Sat.リーグvs明治学院大学

0

    2019年9月28日(土)、明治学院大学横浜キャンパスヘボンフィールドにてSat.リーグvs明治学院大学が行われました。



    前節は東京工業大学に3-0で勝利を収め、現在成蹊は勝ち点19で4位に位置付けています。

    明治学院大学との勝ち点差は僅か3です。気を緩めず、本日も勝利を掴みに行きましょう。



    3年森岡(亮)がミーティングを仕切ります。相手に流されず、自分たちのプレーをしっかりと発揮しようと意気込む様子が見受けられます。




    アップの様子です。

    緊張感を持ち、試合に向けて入念な準備を行います。




    本日のスタメンです。



    上段左から:3年札野、3年森岡(亮)、3年浅田、2年伊藤、1年山中、2年加島

    下段左から:3年湊、1年小林(賢)、3年猪飼、4年森岡(仲)、3年須賀



    明学ボールでキックオフです。



    試合開始直後、成蹊にピンチが訪れます。

    明学がCKを獲得し、ゴール前にボールが放たれます。そのままヘディングでシュートされ、失点を許します。


    前半2分

    成蹊0-1明学


    まだ逆転の余地はあります。

    気持ちを切り替えて行きましょう。



    前半6分、明学の攻撃を4年森岡(仲)がヘディングでクリアします。そのボールに反応した3年猪飼がシュートを放ちますが惜しくもゴールには至りません。



    前半7分、成蹊のCKです。1度目は息が合わずチャンスを逃します。続けて2度目のCKは2年加島が反応し、シュートを放ちますが惜しくも枠の上に逸れます。



    成蹊は思うようにボールを支配出来ない時間が続きます。



    前半12分、明学がボールを奪い、シュートを放ちますが3年GK札野が果敢にキャッチし、明学の攻撃を防ぎます。


            

    写真:3年GK札野



    前半15分、成蹊がパスを細かく繋ぎ、2年伊藤がゴール前までボールを運びますが、後方から迫ってきた相手選手にボールを奪われてしまいます。



    前半20分、成蹊にチャンスが訪れます。

    1年小林(賢)が放ったシュートが、真っ直ぐゴールに吸い込まれます。


    前半20分

    成蹊1-1明学


    開始直後に先制点を許したものの、同点に追い付くことが出来ました。険しかった選手達の表情が少しずつ明るくなります。



    前半27分、2年伊藤が3年森岡(亮)にクロスを上げますが、息が合わず得点には繋がりません。



    前半30分、明学がボールを奪い、成蹊の守備を次々とパスで崩します。

    3年GK札野が相手のシュートを防ごうとしますが、ドリブルで交わされ本日2度目の失点を許してしまいます。


    前半30分

    成蹊1-2明学


    再び追いかける展開となった成蹊ですが、3年生が中心となり声を掛け合います。




    前半32分、1年山中がクロスを上げ、一度は相手に跳ね返されますが、3年須賀がボールを拾いゴール正面からシュートを放ちます。

    しかし、惜しくもキーパーにキャッチされてしまいます。



    前半34分、ゴール前で1年小林(賢)から3年須賀にクロスが上げるものの、息が合いません。



    前半38分、明学が左サイドから攻撃を仕掛けます。しかし2年加島がボールを奪い、3年浅田、3年須賀、そして2年伊藤へとパスを繋ぎますが、ゴール付近までボールを持って行くことは出来ません。



    前半終了間際に4年森岡(仲)がシュートを放ちますが、惜しくも得点とはなりません。



    ここで前半終了の笛が鳴ります。


    前半終了

    成蹊1-2明学



    HTに入ります。



    学年問わず、改善すべき箇所や動き等の調整について選手それぞれが話し合います。

    また大島コーチからの戦術における指導や今週行ってきた練習を一人一人が再確認する時間となり、後半に向けて新たに気合いを入れ直します。




    ここで交代があります。

    HT

    3年湊→4年郷古



    ベンチにいる選手達も試合開始を見守ります。




    後半キックオフです。



    後半2分、明学が放ったボールを3年GK札野がキャッチし、ゴールを守ります。



    後半も立ち上がりには気を付けていきたいところです。



    ここで交代です。


    後半10分

    2年伊藤→1年河野



    後半11分、成蹊のCKです。

    キッカーは3年猪飼です。1年河野がヘディングで受け、3年浅田に繋ぎます。ゴール前でのパスが続きますが、シュートを放つことは出来ません。



    後半14分、1年小林(賢)がクロスを上げますが惜しくもボールが流れてしまいます。



    後半15分、成蹊にチャンスが訪れます。

    3年猪飼が明学を交わし、1年河野に上手くパスを繋ぎます。そしてゴール正面からシュートを放ちますが、ゴールポストに当たります。



    後半26分、成蹊のFKです。ゴール前にボールを落としますが、明学に取られます。


            

    写真:1年山中



    ここで交代です。

    後半30分

    3年浅田→4年土江田



    後半37分、1年山中がボールを上げ、4年郷古がゴール前までドリブルでボールを運びますが、シュートには繋がりません。



    後半38分、成蹊のCKです。3年猪飼が放ったボールを4年郷古が受けに行き、ゴール前で混戦になります。

    ペナルティーエリア内で明学のファールがあり、成蹊がPKを獲得します。


    会場全体に緊張が走ります。



    キッカー4年郷古が真っ直ぐにボールを放ち、ゴールネットを揺らします。


    後半38分

    成蹊2-2明学


    再び同点に追い付くことが出来ました。

    この良い流れから、更なる得点を狙いに行きましょう。





    後半43分、成蹊のCKです。一度は後ろに放ちますが2年加島がボールを追いかけ、シュートを放ちます。

    得点には至りませんが、成蹊の攻めの姿勢が強くなっているのを実感させられるプレーです。



    3分のアディショナルタイムです。



    後半45+1分、成蹊のFKです。1年山中が放ったボールは、3年須賀に繋がりシュートを放ちますが、枠の上に逸れます。



    後半45+2分、成蹊がCKからFKと、立て続けにセットプレーを獲得します。

    惜しくも息が合わず、追加点を奪うことは出来ません。



    ここで試合終了です。


    試合終了

    成蹊2-2明学



    日々の練習が上手く活かされていないと大島コーチからご指摘がありながらも、成蹊は全カテゴリーが強いことが魅力の一つだと評価のお言葉を頂きます。

    ご指摘やお言葉を真摯に受け止め、週末に控える各リーグに向けて練習に励んでいきましょう。



    本日もOB・OG並びに保護者の皆様、遠くまで足を運んで頂き誠に有難う御座います。全てのリーグが終盤を迎えておりますが応援して下さる皆様のご期待に添えられるよう、部員・マネージャー・スタッフ一同日々精進して参ります。

    今後とも変わらぬご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。



    *次の試合のご案内*

    2019年10月2日(水)

    Sat.リーグvs学習院大学@成蹊大学サッカー場 

    16:00kickoff






    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM