IリーグU22Bvs東京国際大学U22F

0

    2019年8月24日(土)、東京国際大学坂戸キャンパス第2サッカー場にてIリーグU22Bvs東京国際大学U22Fの試合が行われました。



    今節はIリーグU22Bにとって後期開幕戦となる大事な試合です。



    前期は東京国際大学U22Fに3-0と勝利を収めています。今回も勝利を目指し、仲間と共に戦いましょう。




    アップの様子です。







    U22Bの仕切りである2年河辺、2年山形を中心にアップが進みます。サブの選手達も盛り上げ、全員で戦おうという姿勢が見られます。



    試合前には戦術の確認をし、意思統一を図ります。







    上段左から:4年中島、2年河辺、2年野澤、2年柳田、1年芥川、1年長島

    下段左から:2年廣瀬(秀)、1年片山、1年矢澤、1年大峡、2年酒本




    東京国際大学ボールでキックオフです。




    前半が始まります。



    立ち上がりは負けず劣らず、攻めるタイミングを見計らいます。



    前半6分、相手に攻め込まれシュートを打たれますが、DF陣の堅い守備でゴールを守ります。


    1年大峡が積極的に相手の守備を崩しにボールを奪いに行きます。それを見た他の選手もボールを追い続けます。


    前半12分、成蹊のCKです。キッカーは2年酒本。相手GKにキャッチされますが、彼の細かい技術には目が離せません。


    相手が自陣へドリブルで攻め込んで来る時もありますが、2年柳田、2年河辺、1年矢澤、1年片山の見事なDF陣の連携でシュートを打たせません。


    前半18分、成蹊のCKです。2年酒本のクロスボールは相手にクリアされますが、そのこぼれ球に1年大峡が良い反応を見せ、再度クロスを上げます。

    4年中島が合わせシュートしようとしますが相手DFの守備に敵わず、決め切ることは出来ませんでした。


    前半20分、成蹊のCKです。こぼれ球を1年大峡がシュートしますがゴールとはなりませんでした。選手達からは「最後までやり切ろう!」と声が掛かります。


    前半26分、30分と2年酒本がシュートしますが中々ゴールとはなりません。チャンスを無駄にせず、得点に繋げたいところです。







    前半31分、4年中島がゴール前の2年酒本にパスを出しますが上手く合わせられず、シュートとはなりません。



    ここまで成蹊が攻め続け、相手に隙を見せないプレーをしています。攻め込まれても相手の攻撃を1年片山が阻止し、何度もピンチを救います。



    前半34分、2年廣瀬(秀)から前線の1年大峡へロングパスが送られます。そのまま駆け込み1年大峡がシュートしますがGKにキャッチされます。


    前半36分、37分と立て続けに相手にシュートされます。前半終盤となってきたので、良い流れになるよう、立て直していきたいです。







    前半42分、相手のFKです。相手が仕掛けてきますが、1年片山が最後まで追い続けクリアします。



    相手のチャンスを自分達のチャンスに変えられるよう、選手達は諦めず走り続けます。



    前半43分、44分と相手のCKです。シュートされ危ない場面でしたが、成蹊の堅い守備を破られることはありませんでした。


    前半45分には2年酒本が、前半45+1分には4年中島がシュートしますが、どちらも逸れてしまい得点とはなりませんでした。







    前半終了

    成蹊0-0東京国際




    前半は成蹊が攻めていたものの、決定機で決め切れず、同点となりました。シュートで終わる事は出来ていますが、その先の得点には繋げられていません。



    HTには学年関係なく、全員で改善点を話し合います。前半の反省点を後半で挽回できるよう、再び細かい戦術の確認をします。




    後半が始まります。




    後半4分、成蹊のCKです。キッカーは2年酒本。4年中島が反応しシュートしますが決まりませんでした。


    後半5分、ボールを取られ、そのまま相手がドリブルで攻め込んできます。シュートされ、相手のCKとなります。守備陣がゴールを守り抜きます。



    成蹊はセットプレーにも柔軟に対応出来ています。



    後半8分、2年野澤が1年大峡に絶妙なパスを出しシュートしますが、GKに止められます。


    後半9分、成蹊にチャンスが訪れます。4年中島がシュートをしますが相手に当たってしまいます。そのこぼれ球を2年酒本がシュートをし、念願の先制点です!







    成蹊1-0東京国際



    本日の初得点に、全員で喜びます。この良い流れに乗り、得点を重ねていきたいです。



    後半15分、成蹊にピンチが訪れます。相手がパスを繋ぎ、ゴール前までボールを運ばれます。強いシュートを打たれますが、1年GK長島が冷静にセーブします。


    後半16分、相手のCKです。1年芥川がクリアします。相手にチャンスは与えません。


    後半20分、成蹊のCKです。キッカーは先制点を挙げた2年酒本。2年酒本のクロスボールはクリアされますが、1年大峡がゴール前の2年酒本にパスを出します。合いませんでしたが、何度も果敢に挑戦します。



    2年酒本の2得点目に期待です。



    後半21分、1年矢澤が力強くシュートを打ちますが、惜しくも上に外れてしまいます。ですがCKへと繋げます。ゴールとはなりませんでしたが、益々攻撃に力が入ります。



    後半残り約半分となりました。



    中盤で奪い切りシュートへ繋げたり、前線で駆け引きをしたりと、余裕を持ったプレーが出来ています。相手に攻めるタイミングを与えません。



    2点目、3点目と前期と同じように差を広げていきたいところです。



    後半31分、相手のCKです。1年矢澤が落ち着いてクリアします。



    後半34分、ここで1人目の交代です。

    1年大峡→2年山形



    後半36分、成蹊のCKです。キッカーは2年酒本。ゴール前の2年野澤や4年中島が合わせようとしますが、そのまま流れてしまいます。



    今日の試合は、多くのCKを獲得しましたが、セットプレーでの得点は未だありません。



    後半39分 交代

    4年中島→2年宇田川


    後半41分 交代

    1年芥川→1年岡田(侑)



    後半43分、2年宇田川が左サイドから攻め込みシュートしますが相手の守備を突破できません。







    残り時間は僅かとなって来ました。交代選手の活躍にも期待がかかります。



    後半44分、1年片山が右サイドからクロスボールを上げ、それを1年岡田(侑)が頭で合わせます。吸い込まれるようにゴールに入り、追加点となります。


    交代してから約3分でのゴールです。素晴らしい彼のゴールに選手達から拍手が送られます。





    写真:1年岡田(侑)



    成蹊2-0東京国際



    後半45+1分、2年廣瀬(秀)が2年酒本にパスを出し、2年酒本が相手を1人交わしシュートします。見事シュートが決まり、2年酒本は今試合2得点目となります。





    成蹊3-0東京国際



    試合終了です。

    成蹊3-0東京国際



    後半で3得点を挙げることが出来できました。日々の練習の成果、そして後期のIリーグ開幕戦にかける想いが力に変わり、全員で勝利を掴み取りました。



    成蹊大学U22Bは、後期のIリーグ全勝という目標を掲げています。その目標を達成出来るよう今後も努力して参ります。



    本日はお暑い中、OB・OGの皆様、ご家族の皆様、東京国際大学坂戸キャンパス第2サッカー場までお越し頂き誠にありがとうございます。

    日々お世話になっている皆様への感謝を忘れず、選手・マネージャー一同、より一層精進して参りますので、変わらぬご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。



    *次の試合のご案内*

    2019年8月31日(土)

    IリーグU22Bvs日本大学U22B

    @成蹊大学サッカー場 

    16:30kick off



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM