Jr.リーグvs慶應義塾大学

0

    2019年5月8日(水)、慶應義塾大学日吉グラウンドにて、Jr.リーグvs慶應義塾大学が行われました。



    Jr.リーグでの連敗が続いていますが、3節目となる本日も、勝利へこだわり、チームとしても個人としても何かを得られる試合にしたいものです。



    また、本日はTOPチームの選手が多いため、週末の試合に繋げるためにも気持ちを全面に出して勝ちに行きましょう。




    アップの様子です。主将4年武田がここからまとめてくれます。



    十分にアップが出来、キックオフの時間になりました。



    本日のスタメンです。





    上段左から:3年中田(修)、3年伊崎、2年竹之下、4年加藤、4年清水、4年武田

    下段左から:4年坂下、4年小林(奨)、4年廣瀬(友)、4年竹本、4年渡辺



    成蹊ボールでキックオフです。



    開始早々、3年伊崎がボレーシュートを打ちますが、惜しくも枠を外します。



    序盤から成蹊は攻めの姿勢でボールを繋ぎます。



    相手にゴール前までボールを運ばれるも、成蹊の堅いDFが体を張ってシュートを阻止します。


    変わらず成蹊は攻めの姿勢で、前へ前へとボールを運んでいきます。



    前半7分、CKを獲得し、4年小林(奨)が蹴りますが、中の選手と上手く合わせることが出来ませんでした。



    続いて前半8分には、相手のセンタリングから成蹊DF陣の対応が上手くいかず、シュートまで持っていかれますが、ここは3年GK中田(修)がしっかりと見極めて、セーブ。





    前半10分、中盤での球際の競り合いに勝ち、4年廣瀬(友)がシュートしますが、相手GKに弾かれます。そのこぼれ球を4年竹本が押し込みゴール!先制点を挙げます。


    前半10分 成蹊1-0慶應







    その後も勢いは衰えることなく、中央からのセンタリングに4年小林(奨)が反応し、冷静に相手DFを1枚剥がしてシュートするものの相手DFに阻まれます。




    前半21分、4年坂下のクロスに3年伊崎が反応しますが上手く合わず。



    ここから試合は大きくは動かず、お互いに攻守を繰り返します。


    相手もゴール前までボールを運ぶ様子が多く見られるようになりましたが、成蹊DF陣がしっかりと対応していきます。


    前半29分には、相手のCKからカウンターを繰り出し、4年廣瀬(友)が3年伊崎にパスしますが、惜しくも相手GKに阻まれます。



    再び、お互い我慢の時間が続きます。


    前半36分、4年竹本が相手に競り勝ちボールを奪いますが、その後に繋げることが出来ず。



    序盤の勢いが見られなくなりましたが、集中力を取り戻したい時間帯です。



    結局試合は成蹊1-0慶應のまま動かず、前半終了です。


    前半終了 成蹊1-0慶應


    スタメンだけではなく、サブも含めて全員で話し合います。前半の課題についてもですが、後半どう改善して戦うのか、というところまで話し合えていました。


    HTの交代です。

    4年GK中田(修)→4年GK平野

    4年渡辺→4年岡田(俊)

    4年坂下→3年青嶋

    4年廣瀬(友)→4年岡野

    4年小林(奨)→3年纐纈



    Jr.リーグの連敗を止めるために、そして週末の試合に繋げるために、追加点を決めて勝ち越しましょう。



    後半は慶應ボールでキックオフです。


    後半3分、9分と隙を突かれ、相手にシュートを許しますが、GK4年平野が弾いてゴールを死守します。



    後半11分には近い位置からFKを獲得するもモノに出来ず。



    6枚目の交代です。

    後半15分

    4年竹本→3年中田(隼)



    後半17分、相手にゴール前までボールを運ばれ、成蹊DFが反応するも、剥がされてしまいます。4年GK平野と1対1になる間も無く、シュートを打たれ、失点。


    後半17分 成蹊1-1慶應



    その後も相手にシュートを許しますが、4年GK平野がいい反応を見せてくれます。


    本日最後の交代です。

    後半19分

    4年武田→2年山口

    3年伊崎→4年中島



    相手の運動量を魅せられる場面が多く見られます。





    後半28分、3年纐纈のセンタリングに4年中島が反応しますが相手GKに阻まれます。



    その後、後半29分には相手が右サイドから上げたクロスに頭で合わせられ、失点します。


    後半29分 成蹊1-2慶應



    選手達は懸命に切り替えるものの、後半35分、相手にPKを与えてしまいます。




    4年GK平野は強い気持ちで立ち向かいますが、惜しくもピンチを切り抜くことは出来ません。


    後半35分 成蹊1-3慶應





    写真:4年竹本


    今期副将となり、チームのサッカー面での強化を図ってくれています。サッカーに真っ直ぐで、誰よりも努力を惜しまない選手です。


    交代後も、懸命にピッチ内の選手に声を掛け続けます。



    後半45+1分、相手にシュートを許しますが4年GK平野が弾き、そのボールを再び打たれますがしっかりセーブ。



    ここで試合終了です。

    トータル 成蹊1-3慶應



    TOPチームとして、今自分やチームに足りないものが見えたのではないでしょうか。


    しかし最後まで気持ちを強く持ち戦った選手を讃えたいものです。


    切り替え、週末の都リーグ、次節のJr.リーグで活かすことができればと思います。



    本日もOB、OG並びにご家族の皆様、慶應義塾大学日吉グラウンドまで足を運んで頂き、誠にありがとうございます。

    次節に向けてより一層精進して参ります。選手、マネージャー共々精一杯努力して参りますので、今後共変わらぬご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。


    *次節のご案内*

    2019年5月25日(水)

    Jr.リーグvs学習院大学

    @成蹊大学サッカー場

    18:30kick off



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM