IリーグU22Avs青山学院大学U22B

0

    2019年10月20日(日)青山学院大学緑ヶ丘グラウンドにてIリーグU22Avs青山学院大学U22Bが行われました。


    前期の青山学院大学U22Bとの対戦では0-2と悔しさが残る試合でした。本日こそ必ず勝利し、雪辱を果たしたいところです。


    IリーグU22Aは本日で最終節です。4年生は引退を迎えます。

    4年生から絶対に勝とうという熱意がひしひしと伝わり、下級生からは4年生を最高の形で送り出したいという意気込みが感じられます。全員で笑顔で終えられるよう心を一つにして頑張りましょう!



    アップの様子です。



    本日は厚い雲が空を覆っていましたが、段々日が出て気温も上がり、動きやすい気候となっています。


    サブも含め全員で積極的に声を出し盛り上げます。非常に良い雰囲気の中、試合に向けて着実に調子を上げていきます。




    本日のスタメンです。


    上段左から:4年柄澤、3年川原田、3年豊田、3年川島、4年栗林


    下段左から:4年引地、4年馬渕、4年安部、4年郷古、4年猪股、4年榎本



    成蹊ボールでキックオフです。



    前半2分、青学がドリブルで駆け抜け、左サイドからシュートを打ちますが、枠の左に逸れます。


    前半3分、ゴール付近で4年猪股がボールを奪います。パスを受けた4年榎本が力強いシュートを放ちます。吸い込まれるようにしてボールはゴールネットを揺らし、成蹊が先制点を獲得します!


    前半3分

    成蹊1-0青学



    写真:4年榎本


    4年生の開始早々のゴールにベンチも盛り上がります。このまま良い流れを引き寄せたいところです。



    前半7分、青学がシュートを放ちますが、枠を外れます。



    前半9分、4年馬渕が4年柄澤にパスを繋ぎ、ゴール前に合わせようとしますが、惜しくも繋がりません。


    前半16分、青学がクロスを上げ、右サイドからシュートを放ちますが、4年GK栗林が落ち着いてキャッチします。



    前半21分、成蹊がFKを獲得します。

    キッカーは4年安部です。4年榎本が頭で合わせ、更に3年豊田が頭で押し込みますが、キーパー にキャッチされます。



    前半22分、4年馬渕がボールを奪いシュートを放ちますが、オフサイドの判定を受け、惜しくも得点には至りません。



    前半23分にも、青学からボールを奪った4年榎本がシュートを放ちますが、枠の上へ逸れます。


    成蹊の果敢な攻撃が見られ、追加点への期待も高まります。



    前半25分、青学が右サイドからドリブルでボールを運びますが、4年柄澤がカットします。


    成蹊DF陣の身体を張った守備が目立ちます。



    前半31分、成蹊のFKです。4年馬渕がゴール前へ上げたボールに3年豊田が合わせます。

    シュートは見事ゴールネットを揺らし、追加点を獲得します。



    前半31分

    成蹊2-0青学



    前半33分、青学のパスをカットした3年川島がそのままドリブルでボールを運びシュートを放ちますが、枠の上へと逸れます。



    前半35分、青学のFKです。直接ゴールを狙いますが、4年GK栗林がキャッチします。



    前半38分、成蹊がCKを獲得します。

    キッカーの4年猪股がボールを送り、4年引地が頭で合わせますが惜しくも得点には繋がりません。


    前半41分、青学のCKです。ゴール前へボールを合わせられますが、4年GK栗林がキャッチします。




    前半43分、成蹊のFKです。キッカーの4年馬渕がゴール前へボールを合わせますが、キーパーにキャッチされます。


    前半44分、青学のFKです。ゴール前へボールが送られますが、4年馬渕がクリアします。


    ここで前半終了のホイッスルが鳴ります。


    前半終了

    成蹊2-0共栄



    HTに入ります。



    4年森岡(仲)を中心に前半戦を振り返ります。また、大島コーチの後半戦での戦術についてお言葉を頂きます。選手も積極的に意見を出し、話し合います。

    全員で円陣を組み、選手は再びピッチへと戻って行きます。


    前半の良い流れを切らすことなく、更なる追加点狙いにいきましょう。そして、後半も無失点のまま勝ち切りましょう!



    ここで交代があります。


    HT

    3年川島→3年中田(隼)

    3年豊田→3年平生


    交代選手の活躍に期待しましょう。



    青学ボールで後半が開始します。

     

    後半3分、青学のFKです。

    ゴール前にボールを送り、シュートを放ちますが、4年GK栗林がキャッチします。

    本日も4年GK栗林の好セーブが目立ちます。


    後半4分、4年猪股のロングパスを受けた4年郷古がシュートを放ちますが、キーパーにクリアされます。

    続いて成蹊がCKを獲得します。

    4年猪股がゴール前へボールを送り、合わせた4年柄澤がシュートを放ちますが、枠を逸れます。



    後半8分、青学がシュートを放ちますが、4年引地がカットし失点を防ぎます。

    成蹊は積極的に声を掛け合い、更なる追加点を目指して果敢に走ります。


    後半15分、4年郷古のパスを受けた4年猪股がシュートを打ちますが、枠を外れます。

    その後も4年郷古がゴール前まで詰めますが、シュートには繋がりません。


    ここで交代があります。
    後半16分
    4年郷古→3年湊


    後半17分、青学がシュートを放ちますが、4年GK栗林が弾きます。

    交代があります。
    後半22分
    3年川原田→4年西村


    後半26分、4年猪股がシュートを放ちますが、得点には繋がりません。

    後半30分、4年西村のパスを受けた3年平生がシュートを放ちます。見事ゴールネットを揺らし、本日3点目を獲得します!



    後半30分
    成蹊3-0青学


    ここで本日最後の交代があります。
    後半33分
    3年平生→4年岡本

    4年生の活躍に期待しましょう。


    残り時間も少なくなってきました。
    絶対に失点を許さないという全員の強い気持ちが感じられます。



     
    後半43分、4年岡本がシュートを放ちますが、得点には至りません。

    続いて4年猪股、3年中田(隼)も積極的に攻撃を仕掛けますが、追加点は得られません。


    アディショナルタイムは2分です。


    後半45+2分、成蹊がCKを続けて獲得しますが上手く合わせることが出来ません。


    ここで試合終了のホイッスルが鳴ります。


    試合終了
    成蹊3-0青学


    3ゴール、無失点と最終節に相応しい、最高の勝利を飾ることが出来ました。

    試合を通して積極的な攻めが多く見られ、

    チームとしての強さ、絆を感じました。
    これまでの集大成となる4年生を中心とした活躍に、私達マネージャーも胸が熱くなりました。4年生が残してくれたものを胸に刻み、また新たに頑張って行きましょう。

    本日もOB・OG並びに保護者の皆様、青山学院大学緑ヶ丘グラウンドまでご足労頂き誠に有難う御座います。
    4年生は学生サッカーに区切りを付け、引退を迎えます。長い間皆様にはご愛顧賜り、心より感謝申し上げます。
    下級生はトーナメント、新人戦、そして

    来シーズンに向けて、各カテゴリーが一丸となり、練習に励んで参ります。

    今後共変わらぬご支援、ご声援の程宜しくお願い致します。





    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM