IリーグU22Bvs國學院大學U22

0

    2019622日(土)、國學院大学たまプラーザグラウンドにてIリーグU22Bvs國學院大学U22の試合が行われました。



    前節は悪天候の為中止となってしまいましたが、その前の帝京戦では惜しくも勝ち切ることができませんでした。反省を生かして今節は勝利を収めましょう。



    ミーティングでは、2年生の選手を中心にして、スタメンサブに関わらず全員で戦おうと勝利に向けて気持ちを入れます。



    アップの様子です。



    小雨が散らつく中、チーム全員でアップを行い、互いに声をかけて行きます。




    本日のスタメンです。



    上段左から:1年多川、2年猿渡、2年河辺、2年柳田、1年芥川、2年島貫

    下段左から:2年中根、2年宇田川、2年山形、1年片山、1年矢澤




    國學院ボールでキックオフです。



    開始早々、1年芥川が相手サイドに果敢に攻めに行きます。この流れに乗っていきたいところです。



    前半6分、國學院のCKとなりますが、ここはしっかりと全員で守り抜きます。



    前半11分、1年片山がクロスをあげるもタイミングが合わず、惜しくも先制点とはなりません。





    続けて前半15分、2年中根がゴール前にパスを出すも、ここもタイミングが合わず、相手にクリアされます。




    ピッチでは両校の激しいボールの取り合いが続きます。




    前半17分、國學院がシュートを放ちますが、ここは枠外にそれます。



    前半19分、國學院がクロスを上げゴールを狙ってきますが、ここは2GK島貫が落ち着いてセーブします。




    國學院の攻めが続きます。



    前半21分、國學院のCKです。ゴール前にクロスが上がりますが、成蹊の徹底した守備でゴールを守ります。





    前半も中盤に差し掛かりますが、両者譲らぬ戦いで得点の変動はありません。

    先制点を狙っていきましょう!




    前半28分、2年宇田川がゴール前にパスをしますがタイミングが合いません。こぼれ球に1年多川が素早く反応し、直接シュートを狙いますが、惜しくも得点とはなりません。



    このシュートで勢いづいた成蹊は、全員で攻めていきます。



    前半31分、成蹊がFKを獲得します。1年片山がボールを上げ、1年芥川が上手く合わせヘディングして得点を狙いますが、ここは相手GKが阻止します。



    前半34分、2年中根が直接シュートを狙いますが、ここも相手GKに阻まれます。



    続いて前半38分、成蹊のCKです。2年宇田川があげたボールは惜しくも逸れますが、1年芥川がそのこぼれ球に反応し追いかけ続けます。



    前半43分、1年片山がクロスを上げ、2年中根が合わせに行きます。このシュートは相手に阻まれてしまいますが、こぼれ球に2年山形がすかさず反応しシュートも放つもこちらも惜しくも上に逸れてしまいます。


    成蹊が大きなチャンスを掴むも、取り切ることができません。



    前半45分、2年中根が前にパスを出しますが、相手の守備に阻まれてしまいます。




    ここで前半終了です。


    前半終了

    成蹊0-0國學院



    HTに入ります。



    学年の垣根を超えて、互いに前半での反省や改善点を共有します。気持ちを入れ直し、後半で得点を挙げていきましょう!




    HTでの交代です。

    1年矢澤→1年大峡




    再び選手はピッチに戻り、円陣を組みます。





    後半キックオフです。




    後半7分、國學院がゴールを狙うも成蹊の守備で弾きます。こぼれ球を再度シュートしますが、こちらは上に逸れます。



    後半9分、成蹊がCKを獲得します。2年宇田川がクロスを上げますが、ここはタイミングが合わず得点に繋がりません。



    ここから國學院の攻撃が続きますが、2GK島貫がナイスセーブを見せ、得点を許しません。





    ここで交代があります。


    後半16分

    2年中根→1年江幡

    2年宇田川→2年野澤




    2人の選手が交代です。

    後半も中盤に差し掛かってきましたが、未だ得点の動きはありません。得点を狙い、全員で力を合わせボールを追いかけ続けます。




    後半24分、成蹊は得点に向け攻めていきますが、國學院の守備によってゴールを決められません。




    互いに守備も徹底し、ゴールを許さない戦いが続きます。




    後半29分、成蹊がCKを獲得しチャンスが訪れます。

    キッカーは1年江幡です。クロスを上げ合わせに行きますが、混戦となり得点には繋がりません。




    後半33分、國學院がシュートを打ち2GK島貫が一度はセーブします。しかしこぼれ球を再び國學院が拾い、そのままゴールを奪われ、先制点を許します。



    後半33分

    成蹊0-1國學院




    残り時間も僅かとなってきています。選手達は今一度気持ちを引き締め、走り続けます。




    後半39分、1年江幡が2年野澤にパスをしシュートを打つも、ここも相手GKに止められます。




    しかしここから成蹊の粘り強い攻撃が続きます。




    後半43分、1年片山がクロスを上げそのこぼれ球を1年大峡が拾いパスをします。パスを受けた1年江幡がゴール前にクロスを入れて、2年野澤が押し込み、念願の得点となります。



    後半43分

    成蹊1-1國學院



    終盤でのこの得点に、ピッチの選手達はもちろんベンチの選手もみんなで歓声をあげます。

    残り時間僅かですが、追加点を狙っていきましょう!




    続けて後半44分、後ろからのパスを受けた2年野澤がシュートを打つも、惜しくも枠外となります。



    後半45分です。1年片山が相手のクリアボールを拾いクロスを上げ、2年野澤が足で合わせ見事ゴールネットを揺らします。連続の得点で、会場全体が盛り上がります。



    後半45分

    成蹊2-1國學院






    後半は先制点を許しましたが、全員の諦めない気持ちが勝り、見事逆転を収めることが出来ました。




    ここで試合終了のホイッスルが鳴ります。


    試合終了

    成蹊2-1國學院




    中盤までは互いにボールを取り合う激しい試合でしたが、選手達の粘り強さを最後まで感じることが出来ました。


    今節の勝利は成蹊にとって非常に大きい結果です。暫定順位も5位から4位に浮上しました。次節もこの結果を生かして、勝ち切りましょう。




    本日も、OBOG並びにご家族の皆様、お足元の悪い中國學院大學たまプラーザグラウンドまで足を運んでくださり、誠に有難うございます。皆様の応援により見事勝利を掴み取ることが出来ました。今後ともご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。




    *次の試合のご案内*

    2019629日(土)

    IリーグU22Bvs東京国際大学U22F

    @成蹊大学サッカー場

    16:00kickoff



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM