IリーグU22Avs拓殖大学U22D

0

    201997日(土)、拓殖大学八王子国際キャンパスサッカー場にて、IリーグU22Avs拓殖大学U22Dが行われました。




    前節では東京国際大学U22E0-2と負けてしまいましたが、本日は必ず勝利を収めていきたいところです!



    晴天の中アップが行われます。







    本日のスタメンです。



    上段左から:4年榎本、3年澤、3年湊、3年多田、3年福家、4年栗林

    下段左から:3年中田(隼)、3年高木、3年豊田、3年川島、4年安部



    各々しっかり準備をし、集中を高めます。



    成蹊ボールでキックオフします。




    最初にシュートを放ったのは成蹊。

    前半1分、3年豊田がサイドからシュートしますが、枠を外れます。


     


    その後も3年高木、3年多田がチャンスを作り出しますが、ゴール前で相手にカットされてしまいます。


    惜しいシーンにベンチが湧きます。





    前半6分、相手がミドルシュートを放ちますが、ポストに弾かれます。



    両者が積極的にゴールを目指しますが、先制点は得られません。




    成蹊は果敢にパスを回し、ゴールに迫ります!


    前半22分、3年多田が抜け出し、3年高木がパスを受けます。そのままシュートを放ちますが、バーの上に流れます。



    3年福家や3年豊田が相手のボールを奪い、チャンスを作り出します。



    前半40分、3年豊田が3年福家にクロスボールを送りますが、上手く合わずゴールとはなりません。



    そのまま前半は終了します。


    成蹊0-0拓殖




    HTでは、大島コーチからお言葉をいただきます。




    互いの意見を交わし、後半に繋げます。



    少しずつ風が吹いてきました。


    後半は先制点を獲得し、勢いに乗りましょう!




    後半開始です。



    後半4分、相手に隙を突かれ、ゴールを許してしまいます。

    まだ後半始まったばかりです。

    気を落とさず、切り替えましょう!


    成蹊0-1拓殖



    ここで、交代があります。


    後半7 

    3年多田→4年郷古 


    3年多田は多くのチャンスを見せてくれました。

    4年郷古の貪欲に得点を狙うプレーに期待しましょう!



    後半8分、3年高木がクロスを上げます。しかし、流れてしまいます。


    後半16分、3年豊田がペナルティエリア内で倒され、PKを獲得します。




    後半17分、成蹊のPK

    4年榎本が仲間の期待を胸にキッカーを務めます。見事にゴールネットを揺らし、同点弾をマークします!


    成蹊1-1拓殖


    追加点を狙っていきましょう!



    後半22分、3年高木が放ったシュートはクリアされ、CKを獲得します。

    キッカーは3年豊田。3年中田(隼)がシュートを打ちますが、枠を外れます。



    後半27分、ペナルティエリア内でクリアをしたところファールを取られ、相手にPKを与えてしまいます。

    4GK栗林に願いを込めますが、決められてしまいます。


    成蹊1-2拓殖


    時間はまだあります。

    諦めずに攻めていきましょう!



    交代があります。


    後半
    29 

    3年川島→4年引地 


    3年川島は落ち着いたプレーで危機を救ってくれました。

    4年引地は献身的な守備を見せてくれることでしょう。 




    相手ボールの時間が長くなります。

    相手がゴール前まで迫ってきますが、4GK栗林が体を張って失点を防ぎます。



    再び、交代があります。


    後半35 

    3年豊田→3年猪飼 


    3年豊田は積極的にボールを奪い、ゴールを狙ってくれました。

    3年猪飼はテクニックのあるプレーからチャンスを作り出してくれることでしょう!



    後半45+1分、4年郷古が走りこんできた3年中田(隼)にパスを出し、3年中田(隼)がヘディングシュートを放ちますが、僅かにゴール右に逸れます。




    後半45+2分、FKを獲得します。

    キッカーは3年福家。そのままゴールを狙いますが、惜しくも枠を外れます。




    ここで、試合終了です。


    成蹊1-2拓殖




    選手たちの表情からは悔しさが伺えます。


    大島コーチからは4年生にとって残り少ない試合だが、初勝利した国士舘戦を思い出し、みんなで自覚を持って戦おうとのお言葉をいただきます。


    勝てない試合ではなかったことから、更に悔しく思いますが、この悔しさをバネに来週のトレーニングに励んで参ります。




    本日もお暑い中、会場までお越しくださり誠にありがとうございました。皆様の声援を受け、選手・スタッフ共に大変嬉しく思います。

    本日の反省を次節に繋げ、1つでも多くの勝利を積み重ねて参りますので、今後とも温かいご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。




    *次の試合のご案内*

    2019914日(土)

    IリーグU22Avs朝鮮大学U22

    @朝鮮大学校グラウンド

    16:30kick off



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM