第51回東京都大学サッカー連盟新人大会決勝トーナメント準々決勝vs玉川大学

0

    2019128()、成蹊大学サッカー場にて第51回東京都大学サッカー連盟新人大会決勝トーナメント準々決勝vs玉川大学が行われました。



    予選リーグでは全3試合で勝利を収め、リーグ1位として決勝トーナメントに出場します。勝利しなければ次の試合に進むことの出来ないトーナメント、チーム一丸となって戦い優勝を掴みにいきましょう。



    アップの様子です。



    近日は雨が多く寒さに見舞われておりましたが、本日の天気は快晴、日が照り暖かくなっています。

    選手達はトーナメント初戦に向け、明るい雰囲気で調整を行います。



    本日のスタメンです。



    上段左から: 2年島貫、2年猿渡、2年柳田、2年江部、2年竹之下、2年河辺

    下段左から: 2年廣瀬、2年山形、1年片山、1年大峡、2年山口



    本日は2年生が中心のメンバーとなっております。全員でコミュニケーションを取り合い、チャレンジの姿勢を大事に今節も勝ち切りましょう。



    玉川ボールでキックオフです。



    前半2分、早速試合に動きがあります。

    1年大峡がCKを蹴ります。ゴール前に上がったボールに2年猿渡が反応し、そのままヘディングシュートを決めます。


    前半2

    成蹊 1-0 玉川


    開始早々の得点となり幸先の良いスタートです。更なる追加点を狙っていきましょう。



    前半6分、1年大峡がクロスを上げ、2年山口が合わせ、シュートを放ちます。しかしここは玉川GKに弾かれます。そのまま成蹊のCKに移りますが、中の選手とタイミングが合わず、ゴールには繋がりません。



    前半11分、続いては玉川のCKです。上げられたボールは成蹊のDFがクリアします。しかしこぼれ球を流し込まれ、失点します。


    前半11

    成蹊 1-1 玉川


    選手達はすぐに気持ちを切り替え、再度立て直します。



    前半14分、1年大峡がゴール前にクロスを上げ、1年片山がヘディングでゴールを狙うも、ここは枠の外へ逸れます。



    前半から果敢にシュートを打ち、攻撃の姿勢が伺えます。得点差を付けれるよう、まずは前半終了まで戦い抜きたいところです。



    続けて、玉川がボールを運びますが、ここは2年竹之下がクリアします。



    前半18分、玉川がクロスを上げますが、ここは成蹊DFが徹底してボールを奪います。こぼれ球に反応した玉川はシュートを放ちますが、枠の外へ逸れます。



    前半20分、再び玉川がゴールを狙いますが、2年廣瀬がボールに食らいつき、クリアします。



    玉川の攻撃が続きますが、選手達は冷静に守備を固め、失点を防ぎます。



    続いて前半24分、成蹊がFKを獲得します。キッカー1年片山が、ゴール前にボールを蹴り込みます。2年柳田がヘディングで反応しますが、玉川にクリアされます。


    会場には応援の声が響き渡ります。ピッチの選手達は温かい応援を胸に、走り続けます。



    再度、玉川の攻撃が続きます。玉川が素早くボールを運び、得点を狙います。成蹊は守備を固め、懸命にボールを追いかけます。玉川のCKに移りますが、ボールはそのまま外に出ます。



    前半29分、2年山形のスローインからボールを回し、2年廣瀬がゴール前まで運びます。パスを受けた2年河辺がシュートを放ちますが、ここは玉川GKが止めます。非常に惜しい場面です。

    この流れを止めることなく、攻めていきたいところです。



    前半30分、成蹊がFKを獲得します。1年片山がゴール前にボールを上げ、2年竹之下が頭で合わせにいきますが、枠の外に逸れます。



    前半も残り僅かですが、得点に繋げることが出来ない場面が続きます。追加点を狙い、チーム一丸となり戦っていきます。



    しかしここで玉川にチャンスを与えてしまいます。



    前半43分、玉川がゴール前でパスを回し、シュートを打ちますが、2GK島貫が見事なセーブをします。

    そのまま玉川のCKへ移ります。タイミングを合わせ玉川がヘディングでシュート。

    玉川に得点を許します。


    前半43

    成蹊 1-2 玉川



    応援の選手から励まし、そして切り替えの声が掛けられます。下を向かず、まずは前半終了まで戦い抜きましょう。



    前半45分、成蹊のFKです。2年山形が前線にボールを大きく蹴り込みますが、玉川GKにキャッチされます。



    前半45+1分、ここで前半終了のホイッスルが鳴ります。



    前半終了

    成蹊 1-2 玉川



    ハーフタイムに入ります。前半は玉川に1点リードを許してしまい、玉川を追いかける形になりました。選手達は入念に話し合い、戦術を再度確認します。

    コーチからもお言葉を頂き、円陣を組み士気を高め直します。



    後半は成蹊のボールで開始します。



    後半5分、早速成蹊がFKを獲得します。1年片山がゴール前に上げますが、玉川がクリアします。

    続けて成蹊のFKへ移り、2年江部が合わせるも枠の外へ逸れます。



    写真:1年片山



    前半の反省点を生かし、果敢に攻めます。

    追加点に期待が高まります。



    後半11分、再度成蹊のFKへ移り、大峡がゴール前に上げます。玉川のハンドにより、成蹊はPKを獲得します。

    キッカーを務めるのは、キャプテンの2年山口です。ボールは確実にゴールを捉え、追加点を得ます。


    後半11

    成蹊 2-2 玉川



    非常に大きな得点です。後半に入り流れを掴んだ成蹊。この勢いを止めることなく、更なる追加点を奪いたいところです。



    ここで交代があります。


    後半12

    1年大峡→2年酒本



    後半13分、2年河辺がシュートを放ちますが、玉川GKが止めます。続けてゴールを狙いますが、玉川のDFに阻まれます。



    後半18分、玉川がボールを運びシュートを放ちます。一時はゴールネットを揺らしますが、オフサイド判定のため、失点を免れます。



    後半19分、成蹊の2人目の交代です。


    後半19

    2年河辺→2年野澤



    後半23分、1年片山がクロスを上げるも、ここは玉川がブロックし、成蹊のCKへ移ります

    キッカーの2年酒本がゴール前にボールを蹴り込みますが、タイミングが合わずシュートには繋がりません。



    成蹊は立て続けに攻めていきます。

    後半24分、2年酒本がボールを運びそのままシュートを打ちますが、惜しくも枠を捉えることは出来ません。



    再び交代です。


    後半27分

    2年山形→1年江幡



    後半29分、1年江幡がクロスを上げ、1年片山に繋ぎます。その後2年廣瀬に渡り、シュートを放つも僅かに上に逸れます。攻め続けてはいるものの、得点には繋がらない場面が続き会場の熱気は高まります。



    後半34分、成蹊のCKです。1年江幡がボールを上げ、ゴール前で混戦となりますが、得点に繋げることは出来ません。



    続けて成蹊はスローインから繋げてボールを回します。1年江幡がクロスを上げますが、ここはゴールラインを割ります。



    後半38分、2年野澤と2年酒本が果敢にシュートを放ちますが、玉川GKに弾かれ、ゴールネットを揺らすことは出来ません。



    後半も残り僅かとなり、応援にも更に熱が入ります。選手達も試合終了まで得点を狙い、最後の力を振り絞ります。



    後半39分、2年猿渡がボールを運びシュートを打つも、玉川にブロックされます。こぼれ球に1年片山が反応し、クロスを上げるもここはタイミングが合いません。



    後半41分、2年山口がクロスを上げ、こぼれ球に2年野澤が詰めますが惜しくも上に逸れます。



    後半43分、続けて2年山口がシュートを打ちますが、こちらも惜しくも枠の外へ逸れます。


    得点に変動はなく、緊張が高まります。

    アディショナルタイムに入ります。



    後半451分、ここで成蹊がFKを獲得します。非常に大きなチャンスです。

    キッカーは2年酒本。ゴール前に上げ、2年江部が頭で合わせにいきます。シュートは枠を捉え、得点となります。


    後半451

    成蹊 3-2 玉川



    試合終了間際に、勝ち越し点を決める形となりました。ピッチの選手も応援の選手も、この得点には興奮が収まりません。

    会場の熱気は収まることなく、そのまま試合終了となります。


    試合終了

    成蹊 3-2 玉川



    途中得点に繋げることが出来ず、苦しい場面もありました。しかし試合終了まで勝利に向かって、果敢に攻め続け、チャレンジをし戦い抜く試合となりました。最後まで走り続ける選手、声を出し続ける応援の選手、そして試合を見に来て下さった観客の方々を含め、成蹊が一丸となり勝ち取った白星です。



    トーナメント初戦を無事勝ち切ることで準決勝へと駒を進めました。この流れを止めることなく、今大会優勝に向け切磋琢磨していきましょう。



    本日もOBOG並びに保護者の皆様、お忙しい中成蹊大学サッカー場まで足を運んで下さり、誠に有難う御座います。新人戦チームは、今後の試合に向け互いに声を掛け合い、高め合いながら日々の練習に励んで参ります。

    今後共変わらぬご支援、ご愛顧の程宜しくお願い致します。



    *次の試合のご案内*

    20191215() 51回東京都大学サッカー連盟新人大会決勝トーナメント準決勝vs武蔵大学@成蹊大学サッカー場

    11:00kickoff



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM