第53回東京都大学サッカーリーグ戦第5節vs山梨学院大学

0

    2020年9月27日(日)、第53回東京都大学サッカーリーグ戦第5節vs山梨学院大学の試合が行われました。


    前節の國學院大學戦では前半に2失点を許し、後半は怒涛の攻撃を仕掛け試合終了間際に1点を取り返すものの、惜しくも同点に追いつくことは出来ませんでした。


    今節の相手である山梨学院大学は、現在全勝中でありグループ1位となっています。前節の無念を晴らし今節もチーム一丸となって戦い、良い流れで次節へと繋げたいところです。



    アップの様子です。



    サブメンバーも一緒に声を出して、集中力を高めます。


    本日のスタメンです。



    後列左から:4年札野、3年江部、1年西谷、4年小松、2年芥川、3年森田

    前列左から:3年山口、2年片山、4年中田(隼)、4年睫據3年山形



    成蹊大学ボールでキックオフです。


    試合開始早々、山梨学院のCKです。中央へボールを蹴り込みますが、ここは4年GK札野が確実にキャッチします。


    前半5分、4年森田がボールを前線へ運び、山梨学院に阻まれますがFKを獲得します。



    成蹊のFKです。キッカーは2年片山。ゴール前へボールを送りますが、山梨学院の堅い守備に阻まれシュートに繋げることは出来ません。


    前半8分、山梨学院のCKです。ゴール前へボールを蹴り上げますが、2年芥川がヘディングでクリアします。

    そのこぼれ球に反応した山梨学院が、再びゴール前へボールを蹴り込みますが、4年小松が体を張ってゴールを守ります。


    前半12分、山梨学院が右サイドから大きくボールを蹴り込みますが、ここも4年小松がヘディングでクリアします。


    前半15分、山梨学院がゴール前へボールを運び、シュートを放ちますが枠を外れます。


    前半19分、成蹊のGKです。前線へボールを大きく蹴り上げます。続けて2年片山が前線のプレスからボールを奪い、先制点を狙ってシュートを放ちますが枠を逸れます。


    前半22分、中央で4年睫擇らのパスを受けた3年江部がそのままシュートを放ちますが枠を外れ、得点とはなりません。


    5分後の前半27分、山梨学院のFKです。

    ペナルティエリア付近からシュートを放たれ、4年GK札野も反応しますが間に合わず、先制点を奪われます。



    前半27分

    成蹊0-1山梨学院


    前半30分、成蹊のFKです。キッカーの2年片山がゴール前へボールを蹴り込み、4年森田がヘディングで合わせますが、山梨学院GKに阻まれます。


    前半33分、3年山口から1年西谷にパスが繋がります。さらに4年小松に繋ごうとしますが山梨学院にプレッシャーを掛けられボールを奪われます。

    山梨学院が素早い動きでボールを運び、左サイドからシュートを放たれ、追加点を奪われます。


    前半33分

    成蹊0-2山梨学院


    2得点を追いかける形となりますが、声を掛け合い怒涛の攻撃を仕掛けます。


    前半37分、2年片山、3年山口と繋いだボールに最後は3年江部がシュートを放ちますが、ここは山梨学院GKにキャッチされます。


    2分後、2年片山が右サイドからボールを蹴り込みますが山梨学院GKにクリアされます。

    2年芥川がこぼれ球に反応しシュートを放ちますが、ゴールネットを揺らすことは出来ません。


    前半42分、3年江部が中央からロングシュートを放ちますが、山梨学院の堅い守備に阻まれます。


    前半45分、山梨学院が右サイドからゴール前にボールを蹴り込みますがここは、1年西谷が体を張って守ります。


    前半終了間際、3年山口が中央でボールを奪いロングシュートを放ちますが山梨学院GKにキャッチされます。



    前半終了

    成蹊0-2山梨学院


    序盤から攻め続け、惜しいシーンも何度もありましたが得点に繋げることは出来ませんでした。後半はこの流れを断ち切り、自分たちの流れを掴みたいところです。



    HTでは4年小松、4年森田を中心に戦術を再確認し、サブメンバーも含めチーム全員で切り替え後半に臨みます。


    残り45分、全員で走り抜きましょう。


    山梨学院大学ボールで後半がスタートします。


    開始から山梨学院は更なる追加点を狙い攻め続けます。


    後半7分、山梨学院は右サイドから短くボールを繋ぎゴール前へ攻め込みますが、ここはゴールラインを割ります。


    2分後、山梨学院が左サイドからパスを繋ぎゴール前へ攻め込みますが、2年片山がカットします。



    後半11分、成蹊のFKです。左サイドに大きくボールを蹴り込みますが、山梨学院にヘディングでクリアされます。


    後半16分、2年片山、3年山口と繋いだボールに最後は4年睫擇シュートを放ちますが、ゴール正面となり山梨学院GKにキャッチされます。


    ここで交代があります。

    後半20分

    4年中田(隼)→4年小室


    前節、後半試合終了間際に得点を決めた4年小室の活躍に期待しましょう!


    後半27分、山梨学院が中央から右サイドにボールを繋ぎ、ドリブルを仕掛けますが1年西谷が体を張ってブロックします。


    後半29分、4年小室がサイドから中央の2年芥川へボールを送り、そのままシュートを放ちますが、山梨学院GKにキャッチされます。


    後半32分、山梨学院のFKです。中央に上げられたボールのこぼれ球を見逃すことなく、そのままシュートを放たれ3点目を許します。


    後半32分

    成蹊0-3山梨学院


    1分後の後半33分、2年芥川が蹴り上げたボールを受けた4年小室が、ワンタッチでシュートを放ち、ゴールネットを揺らします。



    後半33分

    成蹊1-3山梨学院


    4年小松が「ここからだよ、自分たちでやり切ろう。」と士気を高めます。


    その後も、両チーム一歩も譲らない時間が続きます。 


    後半37分、成蹊のFKです。キッカーは2年片山。中央に大きくボールを蹴り込みますが、山梨学院に阻まれます。



    続けて山梨学院が右サイドから中央にボールを合わせ、そのままダイレクトでシュートを放ち追加点を決めます。


    後半37分

    成蹊1-4山梨学院


    後半も残り少ないですが、まずは1点を取り返すため選手たちは最後までピッチを走り続けます。


    後半40分、山梨学院が中央から右サイドに展開し、ゴール前へ大きくボールを蹴り上げますが1年西谷が確実にクリアします。


    後半43分、山梨学院のCKです。ゴール前へ大きく蹴り込みますが2年芥川がヘディングでカットしゴールを守ります。


    アディショナルタイムは4分です。


    後半45+3分、4年小室がドリブルで中央までボールを運び、ロングシュートを放ちますが枠を逸れます。


    ここで試合終了の笛が響きます。


    試合終了

    成蹊1-4山梨学院



    試合を通して、山梨学院の攻守の切り替えの素早さに苦戦する場面が多く見られました。成蹊も最後まで果敢に攻め続けると共に、4年小松、1年西谷を中心に守備を固めましたが勝利を掴むことは出来ませんでした。


    今節の課題を次節に繋げ、朝鮮大学校戦では今季2勝目を挙げましょう。


    コロナウイルスの影響により無観客での開催となり、常日頃よりご声援を頂いておりますOB、OG並びにご家族の皆様にはご迷惑をお掛けしております。


    このような状況の中でも仲間と共に切磋琢磨し合える環境があることに感謝し、引退が近づいている4年生と過ごす時間を大切にしながら今週も選手・マネージャー・スタッフ一同精進して参ります。


    今後共、ご声援の程宜しくお願い致します。



    *次の試合のご案内*

    2020年10月4日(日)

    東京都大学サッカーリーグ戦第6節vs朝鮮大学校

    11:00kickoff

    ※試合観戦が禁止のため、会場は非公開とさせて頂きます。ご理解の程宜しくお願い致します。



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM