IリーグU22Bvs日本大学U22B

0

    2019年7月6日(土)、日本大学稲城総合グラウンドにてIリーグU22Bvs日本大学U22Bの試合が行われました。


    前節では東京国際大学U22Fに3-0と見事勝利を飾りました。


    今節ではこの良い流れに勢いをつけていきたいところです。全員で一つになり頑張っていきましょう!


    ミーティングでは、きつい時間帯が多いと思われるがそんな時こそ相手より走って勝ちに繋げいこうと選手たちは心を一つにします。


    アップの様子です。



    朝から降っていた雨も止み、過ごしやすい気温となっています。積極的に声を掛け合い、良い雰囲気の中確実に調子を上げていきます。試合に向けて全員の集中が高まります。


    本日のスタメンです。



    上段左から:2年野澤、2年猿渡、1年芥川、2年河辺、2年柳田、2年島貫

    下段左から:2年宇田川、2年廣瀬(秀)、1年江幡、1年大峡、1年矢澤



    成蹊ボールで前半キックオフしました。


    前半5分、相手が中央からシュートを放ちますがゴール左に逸れます。


    前半16分、再度相手が右からシュートしますがここもゴール左に逸れます。


    続いて相手のCKです。上がったクロスにヘディングでシュートを狙いますが2年GK島貫がゴールを阻みます。その後も立て続けにシュートが放たれますが2年GK島貫がクリアしてゴールを守りきります。


    前半27分、2年宇田川がドリブルをし、1年大峡にパスを繋ぎます。再度2年宇田川にボールが戻りシュートを放つも相手GKに阻まれます。とても惜しい場面です。


    その後の成蹊の危ない場面にも、2年GK島貫が落ち着いて対応します。


    前半30分、成蹊にチャンスが訪れます。1年江幡がクロスを上げ、相手に当たったところを2年宇田川が拾い、シュートを打つもここは相手GKにクリアされ阻まれます。


    前半33分、相手がシュートを放ちますがゴール左に大きく逸れます。


    前半34分、2年GK島貫が前線にロングボールを送りますがここは流れてしまいます。



    今度は相手のロングボールが前線に送られますが、2年河辺がボールを奪い戻し成蹊が攻めます。


    前半36分、2年宇田川がシュートを放ちますがここはゴール上を超えてしまいます。


    成蹊の果敢な攻めに、ゴールへの期待が高まります。



    前半39分、相手が右側からクロスを上げシュートを放ちますが、2年GK島貫が冷静にキャッチします。


    前半41分、相手のCKです。危ない場面にも2年廣瀬(秀)がヘディングでクリアしてゴールを守ります。


    成蹊の堅い守備が相手の得点を許しません。


    前半43分には相手が右側からシュートを放ちますがゴール横を逸れていきます。


    両チームとも、一歩も譲らない展開となっています。



    ここで前半終了です。



    前半終了

    成蹊0-0日大




    HTに入ります。



    田口さんのお言葉があります。


    2年河辺や2年GK島貫を中心にボードを使いながら戦術を再度確認し、後半に向けて集中を高めていきます。学年関係なく各ポジションの選手同士積極的に話し合います。


    前半では選手全員がしっかりと走りながら連携を取ります。一進一退の中、積極的にゴールを狙う姿勢が見受けられました。



    HTに交代があります。

    1年江幡→2年酒本


    1年生に代わって登場した2年生の活躍に期待しましょう!



    再び交代の選手も含め全員で円陣を組み、ピッチに戻っていきます。



    日大ボールでキックオフしました。


    ゴールに期待しましょう!


    後半3分、早くもチャンスが訪れます。成蹊のCKです。しかし、流れてしまいゴールには繋がりません。


    後半4分、右からシュートを放ちますが相手GKにキャッチで阻まれます。


    後半11分、2年酒本がシュートを放ちますが、相手にクリアされます。

    立て続けに、1年矢澤がシュートを放ちゴールを狙いますが今度は相手GKにクリアされます。


    後半12分、再び2年酒本がシュートを放つも相手GKに阻まれます。


    後半開始から成蹊の果敢な攻めが続き、ゴールへの期待が高まります。



    後半14分、相手がシュートしますが、ゴール左に逸れます。危機一髪の場面に緊張が走ります。


    後半15分、2年酒本がシュートを放ちますがここはゴール右に逸れます。


    後半16分、危ない場面に2年GK島貫がナイスセーブをします。


    成蹊の惜しい場面が続き、得点への期待と共にベンチにいる選手の応援も熱が入ります。



    ここで前半から攻め続けいていた成蹊にチャンスが訪れます。


    後半20分では、立て続けに2度放たれた相手のシュートにも2年GK島貫がキャッチし、ゴールをしっかりと守り切ります。

    相手の得点を許しません。

    成蹊の堅い守備がみられます。


    後半21分、2年酒本がドリブルで駆け抜けシュートを放ちますが、惜しくも相手GKにクリアされます。




    ここで再び交代があります。


    後半23分

    2年宇田川→2年中根


    サブの選手にハイタッチで見送られます。



    ベンチにいる田口さんからは「もう一回集中しよう」とお言葉があり、選手たちは再度集中し直し「点取り行こう!」と声を掛け合います。


    後半26分、2年野澤がシュートを放ちますが惜しくもゴール横へと逸れます。



    2年猿渡が2年中根へとボールを前線に送りますがここは合いません。


    後半32分、2年河辺がクロスを上げチャンスを作ろうとするも誰も合わせることができません。


    ここで交代があります。


    後半36分

    1年大峡→1年岡田(侑)


    同期からしっかりと想いを繋ぎます。


    後半37分、相手のCKです。一旦流れたこぼれ玉に反応した相手のシュートに、2年GK島貫が落ち着いてキャッチします。


    後半40分には日大のCKで攻められる場面となりますが守備を中心にみんなでゴールを守ります。


    その後、成蹊がパスを繋いでいきゴール前線に向かうも得点とはなりません。



    試合終了

    成蹊0-0日大



    両者共に一歩も譲らない中で、チャンスを作り出し積極的に攻めることのできた試合となりました。

    結果は引き分けとなりましたが、この姿勢を忘れることなく、次節でも全員で勝利を目指し頑張っていきましょう!



    今節で見つけた課題点を必ず次節で活かしていけるよう、今週からも練習に取り組み、全員で頑張っていきましょう!


    本日はOB・OG並びにご家族の皆様、日本大学稲城総合グラウンドまで足を運んで頂き、誠に有難う御座います。

    日々お世話になっている皆さまへの感謝を忘れず、選手・マネージャー一同より一層精進して参りますので、変わらぬご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。



    *次の試合のご案内*

    2019年7月20日(土)

    IリーグU22Bvs慶應義塾大学U22B

    @成蹊大学サッカー場

    16:30kick off



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM