IリーグU22Avs東京学芸大学U22

0

    2019年9月21日(土)、成蹊大学サッカー場にてIリーグU22Avs東京学芸大学U22が行われました。


    前節は惜しくも0-1と敗戦を喫し、非常に悔しい結果となりました。反省点を生かし、後期初の勝利を掴み取りましょう!



    ミーティングでは、試合で意識する点などを入念に確認していきます。



    アップの様子です。





    サブのメンバーが外から勢いのある声出しを行い、チーム全体の士気を高めます。



    本日のスタメンです。



    上段左から:3年松木、4年柄澤、4年猪股、4年安部、4年西村、3年平生

    下段左から: 3年豊田、3年湊、3年川原田、3年高木、4年岡田(俊)



    涼しい風が吹く中、学芸ボールでキックオフです。



    開始早々、4年西村がゴールを目指し攻め込みます。



    前半8分、学芸が果敢に攻めますが、成蹊の徹底した守備によりピンチを逃れます。


    直後、3年平生が高さを生かし、ヘディングでシュートを放ちますが惜しくも枠の外です。



    フィールドでは両チーム共、一進一退の攻防が続き、互いに得点を許しません。





    前半17分、4年岡田(俊)がクロスを上げ、3年平生がヘディングでシュートを狙うもキーパーに阻まれます。



    選手達は先制点を挙げるべく、前を向いてゴールを狙いに行きます。



    前半23分、4年安部のクロスを受けた3年川原田が4年猪股にパスを出します。

    そのまま勢いよくシュートを放ちますが、枠を外れ得点には至りません。



    続いて前半27分、4年西村が華麗なボール捌きからドリブルでボールを運びシュートを放ちます。しかし、僅かに枠の上に逸れます。




    前半28分、成蹊がCKを得ます。

    ここで先制点を奪いたいところです。


    キッカーの4年猪股がクロスを上げ、こぼれ球に3年豊田が反応します。

    パスを受けた4年西村がゴール前にクロスを上げますが、相手にクリアされます。



    前半39分、学芸のFKです。得点を許さぬよう全員で守備を徹底し、最後は3GK松木がセーブします。


    前半も終盤に差し掛かってきました。先制点を狙い、選手達はフィールドを走り続けます。



    前半45+2分、ここで成蹊にチャンスが訪れます。

    相手のハンドにより、PKを獲得します。

    キッカーは最上級生としてチームを牽引する、4年柄澤です。


    皆が注目する中、プレッシャーに打ち勝ち、見事ゴールネットを揺らします。

    待望の先制点に、会場は大歓声に包まれます。


    前半45+2分

    成蹊1-0学芸






    ここで前半終了のホイッスルが鳴ります。


    前半終了

    成蹊1-0学芸



    HTに入ります。4年生を中心に、前半の反省点を確認し、後半に向け話し合いを行います。気持ちを入れ直し、後半も追加点を狙いましょう。




    後半は成蹊ボールでキックオフです。



    開始からフィールドでは、激しいボールの奪い合いが続きます。



    ここで交代があります。


    後半7

    4年岡田(俊)→3年須賀



    後半10分、学芸の勢いのある攻撃に苦しみますが、3GK松木がナイスセーブを見せます。





    成蹊も負けじと攻めていきます。



    後半12分、3年高木がドリブルでボールをゴール前まで運びますが、相手に阻まれます。



    後半15分、学芸にCKのチャンスを与えてしまいますが、懸命にクリアし守り切ります。

    再び学芸のCKへ移りますが、3GK松木がゴールを守ります。



    ここで成蹊2人目の交代です。


    後半20

    4年西村→4年郷古



    ここから更なる追加点を狙っていきましょう。




    後半21分、4年郷古がドリブルでボールを運びクロスを上げます。3年平生がヘディングで合わせますが、上手く繋がりません。



    後半30分、4年郷古が再びクロスを上げ、合わせた3年高木が追加点を挙げます。


    選手達はハイタッチを交わし喜びを分かち合います。


    後半30

    成蹊2-0学芸



    再び成蹊の選手交代です。


    後半35

    3年豊田→3年多田

    3年平生→4年引地




    残り時間も少なくなりました。

    この良い流れに乗って、最後まで戦い続けましょう。



    後半36分、3年多田がドリブルで果敢に攻めていきます。

    続けて3年高木も追加点を狙いますが、得点には繋がりません。



    後半42分、学芸が巻き返しを図りシュートを狙いますが、確実にクリアします。



    アディショナルタイムに入ります。



    後半45+1分、4年郷古がドリブルでゴール前に切り込みシュートを放ちますが、ゴールネットを揺らすことは出来ません。



    後半45+3分、4年柄澤がクロスを上げ、4年安部がヘディングで合わせますが、タイミングが合いません。

    続けて4年猪股がシュートを放ちますが、キーパーにセーブされます。



    ここで試合終了です。


    試合終了

    成蹊2-0学芸



    試合を通し、全員が果敢に攻めに行く強い気持ちが見られた試合でした。その結果、念願の後期初勝利を挙げることが出来ました。



    Iリーグも終盤に差し掛かっています。

    今回の勝利を良いモチベーションに変え、最後まで戦い抜きましょう。



    本日もOBOG並びに保護者の皆様、お忙しい中成蹊大学サッカー場まで足を運んで頂き、誠に有難うございます。

    IリーグU22Aは残り3試合となりました。

    最後まで選手・マネージャー一同精進して参ります。

    今後とも、温かいご支援、ご愛顧の程宜しくお願い致します。



    *次の試合のご案内*

    2019105日(土)

    IリーグU22Avs国士舘大学U22D

    @成蹊大学サッカー場

    キックオフ時間は未定となっております。決まり次第ホームページにてお知らせ致します。




    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM