Sat.リーグvs東京学芸大学

0

    2018年12月1日(土)、東京学芸大学総合グラウンドにてSat.リーグvs東京学芸大学が行われました。



    本日勝利すればSat.リーグ優勝という大一番の試合となります。



    3年森岡(仲)の指揮の元、優勝を狙いに行きます。


    今まで積み重ねてきた勝ち点を優勝に繋げられるよう本日も精一杯戦います。


    アップの様子です。



    3年生が多いため、いい雰囲気の中でも厳しさを保ちながらアップをします。


    本日のスタメンです。



    上段左から:2年森岡(亮)、3年加藤、3年飯沼、3年榎本、3年柄澤、3年平野


    下段左から:2年佐野、3年引地、3年猪股、3年小林(奨)、3年高橋



    成蹊ボールでキックオフです。



    序盤から積極的にゴール前までボールを運びますが、その後の連携がうまく取れない成蹊。



    一方で学芸は隙があれば中央突破し、シュートで攻めてきます。



    3年森岡(仲)が具体的な指示を出し、チームを鼓舞します。



    前半10分、チャンスをつくり3年飯沼が気持ちのこもったシュートを放ちますが、惜しくも左上に逸れ、得点には繋がりません。





    2年佐野と2年森岡(亮)の息の合ったパスワークが見られますが、ここもシュートまでは持っていくことが難しい様子です。


    前半16分には3年加藤が思い切ったシュートを打ちます。



    成蹊の攻守の連携がうまく取れてきました。序盤と比べ、落ち着きがあります。


    前半25分にはゴールから近い位置でのFKを獲得します。



    3年小林(奨)、同じく3年柄澤がキッカーとして立ちます。


    3年柄澤が打ったシュートは惜しくも右に逸れ得点には繋がりません。切り替えて先制点を決めに行きましょう。



    3年GK平野からも「落とすな!」の声がありました。


    前半31分には2年佐野がシュートを放ちますが、試合は動きません。



    この直後、後ろでボール回しをカットされ、すぐさまシュートに持っていかれますが、3年GK平野が対応します。ナイスセーブを見せます。



    集中を切らさず、まだまだ高めていきましょう。



    お互い譲らない戦いの中、試合が動いたのは前半38分、2年佐野の右からのセンタリングを2年森岡(亮)が反応し、相手GKを見ながらしっかり頭で合わせ決めてくれました。



    成蹊1-0学芸



    待望の先制点、優勝に一歩近づきました。



    しかし油断は禁物です。相手も引き分け以上で優勝が確定となります。



    より一層、得点に執着していかなければなりません。


    成蹊は勢いも付き、FW陣のハードワークが見られますが、チャンスを作り出すことができないまま、HTに突入します。


    決め切れなかった選手達から悔しいの声がありました。


    3年森岡(仲)が丁寧に戦術を立て、客観的に見た前半の反省を伝えます。



    後半もこの勢いを保てるかが重要になってきますが、再び気合いを入れ直して一致団結します。



    後半、学芸ボールでキックオフです。


    開始早々、相手のスピードを活かした攻撃を受けますが、前半終盤の落ち着きで対応します。



    DFは全員3年生で組まれており、連携がしっかり取れています。


    前半11分、再び3年飯沼がチャンスを作り出しますが、1対1になったところで相手GKに阻まれてしまいます。



    前半15分、3年小林(奨)が勢いよく走りサイドを突破しますが、ゴール前にいるFW陣とタイミングを合わせることができません。



    その後も3年小林(奨)の活躍が目立ちました。彼の得点に期待です。



    前半15分、ここで交代があります。

    3年榎本→2年杉森

    3年加藤→3年郷古

    3年柄澤→3年西村



    相手の応援が大きくなる中、選手達はピッチに立つ選手、サブの選手で声を掛け合います。



    しかし交代の直後、後半17分に相手が右サイドからシュートを放ち、ポストに当たりますが、そのこぼれ球を押し込まれ同点に追いつかれます。


    成蹊1-1学芸


    3年GK平野はよく反応出来ていましたが、止めることはできませんでした。


    そんな彼から切り替えの声が聞こえ、ピッチに立つ選手達も追加点を狙いに行きます。




    しかし、この後も試合は動きません。

    3年飯沼、2年佐野のシュートが目立ちますが、相手GKに難なく阻まれてしまいます。





    成蹊も隙を見ては相手に攻められますが、DF陣が体を張ってプレーします。


    後半39分にCKを獲得し、追加点を願いますが、ここも相手GKに抑えられ、得点にはならず。







    しかし、優勝を手にしたい成蹊は後半残り5分となっても何度かチャンスを作り出します。



    ATは3分、成蹊はCKを獲得し、追加点を決めに行きます。


    相手GKに弾かれ再びCK。

    キッカーは3年柄澤。

    うまくゴール前に蹴ることができましたが、ゴール前の選手達と合わせることができずクリアされます。


    ここで試合終了となりました。


    成蹊1-1学芸



    あと一歩のところで優勝を逃しましたが、選手達にとっては良いプレッシャーの中で格上の相手とプレー出来た良い機会になったと思います。


    しかし、結果にもまだまだ拘っていきたいところです。



    自分達の力を再確認出来たところで、再び精進して参ります。


    OB・OGならびに保護者の皆様、本日は足を運んで下さり誠にありがとうございました。勝利を1つでも多く掴み取れるよう、より一層努力して参りますので今後もご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。



    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM