第52回東京都大学サッカーリーグ第14節vs日本大学文理学部

0

    2019年9月15日(日)、日本大学生物資源科学部グラウンドにて、東京都大学サッカーリーグ戦第14節vs日本大学文理学部が行われました。


    前節では亜細亜大学に1-3と悔しい結果に終わってしまいました。現在、成蹊大学は2位です。1位朝鮮大学との勝点差は8点となり、3位亜細亜大学、4位一橋大学も刻々と迫ってきています。1部リーグ昇格に向け、全員で力を合わせて勝利を掴みましょう。



    ミーティングでは4年武田から、「簡単に勝てる試合などないのだから、一試合ずつ大切に終始妥協せずに全力で走り抜こう」との力強い言葉がありました。



    アップの様子です。



    ベンチ入りしているメンバー全員でコミュニケーションを取りながら調整していきます。応援席からも声援が飛び交います。



    本日のスタメンです。



    上段左から:2年島貫、4年廣瀬(友)、4年渡辺、2年江部、3年森田、4年武田


    下段左から:4年坂下、3年青嶋、2年山口、4年竹本、4年岡野


    2年GK島貫にとっては本日が都リーグデビュー戦です。練習通りの強さを見せつけて欲しいです。


    全員で円陣を組み、士気を高めます。



    日大文理ボールでキックオフです。


    前半3分、成蹊がCKを獲得します。4年渡辺がゴール前にボールを送り込みますが点数へは繋がりません。

    その後、日大文理にFKを与えてしまいます。日大文理は前線へボールを大きく蹴り込みますが4年竹本が落ち着いて対処します。


    続けて成蹊がFKを獲得します。4年渡辺がゴール前にクロスを上げ2年江部が合わせますが、枠を外れてしまいます。非常に惜しいシーンでした。


    前半6分、4年岡野がドリブルで日大文理を交わし、シュートを放ちますがクリアされてしまいます。



    前半中盤、成蹊もゴール前へボールを運び先制点を狙います。

    3年森田がクロスを上げ、3年青嶋がゴール前までボールを運びますが、日大文理にクリアされます。3年森田は冷静で安定感のあるプレーを見せてくれます。




    写真:3年森田

    その後も両者一歩も譲らない試合が続きます。


    成蹊がFKを獲得します。パスを受けた3年青嶋がクロスを上げ、4年岡野が合わせますが、惜しくも相手GKにキャッチされてしまいます。





    前半24分、成蹊がCKを獲得します。4年渡辺がゴール前へボールを送りますが相手GKに弾かれてしまいます。



    日大文理の攻めの場面が続きます。

    前半33分、日大文理がクロスを上げ、シュートを放ちますが枠を外れます。


    成蹊GK・DF陣がゴールを防ぎ、点数を与えません。


    前半42分、成蹊がFKを獲得します。4年渡辺がボールを放ちますが相手にクリアされてしまいます。



    前半44分、相手の隙を突いた4年武田がミドルシュートを放ちますが枠を外れてしまいます。


    ここで前半終了です。


    前半終了

    成蹊0-0日大文理




    HTでは個人で話した後に全員で意見を出し合い、戦略を立てていきます。前半での課題を改善し後半に向け引き締めていきましょう。


    HTでの交代です。

    HT

    2年山口→1年芥川


    1年芥川は初めての都リーグ出場となります。成蹊に新たな風を起こしてくれる事を期待しましょう。



    後半に向けて、円陣を組みます。



    成蹊ボールでキックオフです。


    後半2分、日大文理のCKです。ゴール前にクロスを上げられますが、4年武田が大きくクリアします。


    後半8分、成蹊がCKを獲得します。4年渡辺がクロスを上げますが日大文理にクリアされてしまいます。


    後半11分、4年廣瀬(友)がヘディングしたボールを3年青嶋が拾いミドルシュートを放ちますが僅かに逸れてしまいます。チャンスを狙っていきましょう。


    後半12分、日大文理のCKです。中央にクロスを上げられますが2年GK島貫がクリアします。

    ここで試合が動きます。


    後半15分、成蹊がFKを獲得します。4年渡辺がゴール前にボールを上げ、1年芥川が頭で合わせゴールネットを揺らします。


    後半15分

    成蹊1-0日大文理



    念願の先制点です。ベンチ、応援席からも喜びの声が飛び交います。初出場にして初得点と、更に彼への期待が高まりました。この勢いに乗って追加点を狙って欲しいところです。


    後半17分、成蹊がCKを獲得します。4年渡辺がクロスを上げ、こぼれ球を4年岡野がゴールに押し込みます。見事な追加点です。


    後半17分

    成蹊2-0日大文理



    連続得点となり、チームに喜びが広がります。ここで油断しないよう、もう一度気を引き締めて、更なる追加点を狙っていきましょう!


    ここで交代です。


    後半20分

    4年武田→4年大森



    後半23分、4年大森が3年青嶋にパスし、シュートを放ちますが枠を外れてしまいます。


    交代があります。

    後半29分

    3年青嶋→4年榎本


    全員で協力して、ゴールを狙っていきましょう。


    後半32分、成蹊のCKが続きます。キッカーは4年渡辺。ボールをゴール前に流し込みますが上手く繋がりません。



    後半37分、日大文理が成蹊の隙を突き、シュートを放ちますが成蹊がクリアしゴールを免れます。


    続けて日大文理のCKです。ここは3年森田が落ち着いて処理します。



    後半41分、ゴール前の混戦から日大文理がシュートを放ちゴールを決められてしまいます。



    後半41分

    成蹊2-1日大文理


    残り時間僅かですが、失点を抑え勝ち点3を掴みたいところです。


    ここで交代です。

    後半45+2分

    3年森田→1年片山


    1年片山も都リーグ初出場となり、期待が高まります。


    後半45+3分、日大文理のFKです。前線へ大きく蹴り込まれたボールをヘディングでゴールに押し入れようとしますが2年GK島貫がキャッチします。



    ここで試合終了のホイッスルがグラウンドに鳴り響きます。


    試合終了

    成蹊2-1日大文理



    本日は初出場の選手が多い中、選手達の勝利に対する強い想いを感じられた一戦でした。


    成蹊は優勝を狙える順位に位置します。

    目標としている2部リーグ優勝・1部リーグ昇格を達成するためにも、残り4節全勝出来るよう日々の練習に取り組んでいきましょう。



    OB・OG並びに保護者の皆様、本日は残暑の中、日本大学生物資源科学部グラウンドまで足を運んで頂き、誠に有難う御座います。皆様のご支援のお陰で日々の活動に励むことが出来ております。

    蹴球部一丸となり、力を合わせ精進して参りますので、今後共変わらぬ温かいご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。


    *次の試合のご案内*

    2019年9月22日(日)

    東京都大学サッカーリーグ戦第15節vs武蔵大学@成蹊大学サッカー場

    11:00kickoff





    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM