部員対談企画 第2回 

0

    【部員対談企画】


    蹴球部には様々な出身チームの選手がいます。そこで、今回は以下の5組に、それぞれの高校時代の経験にそって大学サッカーについての対談をして頂きました!


    第1回 静岡学園×青森山田

    第2回 都立出身者 保谷高校×狛江高校

    第3回 昌平高校出身者 先輩×後輩

    第4回 東京武蔵野シティ出身者 先輩×後輩

    第5回 桐光学園×國學院久我山


    多種多様な環境や視点からみた蹴球部についてをお伝えします。是非ご覧ください!



    第2回となる本日は、都立高校出身のお2人による対談です!公立校ならではのお話を大学と比較しながらお届けします!


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    【選手紹介】

    ●新4年・伊崎晋司

    〈都立保谷高校,FW/法学部法律学科〉


    ●新3年・廣瀬秀太

    〈都立狛江高校,MF/理工学部物質生命理工学科〉


    【インタビュアー】

    新3年・松永さくら 〈MG/経済学部経済経営学科〉


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    松永:まず初めに、お二人は指定校・AO・一般、どの方式で入学されましたか?


    廣瀬:一般受験です。


    伊崎:同じく一般受験です。


    松永:お二人とも一般受験なんですね!受験期間中、高校の部活引退後から大学入学までの期間は体力が落ちてしまうと思うのですが、入部後体力面はどうでしたか?


    廣瀬:かなりキツかったです。


    伊崎:入部してすぐに体力を戻すためのトレーニングがあってそこではキツかったです。着いていくので精一杯でした。


    松永:例年、入部後体力を戻すのは大変ですよね。入部からどれくらいの期間で戻すことができましたか?

    伊崎:1ヶ月程度だったと思います。


    廣瀬:1年生の理系の授業がきつくて最初はやめようかと思いました。


    松永:やはり最初は授業との両立で大変ですよね。それでも、大学でもサッカーを続けた理由を教えてください!


    廣瀬:自分はサークルに入る選択肢も考えていましたが、何か将来も残るものが欲しいと思い部活にしました。


    伊崎:小中高と普通の公立校でしかプレーした事がなかったので大学の高いレベルに挑戦しようと思いました。


    廣瀬:晋司くんはすごく上手かったので公立高校出身でびっくりしました!



    松永:大学でもサッカーを続けて良かったことはありますか?


    伊崎:有名な高校出身の人達とプレーしたり、戦ったりすることは非常に楽しいですね。


    廣瀬:自分の高校よりレベルが高く、自分より上手い人とサッカーできることですね。


    松永:成蹊には強豪校出身の選手もいると思うのですが、初めはどんな印象を持っていましたか?


    廣瀬:正直怖かったです。


    伊崎:僕も恐れていました!


    廣瀬:やっぱりそうですよね。


    伊崎:でもみんな気さくで早くなじむことができたかな!


    松永:そんな中でもTOPチームを経験しているお二人はすごいです!実際、一緒にやってみてどうでしたか?


    伊崎:最初の1年は苦労したけど段々とついていけるようになりました。


    廣瀬:上手い人は一つ一つのプレーの正確さがすごいと感じました。


    伊崎:みんな頭がいいと感じました。


    廣瀬:僕も感じました!


    伊崎:僕は高校までは何も考えずプレーしてたからみんなすごいなと感じていました。


    廣瀬:あとは真似できるところは真似しようとしてます。周りから学ぶことは多いです。


    伊崎:僕もです!


    松永:次は練習環境についてお話を伺いたいと思います。高校と大学の環境で違うところはどこですか?


    伊崎:高校は土グラウンドだったので、人工芝でプレーできることですね。


    廣瀬:分かります!僕も土でした。


    伊崎:あとはシャワーを使えることが魅力的です!


    廣瀬:シャワーが使えるのは嬉しいですね!高校の時はシャワーが使えなかったので朝練の後、水道をシャワー代わりに使ってました。


    松永:冬はかなり寒そうですね、、練習内容や雰囲気はどうですか?


    伊崎:個人の意識が高い人が多いですね。


    廣瀬:高校と比べて大学は短い時間で集中して練習するって感じがします。カテゴリー間での意識の差は大学でもあるのかなと感じますね。


    松永:今の蹴球部の練習で、もっとこうしたい!と思うことはありますか?


    伊崎:カテゴリーに分かれての紅白戦をもっとしたいです!


    廣瀬:僕もそう思います、選手のモチベーションにも繋がると思います!


    松永:Bチームにいた時、TOPチームはどのような存在でしたか?


    伊崎:憧れですね。


    廣瀬:プレーも声も違いを見せてくれるのがAチームだなと感じましたね。


    伊崎:いつか僕も絶対になってやるという気持ちで見ていました。


    廣瀬:自分もいつかはトップで試合に出たいなと思います!


    松永:では、今シーズンの目標を教えて下さい!


    伊崎:都リーグで得点王になることです!


    廣瀬:今はBチームですけど、Aチームに上がって都リーグで活躍することです!


    伊崎:一緒に出よう!


    廣瀬:頑張ります!晋司くんなら得点王になれる気がします!


    伊崎:ありがとう!頑張るよ!


    松永:沢山回答して頂きありがとうございます!最後になりますが、新入生へのメッセージをお願いします!


    廣瀬:僕は入部するか迷っていました。でも今は部活で充実した生活を送り、大切な仲間もできて入部して良かったと思っています。サッカーが好きなら絶対部活に入るべきです!皆さんの入部をお待ちしております。


    伊崎:僕達のような無名校出身でも試合に出て活躍できたり、都選抜の海外遠征に行くことができたりなど、この部活は自分の世界が広がる場所だと僕は感じています。まだ自分を試してみたいという方は入部しましょう。本気でサッカーが好きな皆さんが入部してくれるのを楽しみに待っています!






    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM