


                  後半30

                  成蹊2-0学芸



                  再び成蹊の選手交代です。


                  後半35

                  3年豊田→3年多田

                  3年平生→4年引地




                  残り時間も少なくなりました。

                  この良い流れに乗って、最後まで戦い続けましょう。



                  後半36分、3年多田がドリブルで果敢に攻めていきます。

                  続けて3年高木も追加点を狙いますが、得点には繋がりません。



                  後半42分、学芸が巻き返しを図りシュートを狙いますが、確実にクリアします。



                  アディショナルタイムに入ります。



                  後半45+1分、4年郷古がドリブルでゴール前に切り込みシュートを放ちますが、ゴールネットを揺らすことは出来ません。



                  後半45+3分、4年柄澤がクロスを上げ、4年安部がヘディングで合わせますが、タイミングが合いません。

                  続けて4年猪股がシュートを放ちますが、キーパーにセーブされます。



                  ここで試合終了です。


                  試合終了

                  成蹊2-0学芸



                  試合を通し、全員が果敢に攻めに行く強い気持ちが見られた試合でした。その結果、念願の後期初勝利を挙げることが出来ました。



                  Iリーグも終盤に差し掛かっています。

                  今回の勝利を良いモチベーションに変え、最後まで戦い抜きましょう。



                  本日もOBOG並びに保護者の皆様、お忙しい中成蹊大学サッカー場まで足を運んで頂き、誠に有難うございます。

                  IリーグU22Aは残り3試合となりました。

                  最後まで選手・マネージャー一同精進して参ります。

                  今後とも、温かいご支援、ご愛顧の程宜しくお願い致します。



                  *次の試合のご案内*

                  2019105日(土)

                  IリーグU22Avs国士舘大学U22D

                  @成蹊大学サッカー場

                  キックオフ時間は未定となっております。決まり次第ホームページにてお知らせ致します。



                  IリーグU22Bvs日本体育大学U22E

                  0

                    2019年9月21日(土)、日本体育大学健志台キャンパスサッカー場にてIリーグU22Bvs日本体育大学U22Eが行われました。


                    前節の帝京戦では、後半のアディショナルタイムに追加点を上げ、引き分けとなりました。

                    また、今節の対戦相手となる日本体育大学U22Eとも前期は引き分けで試合を終えています。

                    日々の練習の成果を発揮し勝利を収められるよう闘っていきましょう!


                    アップの様子です。



                    2年山形を中心に、サブの選手も含め全員で良い雰囲気を作り上げます。


                    本日のスタメンです。



                    上段左から:4年中島、2年河辺、2年野澤、2年宇田川、2年柳田、1年櫻井

                    下段左から:2年山形、2年廣瀬(秀)、1年矢澤、1年大峡、2年酒本



                    成蹊大学ボールでキックオフします。


                    前半開始早々、2年宇田川がシュートを放ちます。しかし、バーに当たり得点には繋がりません。


                    前半3分、成蹊はFKを獲得します。キッカーは2年宇田川。1年矢澤が浮き玉にヘディングで合わせ、見事先制点を上げます。


                    前半3分

                    成蹊1-0日体


                    前半8分、2年山形がクロスを上げ、2年野澤が合わせますが日体GKにキャッチされます。


                    その直後、4年中島から2年酒本にグランダーパスを繋ぎシュートを打ちますが、惜しくも左に逸れます。


                    前半14分、日体のシュートを4年中島がクリアします。再度ゴールを狙われますが、1年GK櫻井がゴールを守ります。


                    前半17分、2年廣瀬(秀)から2年野澤にパスを繋ぎますが惜しくもシュートすることはできません。


                    前半中盤、日体に攻められる時間帯となります。しかし、2年山形を中心に全員でゴールを守りきります。



                    1年矢澤の「ここからだよ、しっかり集中しよう。」という声がサッカー場に響きます。


                    前半26分、日体が右サイドからシュートを放ちますが1年矢澤が反応し、ヘディングでクリアします。


                    前半29分、2年宇田川からのパスを受けた2年山形がゴール前までボールを運びます。最後は4年中島が頭で合わせますが、惜しくもゴールネットを揺らすことは出来ません。


                    前半32分、2年宇田川から4年中島、2年野澤と細かくパスを繋ぎ最後は2年廣瀬(秀)がゴールを狙いますが、日体GKに阻まれます。非常に惜しいシーンでした。



                    前半36分、日体のFKが続きます。

                    2年野澤と2年河辺がしっかりとクリアし隙を与えません。


                    前半40分、日体のシュートに1年GK櫻井が弾きますが、こぼれ球に相手が再度反応しゴールを狙われます。2年柳田がカットし、ゴールを許しません。


                    チーム全員一体となり闘う姿が強く見られます。


                    前半42分、2年宇田川が追加点を狙いシュートを打ちますが、日体GKに弾かれます。このこぼれ球に2年廣瀬(秀)が素早く反応し見事ゴールします。


                    前半42分

                    成蹊2-0日体


                    前半44分、日体のFKです。ゴールバーに当たり得点を逃れます。


                    前半45+1分、日体が繋ぐパスを2年河辺が奪いミドルシュート!しかし、日体GKに阻まれます。

                    続けて2年宇田川もゴールを狙い、シュートを打ちますが追加点とはなりません。


                    ここで前半終了です。



                    前半終了

                    成蹊2-0日体



                    HTに入ります。



                    HTでは、田口さんからお言葉を頂きます。


                    前半での課題を全員で話し合い、後半に向けてしっかりとお互いがコミュニケーションを取ります。学年の垣根を超え、お互い意見を伝え合える良いチームです。


                    日体ボールで後半がキックオフします。


                    後半5分、2年野澤が日体のパスを奪い、シュートしますが惜しくもゴール左へ逸れます。


                    後半11分、2年山形のスローインに2年野澤がヘディングで合わせ、4年中島に繋ぎますが惜しくも日体にカットされます。


                    後半13分、2年野澤が2年廣瀬(秀)にパスを繋ぎゴールを狙いますが後半初得点とはなりません。


                    2分後、2年廣瀬(秀)から2年河辺、2年野澤と2年生同士の素早いパスでゴール前まで運びますがシュートを打つことができません。



                    本日最初の交代です。


                    後半19分

                    2年酒本→4年馬渕


                    後半も両チーム一歩も引くことなく、攻め続ける試合となっています。


                    ここで試合が動きます。


                    後半23分、2年野澤が2年廣瀬(秀)にパスを繋ぎ、4年中島のシュートで成蹊は3得点目を獲得します。



                    後半23分

                    成蹊3-0日体


                    後半25分、日体にシュートを放たれますが1年GK櫻井がしっかりとキャッチします。


                    後半29分、更なる得点を狙い2年宇田川から2年野澤へパスを繋ごうとしますがタイミングが合いません。


                    ここで交代です。

                    後半31分

                    2年野澤→1年伯

                    2年宇田川→1年江幡


                    2年生に変わり1年生の登場です。

                    1年生は入部して6ヶ月が経ちました。新しいメンバーのプレーに期待が高まります。


                    後半36分、成蹊のCKです。1年江幡が送ったパスに4年中島が合わせシュートを放ちますがクロスバーに当たり惜しくも追加点とはなりません。


                    今節最後の交代です。

                    後半37分

                    1年大峡→2年加島


                    後半38分、4年馬渕のゴール前での短いパスを受けた2年廣瀬(秀)が合わせミドルシュートを放ちます。4点目獲得です!



                    後半38分

                    成蹊4-0日体


                    成蹊は最後まで貪欲に点数を奪いにいきます。


                    後半44分、2年柳田、2年廣瀬(秀)とパスを繋ぎ最後は1年江幡がシュートを放ちますが、ここは日体GKに阻止されます。



                    後半のアディショナルタイムは4分です。最後まで油断は禁物です。


                    後半45+1分、2年加島が日体のシュートに素早く反応しカットします。


                    両チーム共に点数を獲得しようと攻め合う試合が続いています。



                    後半45+2分、2年加島からのパスに1年伯が合わせ、前に運ぼうと1年江幡に繋ぎますがタイミングが合いません。


                    続けて1年伯がシュートを放ちますがゴール上を通過し、ラストプレーとなりました。


                    試合終了となります。


                    試合終了 成蹊4-0日体



                    前節、前々節と引き分けが続いていましたが勝利を収め、流れを変えることが出来ました。

                    追加点を得ても最後まで走り続け、サブの選手も含め常に声を出し全員で戦っている姿が非常に印象的なチームです。


                    本日はOB・OG並びに保護者の皆様、日本体育大学健志台キャンパスサッカー場まで足をお運び頂き誠に有難う御座います。日々支えて下さる皆様に心よりお礼申し上げます。

                    部員、マネージャー、スタッフ一同共に精一杯戦って参りますので今後とも変わらぬご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。


                    *次の試合のご案内*

                    2019年9月28日(土)

                    IリーグU22Bvs立正大学U22

                    @成蹊大学サッカー場

                    16:30kickoff


                    IリーグU22Avs朝鮮大学校U22

                    0

                      2019年9月14日(土)、朝鮮大学校グラウンドにて、IリーグU22Avs朝鮮大学校U22が行われました。


                      前期の朝鮮大学との対戦では、果敢に得点を狙うも0-0で引き分け、勝ち点1を積み上げました。本日こそは必ず勝利を収め、今期初勝利を飾りたいところです!



                      アップの様子です。



                      サブも合わせた全員で、一体感のあるアップを行います。



                      本日のスタメンです。



                      上段左から:3年松木、3年平生、3年豊田、3年福家、4年安部

                      下段左から:3年中田(隼)、4年引地、3年川島、3年澤、3年高木、3年湊



                      朝鮮ボールでキックオフです。



                      前半5分、3年高木がドリブルで前線へ駆け上がります。守備を崩し、シュートを放ちますが惜しくも枠の上へ逸れます。


                      直後、朝鮮がゴール前でクロスを上げますが、3年GK松木がキャッチします。



                      前半8分、4年引地が前線へ大きくパスを送り、成蹊はCKを獲得します。

                      キッカーである3年豊田が上げたクロスに3年福家が合わせますが、枠の右へ逸れます。



                      更に、3年平生が守備を崩しシュートを打ちますが、キーパーにキャッチされます。



                      得点チャンスに先制点への期待が高まります。



                      前半13分、3年川島がボールを受け、そのままシュートを放ちますが僅かに枠を逸れてしまいます。


                      直後、朝鮮も負けじと中央からミドルシュートを打ちますが、大きく枠を外れます。



                      前半20分、パスを受けた3年高木がそのままシュートへ向かいますがキーパーにキャッチされます。




                      どちらも先制点を狙い一歩も引かない状況が続きますが、なかなかゴールへ繋げることが出来ません。





                      前半32分、朝鮮が右サイドからドリブルで攻め込みシュートを放ちますが枠を逸れ、難を逃れます。



                      前半38分、朝鮮のCKです。上げられたクロスを3年GK松木が弾きますが、こぼれ球を拾われてシュートを打たれます。ここは3年豊田がクリアします。



                      一矢報いようと全員でゴールへ走りますが、ここで前半終了です。


                      前半終了

                      成蹊0-0朝鮮



                      HTに入ります。



                      大島コーチからお言葉を頂き、後半に向けて選手間で話し合います。


                      前半では惜しいシュートシーンが多くありました。後半はチャンスをものにして先制点を奪いたいところです。



                      後半が始まります。



                      後半4分、3年澤がクロスを上げますが、合わせることが出来ません。


                      直後、朝鮮がドリブルで攻め込み、3年GK松木と1対1になりますが、3年GK松木が弾きます。




                      後半10分、3年澤がクロスを上げますが、相手にクリアされます。こぼれ球を拾った4年安部がシュートを打ちますが、得点には繋がりません。



                      交代があります。


                      後半12分

                      3年福家→4年猪股

                      4年引地→4年岡田(俊)




                      後半15分、3年高木がドリブルで守備を突破しますが、シュートを放つことは出来ず、相手にクリアされます。


                      更に、3年豊田がミドルシュートを放ちますが枠を越えます。



                      粘り強くゴールを狙う姿勢により、シュートチャンスが増えています。ここで得点を決めて流れを掴み取りたいところです。



                      後半22分、成蹊がFKを獲得します。キッカー3年豊田が上げたクロスをキーパーが弾きます。

                      こぼれ球から再びクロスを上げ、3年中田(隼)がシュートを打ちますが、クリアされます。




                      交代があります。


                      後半23分

                      3年川島→4年西村


                      後半29分

                      3年豊田→4年森岡(仲)

                      3年平生→3年多田



                      後半34分、ペナルティーエリア内でファールを取られてしまいます。

                      朝鮮のPKです。

                      3年GK松木がシュートに反応しますが、止めることが出来ず、失点を許します。


                      成蹊0-1朝鮮


                      悔しい失点となってしまいましたが、誰1人下を向かずに、「大丈夫!取り返そう!」というプラスの声を掛け合います。



                      後半39分、4年西村がシュートを放ちますが、キーパーにキャッチされます。



                      ベンチの選手とスタッフが一体となって試合を見守る中、選手たちは必死に1点を取り返そうとボールを追いかけます。



                      アディショナルタイムは2分です。



                      後半45+2分、3年高木がボールを受け最後のシュートチャンスが訪れますが、得点には繋がりません。



                      最後の最後まで得点を狙い続けた選手たちですが、ここで試合終了のホイッスルが鳴り響きます。



                      試合終了

                      成蹊0-1朝鮮



                      全員で勝利を掴もうという気持ちが大きかっただけに、非常に悔しい結果となりました。この結果を受け止め、反省点を生かして来週の試合に向けて準備していきましょう。



                      本日もOB・OG並びに保護者の皆様、朝鮮大学校グラウンドまで足をお運び頂き、誠に有難う御座います。

                      皆様のご期待にお応え出来るよう、これからも選手・スタッフ一丸となり、精一杯練習に励んで参ります。

                      今後とも温かいご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。



                      *次の試合のご案内*

                      2019年9月21日(土)

                      IリーグU22Avs東京学芸大学U22

                      @成蹊大学サッカー場

                      16:30kick off


                      | 1/15PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM