Sat.リーグvs東京学芸大学

0

    2018年12月1日(土)、東京学芸大学総合グラウンドにてSat.リーグvs東京学芸大学が行われました。



    本日勝利すればSat.リーグ優勝という大一番の試合となります。



    3年森岡(仲)の指揮の元、優勝を狙いに行きます。


    今まで積み重ねてきた勝ち点を優勝に繋げられるよう本日も精一杯戦います。


    アップの様子です。



    3年生が多いため、いい雰囲気の中でも厳しさを保ちながらアップをします。


    本日のスタメンです。



    上段左から:2年森岡(亮)、3年加藤、3年飯沼、3年榎本、3年柄澤、3年平野


    下段左から:2年佐野、3年引地、3年猪股、3年小林(奨)、3年高橋



    成蹊ボールでキックオフです。



    序盤から積極的にゴール前までボールを運びますが、その後の連携がうまく取れない成蹊。



    一方で学芸は隙があれば中央突破し、シュートで攻めてきます。



    3年森岡(仲)が具体的な指示を出し、チームを鼓舞します。



    前半10分、チャンスをつくり3年飯沼が気持ちのこもったシュートを放ちますが、惜しくも左上に逸れ、得点には繋がりません。





    2年佐野と2年森岡(亮)の息の合ったパスワークが見られますが、ここもシュートまでは持っていくことが難しい様子です。


    前半16分には3年加藤が思い切ったシュートを打ちます。



    成蹊の攻守の連携がうまく取れてきました。序盤と比べ、落ち着きがあります。


    前半25分にはゴールから近い位置でのFKを獲得します。



    3年小林(奨)、同じく3年柄澤がキッカーとして立ちます。


    3年柄澤が打ったシュートは惜しくも右に逸れ得点には繋がりません。切り替えて先制点を決めに行きましょう。



    3年GK平野からも「落とすな!」の声がありました。


    前半31分には2年佐野がシュートを放ちますが、試合は動きません。



    この直後、後ろでボール回しをカットされ、すぐさまシュートに持っていかれますが、3年GK平野が対応します。ナイスセーブを見せます。



    集中を切らさず、まだまだ高めていきましょう。



    お互い譲らない戦いの中、試合が動いたのは前半38分、2年佐野の右からのセンタリングを2年森岡(亮)が反応し、相手GKを見ながらしっかり頭で合わせ決めてくれました。



    成蹊1-0学芸



    待望の先制点、優勝に一歩近づきました。



    しかし油断は禁物です。相手も引き分け以上で優勝が確定となります。



    より一層、得点に執着していかなければなりません。


    成蹊は勢いも付き、FW陣のハードワークが見られますが、チャンスを作り出すことができないまま、HTに突入します。


    決め切れなかった選手達から悔しいの声がありました。


    3年森岡(仲)が丁寧に戦術を立て、客観的に見た前半の反省を伝えます。



    後半もこの勢いを保てるかが重要になってきますが、再び気合いを入れ直して一致団結します。



    後半、学芸ボールでキックオフです。


    開始早々、相手のスピードを活かした攻撃を受けますが、前半終盤の落ち着きで対応します。



    DFは全員3年生で組まれており、連携がしっかり取れています。


    前半11分、再び3年飯沼がチャンスを作り出しますが、1対1になったところで相手GKに阻まれてしまいます。



    前半15分、3年小林(奨)が勢いよく走りサイドを突破しますが、ゴール前にいるFW陣とタイミングを合わせることができません。



    その後も3年小林(奨)の活躍が目立ちました。彼の得点に期待です。



    前半15分、ここで交代があります。

    3年榎本→2年杉森

    3年加藤→3年郷古

    3年柄澤→3年西村



    相手の応援が大きくなる中、選手達はピッチに立つ選手、サブの選手で声を掛け合います。



    しかし交代の直後、後半17分に相手が右サイドからシュートを放ち、ポストに当たりますが、そのこぼれ球を押し込まれ同点に追いつかれます。


    成蹊1-1学芸


    3年GK平野はよく反応出来ていましたが、止めることはできませんでした。


    そんな彼から切り替えの声が聞こえ、ピッチに立つ選手達も追加点を狙いに行きます。




    しかし、この後も試合は動きません。

    3年飯沼、2年佐野のシュートが目立ちますが、相手GKに難なく阻まれてしまいます。





    成蹊も隙を見ては相手に攻められますが、DF陣が体を張ってプレーします。


    後半39分にCKを獲得し、追加点を願いますが、ここも相手GKに抑えられ、得点にはならず。







    しかし、優勝を手にしたい成蹊は後半残り5分となっても何度かチャンスを作り出します。



    ATは3分、成蹊はCKを獲得し、追加点を決めに行きます。


    相手GKに弾かれ再びCK。

    キッカーは3年柄澤。

    うまくゴール前に蹴ることができましたが、ゴール前の選手達と合わせることができずクリアされます。


    ここで試合終了となりました。


    成蹊1-1学芸



    あと一歩のところで優勝を逃しましたが、選手達にとっては良いプレッシャーの中で格上の相手とプレー出来た良い機会になったと思います。


    しかし、結果にもまだまだ拘っていきたいところです。



    自分達の力を再確認出来たところで、再び精進して参ります。


    OB・OGならびに保護者の皆様、本日は足を運んで下さり誠にありがとうございました。勝利を1つでも多く掴み取れるよう、より一層努力して参りますので今後もご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。


    東京都大学サッカー連盟新人大会vs東京大学

    0

      2018年11月25日(日)、東京大学御殿下グラウンドにて平成30年度第50回東京都大学サッカー連盟新人大会第1節vs東京大学が行われました。



      新人戦がついに始まります。


      勝利を掴み、良い滑り出しが出来るよう、気合いを入れて参りましょう。



      まずはじめにアップの様子です。




      サブ、スタメン全員で声を出します。

      良い雰囲気でアップが行われます。



      続いて、本日のスタメンです。





      上段左から:2年平生、1年加島、2年福家、1年江部、1年河辺、2年札野

      下段左から:2年中田(隼)、2年豊田、2年高木、1年柳田、1年山形





      サブ、マネージャー含め全員で円陣をし、士気を高めます。



      東大ボールで前半キックオフです!


      序盤から成蹊は攻めの姿勢をとります。



      試合開始早々、フリーキックのチャンスを掴みます。



      1年山形がゴール前からシュートしますが、惜しくも弾かれます。





      前半10分、CKのチャンスを掴み、2年福家がボールを蹴ります。




      2年豊田がそのボールをゴール前から押し込みますが、惜しくも決まらず。





      そして試合が動いたのは前半15分、再び掴んだCKで2年福家がボールを蹴り、2年平生がゴール前からシュートを決めます。 綺麗なゴールでした。







      前半15分

      成蹊1-0東大



      その後も、成蹊は相手にラインを上げさせません。


      常に攻め続けます。



      前半29分、相手にシュートを打たれますがDFがしっかり阻止します。


      そして立て続けのシュートも2年札野がキャッチし、ゴールを守り切ります。






      前半30分、CKのチャンスを掴み2年福家がボールを蹴ります。


      2年豊田がこぼれ球を狙いますが、止められてしまいます。




      そして再び試合が動いたのは前半42分、相手を出し抜きキーパーと1対1になった2年高木が、力強いシュートを蹴りゴールが決まります。





      素晴らしいゴールシーンでした!




      前半42分

      成蹊2-0東大




      ここで前半戦終了です。



      前半終了

      成蹊2-0東大






      HTに入ります。




      大島コーチから有り難いお言葉を頂き、選手達で反省点を話し合います。



      このまま東大を無失点で抑えたいところです。


      HTに交代があります。


      HT

      2年福家→2年山田



      後半、成蹊ボールでキックオフです。



      開始早々、2年平生がゴール前からシュートを蹴ります。

      惜しくも決めきれません。




      試合が動いたのは後半16分、攻め続けていた成蹊に、相手のオウンゴールによって得点が入ります。



      後半16分

      成蹊3-0東大




      ここで交代があります。


      後半17分

      2年平生→1年酒本




      その後も成蹊は攻め続け、失点を許しません。





      再び交代です。


      後半24分

      2年豊田→2年川島



      後半29分

      2年高木→2年浅田




      後半34分、ゴール前から1年柳田が果敢にシュートを打ちますが惜しくも決めきれず、その溢れ球を先ほど交代した2年浅田が狙います。




      ところが惜しくもゴールには繋がりません。




      ここで交代です。


      後半34分

      1年柳田→2年猪飼






      試合が再び動いたのは後半42分。



      1年加島が、1年酒本のアシストでゴール斜め前から強烈なシュートを決めます。







      相手DFは守り切れず、成蹊の得点です!




      後半42分

      成蹊4-0東大



      そして後半43分、再び1年酒本が良い場所にパスを出し、そのボールを2年中田(隼)がゴールへと導きます。




      綺麗なゴールです。



      後半43分

      成蹊5-0東大






      その直後、分数は変わらず後半43分、2年浅田がゴール前からボールを蹴り、見事シュートが決まります。





      後半43分

      成蹊6-0東大





      そして立て続けに後半44分、1年酒本からボールを受けた1年山形がシュートを決めます。




      相手DFとGKは、守る余地もありませんでした。


      後半44分

      成蹊7-0東大





      この試合で3回のアイストを繰り出した1年酒本は期待の1年生です。





      こで試合終了のホイッスルが鳴り響きます。




      試合終了

      成蹊7-0東大






      選手達は素晴らしい得点シーンを沢山見せてくれました。


      シュート数、ゴール数共に、非常に良い結果を残してくれたのではないかと思います。


      何よりも、東大を無失点で抑える事が出来たという自信は、次へと繋がってくれる事でしょう。



      この調子で来週の第2節も勝利を収めたいところです。




      本日もOB・OG並びにご家族の皆様、この度は遠方まで足を運んで下さり、誠にありがとうございました。


      今後も皆様の期待に応えられますよう精進して参りますので、ご支援、ご声援のほど宜しくお願い致します。




      *次節のご案内*

      2018年12月1日(土)

      平成30年度第50回東京都大学サッカー連盟新人大会第2節vs山梨大学

      18:30キックオフ@成蹊大学サッカー場


      東京都サッカートーナメント都学連予選代表決定戦vs東京経済大学

      0

        2018年11月18日(日)、成蹊大学サッカー場にて東京都サッカートーナメント都学連予選代表決定戦vs東京経済大学が行われました。 


        本日の試合に勝利しますと、都リーグの代表として関東リーグに所属する大学との対戦が決まります。 

        そのため、選手のモチベーションも最高潮に達していると思います。


        そして本日で、リーグ戦後も残ってくれた4年生の選手が引退します。


         4年生はもちろん、チーム全員が笑顔で終われる試合にしていけるよう、頑張っていきましょう。


         ミーティングでは、4年GK山本を中心に戦術確認をします。 そしてキャプテンの3年武田より「気持ちで勝とう!」という言葉があります。 



        それでは、アップへ移ります。 


        チームを引っ張る3年生を中心にアップを盛り上げます。 


        緊張しながらも、楽しそうな様子が伺えます。 


        応援組も全員集合し、試合に向けて気合い十分です。 


        3年武田の言葉通り、まずは気持ちで勝てるよう応援からも熱い想いを届けましよう! 



        円陣を組み、試合へ望みます。 




        本日のスタメンです。


        上段左から: 2年小松崎、3年竹本、3年廣瀬(友)、3年大森、4年山本、3年武田

        下段左から: 3年坂下、4年田口、2年青嶋、4年加山、2年伊崎



        試合は東経ボールでキックオフしました。 


        開始早々に3年廣瀬(友)がハーフラインからシュートを放ちますが枠を逸れます。


        続く前半3分、成蹊がペナルティエリア付近でFKを獲得します。

        2年纐纈が直接ゴールを狙いますが惜しくも壁に阻まれてしまいます。


        前半10分、東経のFKです。中へ放り込まれたボールを4年田口がクリアしますがこぼれ球から再びシュートを打たれます。

        4年GK山本がシュートに触れるもそのままゴールラインを割ります。


        前半11分、東経のCKです。中へ蹴り込まれますが4年GK山本がキャッチします。


         4年GK山本のナイスセーブにメンバーが駆け寄ります。



        前半14分、再びピンチが訪れます。 

        東経が右サイドを突破しクロスを上げます。ヘディングで合わせますが4年GK山本がキャッチします。 



        東経の素早いカウンターに必死に食らいつきます。 


        前半26分、左サイドから2年青嶋が切り込みシュートを放ちます。しかしこれはキーパーが弾き出します。 


        ここまで両チーム共にセットプレーが多くありますが、なかなかチャンスを活かしきれていない状況です。 



        ここで選手交代です。 

        前半35分

        3年大森→2年伊崎 

        チーム屈指のストライカーである2年伊崎。本日も彼の活躍に期待しましょう! 



        前半39分、中央から東経がロングシュートを放ちますが枠の上へ外れます。 


        前半45+2分、東経のCKです。直接ゴールを狙いますが4年GK山本がクリアします。 


        前半のうちに先制したいところでしたが、ここで前半終了です。 


        前半終了 成蹊0-0東経



        HTに突入します。 


        前半の反省を踏まえ後半に向けて修正していきます。 


        後半は成蹊ボールで始まります。


        開始1分、2年纐纈がミドルシュートを放ちますが惜しくも枠を外れます。 



        そして後半3分、遂に試合が動きます。

        3年廣瀬(友)が右サイドを突破しクロスを上げます。そのボールに2年青嶋が合わせ先制します。


        後半3分 成蹊1-0東経 


        待望の先制点に喜びが爆発します。

         


        応援も更に盛り上がってきました。

        チーム一丸となり、追加点を狙っていきましょう! 


        後半14分、4年加山が左サイドからクロスを上げ、3年廣瀬(友)、2年伊崎へと繋ぎます。 

        2年伊崎がシュートを放ちますが、キーパーにキャッチされます。 


        後半17分、20分と2年青嶋が立て続けにシュートを打ちますがいずれも枠の上へ外れます。 


        その後は東経に押し込まれる展開が続きますが、守備陣が対応し1点のリードを守り抜きます。


        後半34分、東経の右サイドからのクロスに2年小松崎が反応します。

        しかしそのボールがゴールへ入りオウンゴールにより同点に追い付かれます。 


        後半34分 成蹊1-1東経


        1分後、またも東経が右サイドからクロスを上げ、それを合わせられ追加点を許します。 


        後半35分 成蹊1-2東経 



        連続して失点し、苦しい展開となりましたがまずは同点に追い付けるよう頑張りましょう!


        写真:3年竹本 

        どんな状況でも常に的確な指示を出し落ち着きを持たせる、このチームに欠かせない存在です。 


        ここで選手交代が行われます。 

        後半38分 

        2年青嶋→3年小林(奨) 

        2年纐纈→4年高橋(聖) 


        後半42分 

        3年廣瀬(友)→2年小室 


        交代選手のゴールに期待しましょう! 



        右サイドからの3年武田のクロスに、先程入ったばかりの4年高橋(聖)が頭で合わせますが惜しくも枠を外れます。 


        東経のFKが続きます。これ以上の失点は避けたいところです。 守備陣が奮闘し、ピンチを切り抜けます。 


        後半45+4分、今度は成蹊のFKです。ラストプレーに全員が願いを込めます。 


        4年GK山本が前線へボールを送りますがクリアされてしまいます。 




        惜しくもここで試合終了です。 


        試合終了 成蹊1-2東経 



        先制し一度は成蹊のペースに持ち込んでいただけに、悔しい敗戦となってしまいました。 

        4年生と活動するのは本日で最後となりますが、4年生が残してくれたものを受け継ぎ来期の勝利へと繋いでいきましょう。 


        また来週から始まる新人大会では、リーグ戦や今回のトーナメントの悔しさを晴らせるよう全力を尽くし戦っていましょう。 



        本日もOB・OG並びにご家族の皆様、お忙しい中ご足労いただき誠に有難うございました。 新体制のチームとなった成蹊大学体育会蹴球部を今後とも、ご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。 



        *次節のご案内* 2018年11月25日(日)第50回東京都大学サッカー連盟新人大会vs東京大学@東京大学御殿下グラウンド 12:00kickoff


        東京都サッカートーナメント都学連予選第3回戦vs大東文化大学

        0

          20181111日(日)、成蹊大学サッカー場にて、第24回東京都サッカートーナメント都学連予選第3回戦vs大東文化大学の試合が行われました。



          本日の相手はリーグ戦で前期後期共に同点だった大東文化です。

          全員で戦って第4回戦に繋げられるよう、頑張っていきましょう。



          アップの様子です。







          声を出し合い良い雰囲気を作り出していきます。





          本日のスタメンです。



          上段左から:2年小松崎、3年廣瀬(友)、3年竹本、3年大森、4年山本、3年武田

          下段左から:3年坂下、2年青嶋、4年田口、1年山口、2年纐纈




          円陣をして士気を高めます。





          大東文化ボールでキックオフです。




          最初にチャンスを掴んだのは成蹊。



          前半8分、相手がヘディングで落としたボールに2年青嶋が反応し、3年廣瀬(友)にパスを出します。

          3年廣瀬(友)が走りこんできた2年纐纈にゴールへ向かうパスを出します。

          相手GKが出てきますが、2年纐纈が綺麗なループシュートを決めます!


          成蹊1-0大東文化




          2回戦では取られてしまった先制点を獲得することができました。


          試合はまだ始まったばかりです。

          貪欲にゴールを狙っていきましょう!




          互いに攻める時間が続きますが、積極的にボールを奪いにいきます。





          前半14分、3年大森がペナルティーエリアでボールを受け、2年纐纈に繋ぎます。

          2年纐纈が中に走りこんできた2年青嶋にパスを出し、2年青嶋が冷静にゴールに流し込みます。


          成蹊2-0大東文化




          両者ゴール前までボールを運びます。 


          しかし、なかなかゴールに繋がりません。




          相手にFKを与えます。

          綺麗にゴール前にボールが入ります。

          シュートを打たれますが、4GK山本がポストに直撃しながらも、体を張ってゴールを守ります!



          誰よりも責任感が強い4GK山本のナイスセーブに「ナイスキーパー!」とたくさんの声が響きます。





          ここで、前半が終了します。



          前半は無失点で抑え、2得点を挙げることができました。


          後半も守り切り、積極的に追加点を狙っていきましょう!




          後半がキックオフします。



          後半も最初にチャンスを掴んだのは成蹊。




          後半6分、3年廣瀬(友)がインターセプトし、相手からボールを奪います。

          そのままドリブルで相手選手2人を交わし、前にパスを出します。

          3年大森がボールを受け、ドリブル突破し、ゴール前で2年纐纈にパスを出します。

          2年纐纈がゴールに蹴り込み、追加点を挙げます!


          成蹊3-0大東文化




          このゴールで2年纐纈は2ゴール1アシストを決めます。

          いつもに増してキレのあるプレーに応援席も期待が高まる中、しっかり結果を残しています。

          その後も、纐纈がゴールに迫りますが、相手GKにキャッチされます。



          後半は始まったばかりです。

          無失点で終えるために守備を徹底したいところです。



          交代があります。


          後半11 

          3年武田→2年森田


          3年武田の落ち着いたプレーが印象的でした。




          後半15 

          2年青嶋→3年岡野 


          本日は2年青嶋の巧みなドリブルによりたくさんチャンスを作り出すことができました。

          これからの2年青嶋に更に期待しましょう!




          後半23 

          3年大森→2年伊崎 


          3年大森の積極的にゴールを狙う姿勢から3得点目のゴールが生まれました。


          交代した2年伊崎が更にゴールを演出してくれることでしょう。




          後半27 

          1年山口→4年加山 


          1年生ながら落ち着いたパス、守備を見せてくれる1年山口に幾度か救われ、チャンスを作り出すことができました。


          4年加山は、4年生ならではの気合のこもったプレーを見せてくれるでしょう。




          後半33分、相手のスローインがあります。サイドからゴール前へ走りこんできた相手にパスを出され、ゴールを決められてしまいます。


          成蹊3-1大東文化



          失点してしまいましたが、気合いを入れ直して踏ん張りましょう。





          その後も大東文化のシュートが増えますが、4GK山本を中心に守り切ります。





          交代があります。


          後半45+2 

          2年纐纈→4年高橋(聖) 




          本日大活躍を果たした2年纐纈。

          チームの大きな力です。




          ここで試合終了します。




          攻撃ではテンポのいいパスワークからのゴールなど、今後の自信につながる試合となりました。また、個人のドリブル突破も見られ、これからが楽しみな選手が多く見られました。


          守備では相手にゴールシーンを与えてしまうなど、課題は残りますが全員で守ることができました。




          次週はブロックトーナメント決勝戦です。



          必ず勝利を収め、次に繋げます!




          本日もOBOG並びにご家族の皆様、成蹊大学サッカー場まで足を運んで頂き誠にありがとうございました。ピッチに立つ選手も応援の選手も皆様のご声援にたくさんの力を頂いております。今後とも、変わらぬ温かいご支援・ご声援を宜しくお願い致します。





          *次節のご案内* 

          20181118日(日)東京都サッカートーナメント都学連予選代表決定vs東京経済大学@成蹊大学サッカー場 11:00 kickoff


          Sat.リーグvs明治学院大学

          0

            2018年11月10日(土)、成蹊大学サッカー場にてSat.リーグvs明治学院大学が行われました。



            前節では勝利を収め、現在首位につけている成蹊。目標にしてきたSat.リーグ優勝に向けて、選手たちも気合十分です。



            集合すると、3年森岡(仲)が戦術などの再確認をし、熱い言葉と共にチームの士気を高めます。





            アップの様子です。



            本日のメンバーは3年生が多くを占めているため、各々が声を掛け合いながら盛り上げています。




            本日のスタメンです。



            上段左から:2年松木、3年清水、3年榎本、3年安部、3年猪股、3年柄澤

            下段左から:3年小林(奨)、3年引地、3年郷古、3年西村、3年森岡(仲)




            明治学院大学ボールでキックオフです。



            前半3分、3年西村が上げたクロスに3年小林(奨)が合わせ、ダイレクトの鋭いシュートを放ち、先制点を獲得します。


            成蹊1-0明学


            3年生の絆が見てとれるゴールに、チームも盛り上がります。




            前半7分、明学が左サイドからミドルシュートを放ち、枠外に逸れます。2年GK松木が冷静な判断でスルーし、成蹊ボールとなります。




            前半10分、3年西村が右サイドからミドルシュートを打ちますが、大きく上へ外れます。さらに、3年榎本からの連携で3年郷古が続けてシュートを放ちますが、惜しくも枠外へ逸れます。



            写真:3年郷古


            惜しい場面が続き、追加点への期待が高まります。



            前半13分、3年森岡(仲)が左サイドから仕掛け、ゴール前へボールを放り込みます。3年小林(奨)が合わせてシュートを打ちますが、相手GKに防がれます。



            前半14分、左サイドからのパスを受けた相手FPがシュートを放ち、ゴールを決められます。


            成蹊1-1明学




            前半27分、3年小林(奨)がシュートを打つも相手GKに弾かれます。3年森岡(仲)がこぼれ球を拾い、ゴールに流し込みます。


            成蹊2-1明学





            ここで交代があります。


            前半31分

            3年西村→3年飯沼




            前半33分、3年清水が巧みなドリブルで相手を交わしていきます。豪快に放ったシュートは、ゴールネットを揺らします。


            成蹊3-1明学




            前半37分、3年柄澤が真ん中からミドルシュートを打ちますが、枠上へわずかに逸れます。



            前半42分、明学に右サイドから守備を崩され、追加点を奪われます。


            成蹊3-2明学




            写真:3年小林(奨)




            前半45+1分、3年小林(奨)がゴール前でのFKを獲得します。キッカーの3年柄澤がシュートを打ちますが、相手GKに弾かれます。しかし、3年飯沼がその弾いたボールに上手く合わせ、ヘディングでゴールへ押し込みます。


            成蹊4-2明学



            前半が終了します。

            成蹊4-2明学



            選手同士で話し合う姿が見られます。

            後半開始後の1得点目が大事であることを全員で確認し、気合を入れ直して後半に臨みます。



            交代があります。


            3年榎本→3年山下

            3年柄澤→3年岡田

            3年猪股→3年高橋(隆)

            3年森岡(仲)→3年土江田





            後半が始まります。



            開始早々、3年土江田がミドルシュートを打ちますが、相手GKにキャッチされます。



            後半5分、3年小林(奨)がシュートを打ち、相手GKに弾かれます。こぼれ球に3年飯沼が合わせてシュートを打ちますが、相手GKにキャッチされます。



            隙があればシュートを狙う貪欲な姿勢に、後半への期待が高まります。



            後半7分、相手にPKを獲得されてしまい、追加点を許します。


            成蹊4-3明学



            ここで交代があります。


            後半13分

            3年引地→3年加藤



            後半17分、3年加藤がハーフライン辺りからのロングシュートを放ちますが、わずかに枠外へ逸れます。

             


            後半18分、成蹊はFKを獲得します。キッカーの3年加藤がボールを高く上げ、3年郷古がシュートを打ちますが、相手GKに弾かれます。




            後半21分、明学に再びPKを与えてしまい、同点に追いつかれます。


            成蹊4-4明学




            後半35分、明学にFKを獲得されます。2年GK松木が弾き、こぼれ球を拾われシュートを決められますが、直前にオフサイド判定が出たため、難を逃れます。



            後半40分、明学が左サイドからクロスを上げ、シュートを決めます。


            成蹊4-5明学



            後半43分、成蹊は混戦からボールをゴールへ押し込みますが、その前のプレーでファウル判定が出たため、得点には繋がりません。



            選手たちは最後まで諦めずにゴールを狙いますが、試合終了のホイッスルが鳴り響きます。



            試合終了。

            成蹊4-5明学




            惜しくも逆転を許してしまいましたが、勝利を目指して全員で一丸となることができた試合でした。この試合で得たものや反省点を活かして練習に励んでいきましょう。





            本日もOG・OB並びに保護者の皆様、成蹊大学まで足をお運び頂き、誠にありがとうございました。

            トーナメントや、新人戦に向けての練習も始まっております。全員で新しい蹴球部を作り上げていきますので、今後とも温かいご支援・ご声援の程宜しくお願い致します。



            << | 2/129PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM